Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

武家茶道 佐伯康雄

石州流は武家点前の茶道で「男点前」「大名点前」と呼ばれています。4代将軍の徳川家綱公の茶道指南役だった片桐石州(桑山宗仙の弟子千道安からその弟子桑山宗仙にと伝わった利休流茶道を継承)の茶道を習得した各地方の大名たちが持ち帰り、その土地の風土や大名の特色等を活かし、様々な派閥が誕生。その茶の湯は、利休・道安の流れをくむ禅味をおびたもので、身分格式を重んじ分相応を説く、武家流の流儀として継承されています。
54 ピン276 フォロワー

ひな祭り 佐伯康雄 武家茶道

pin 1

香合『金襴手瑞羊文』

pin 1

床間の小手毬(てごまり)の若草色の葉が、春のやわらかなひと時を稽古場にもたらしました。掛軸は、春水満四澤(春が来て、雪解け水が沢に満ちあふれ、やがて大河となって滔々と流れて行くように、仏の慈悲があまねく沁み渡りその恩恵に与っている) 暖かで穏やかな春景色につつまれた稽古でした。

港区のニュースでリーブラフェスタが紹介されました。小学生の子どもたちにも、和菓子(麩饅頭)とお抹茶を通して、茶道に親しんでいただきました。

武家茶道 佐伯康雄

武家茶道 佐伯康雄

武家茶道 佐伯康雄

武家茶道 佐伯康雄

武家茶道 佐伯康雄