「円卓 こっこ、ひと夏のイマジン」芦田愛菜ちゃんの魅力全開。彼女以外のキャスティングも成功しています。大阪弁の口の悪いヤンチャな少女を、愛菜ちゃんが愛らしく演じています。祖父母役の平幹二朗と、いしだあゆみがいい味を出しています。難民や在日韓国人、吃音の少年など様々な事情を抱えたクラスメートと織り成すひと夏の経験を時にほろ苦く描きます。

「円卓 こっこ、ひと夏のイマジン」芦田愛菜ちゃんの魅力全開。彼女以外のキャスティングも成功しています。大阪弁の口の悪いヤンチャな少女を、愛菜ちゃんが愛らしく演じています。祖父母役の平幹二朗と、いしだあゆみがいい味を出しています。難民や在日韓国人、吃音の少年など様々な事情を抱えたクラスメートと織り成すひと夏の経験を時にほろ苦く描きます。

「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」キャラクターが魅力的です。「君の名は」の二番煎じかと思いきや、全く違うテーマで 最後まで飽きさせません。

「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」キャラクターが魅力的です。「君の名は」の二番煎じかと思いきや、全く違うテーマで 最後まで飽きさせません。

「SING」 観終わったあとにhappyな気分になれます。吹替版もオススメです。 大きなヒネリはありませんが、 スピード感のある展開で一気に魅せます。

SING/シング

「SING」 観終わったあとにhappyな気分になれます。吹替版もオススメです。 大きなヒネリはありませんが、 スピード感のある展開で一気に魅せます。

「モアナと伝説の海」 雄大で繊細な、躍動感溢れる海の描写に圧倒されます。 悪人が1人も出てきません。 「アナ雪」の様なスリリングな展開はありませんが、雄大な自然の描写に心が浄化されます。 吹き替え版では、モアナの祖母を夏木マリが演じていますが、 適役です。

モアナと伝説の海

「モアナと伝説の海」 雄大で繊細な、躍動感溢れる海の描写に圧倒されます。 悪人が1人も出てきません。 「アナ雪」の様なスリリングな展開はありませんが、雄大な自然の描写に心が浄化されます。 吹き替え版では、モアナの祖母を夏木マリが演じていますが、 適役です。

この世界の片隅に 市井の人々の暮らしが丁寧に描かれています。反戦映画というよりは、時代の流れに抗わず、 順応しながらも理不尽な現実の中で胸を震わせる1人の女性の視点で描かれた、暮らしの記録です。

この世界の片隅に

この世界の片隅に 市井の人々の暮らしが丁寧に描かれています。反戦映画というよりは、時代の流れに抗わず、 順応しながらも理不尽な現実の中で胸を震わせる1人の女性の視点で描かれた、暮らしの記録です。

映画『人生フルーツ』公式サイト

映画『人生フルーツ』公式サイト

12人の優しい日本人 密室劇ですが笑いがあり、息苦しさを感じません。 事実を一つ一つ積み上げていく過程で、無罪か有罪かの確証が揺らぎます。最後は直感に頼る者も現れ、情緒で人を裁けるのか観る者も試されます。プロットも秀逸で、役者の人物造形でも魅せられます。

12人の優しい日本人 密室劇ですが笑いがあり、息苦しさを感じません。 事実を一つ一つ積み上げていく過程で、無罪か有罪かの確証が揺らぎます。最後は直感に頼る者も現れ、情緒で人を裁けるのか観る者も試されます。プロットも秀逸で、役者の人物造形でも魅せられます。

ピンポン もっと見る

ピンポン : 場面カット

ピンポン もっと見る

僕だけがいない街 母親役の石田ゆり子がいいです。気づいたら、色々な映画に出演しており、様々な役柄を 魅力的に演じています。 出過ぎない演技が心地よく、 今回も物語の重要場面で、 母としての存在感を魅せています。

映画「僕だけがいない街」予告編、悟が現在と過去を行き来し謎に迫る

僕だけがいない街 母親役の石田ゆり子がいいです。気づいたら、色々な映画に出演しており、様々な役柄を 魅力的に演じています。 出過ぎない演技が心地よく、 今回も物語の重要場面で、 母としての存在感を魅せています。

オデッセイ(2016.02.08)

オデッセイ

オデッセイ(2016.02.08)

Pinterest
検索