特集:楽しく売るための記事のなおし方

売れない記事を売れる記事に書き換える方法をご紹介しています
9 ピン0 フォロワー
[第五回:読者の目の動き] 読者の目はまず画像に引き寄せられます。 画像の数が少なければ、人間の目は必ずそこに行きます。 読者の気を引きたいのであれば、ある程度文章を用意した上で、アクセント的に記事を配置するようにすると効果的です。

楽しく記事を書いてアフィリエイトする方法 [第五回:読者の目の動き] - ショップハンター

[第五回:読者の目の動き] 読者の目はまず画像に引き寄せられます。 画像の数が少なければ、人間の目は必ずそこに行きます。 読者の気を引きたいのであれば、ある程度文章を用意した上で、アクセント的に記事を配置するようにすると効果的です。

【楽しく記事を書きながらアフィリエイトで報酬ゲットするための記事のなおし方】 メインの記事を書きながらアフィリエイト報酬ゲットを目指す方向けに、さまざまな方法をご紹介しています。

【楽しく記事を書きながらアフィリエイトで報酬ゲットするための記事のなおし方】 メインの記事を書きながらアフィリエイト報酬ゲットを目指す方向けに、さまざまな方法をご紹介しています。

[第八回:しかけをプラスする] 人は楽しいこと、面白いこと、自分の知識の蓄積になるようなことを求めています。 管理者が、自分で思いつくかぎりの情報を提供することによって、そのブログにマッチした読者が付くようになっていきます。

楽しく記事を書いてアフィリエイトする方法 [第八回:しかけをプラスする] - ショップハンター

[第八回:しかけをプラスする] 人は楽しいこと、面白いこと、自分の知識の蓄積になるようなことを求めています。 管理者が、自分で思いつくかぎりの情報を提供することによって、そのブログにマッチした読者が付くようになっていきます。

[第七回:実演する] あなたの知識や体験を通じて、読者が疑似体験できるように記事をまとめると、より効果がアップするでしょう。 ただし、売りつけようとする素振りが読者に伝わってしまうと、彼らは離れていってしまいます。

楽しく記事を書いてアフィリエイトする方法 [第七回:実演する] - ショップハンター

[第七回:実演する] あなたの知識や体験を通じて、読者が疑似体験できるように記事をまとめると、より効果がアップするでしょう。 ただし、売りつけようとする素振りが読者に伝わってしまうと、彼らは離れていってしまいます。

[第六回:根拠を見せる] リピーターの定着率をよくするために、ブログの記事に根拠となる情報を盛り込む方法をご案内します。

楽しく記事を書いてアフィリエイトする方法 [第六回:根拠を見せる] - ショップハンター

[第六回:根拠を見せる] リピーターの定着率をよくするために、ブログの記事に根拠となる情報を盛り込む方法をご案内します。

[第四回:記事を統合する] 既存の記事にさらに情報を付加したり、文体を読者寄りに書きなおしてから、それぞれの記事どうしをリンクさせると、記事の連携が強まりますので、そちらから新しい読者を獲得できる可能性が高くなります。

楽しく記事を書いてアフィリエイトする方法 [第四回:記事を統合する] - ショップハンター

[第四回:記事を統合する] 既存の記事にさらに情報を付加したり、文体を読者寄りに書きなおしてから、それぞれの記事どうしをリンクさせると、記事の連携が強まりますので、そちらから新しい読者を獲得できる可能性が高くなります。

[第三回:主張をまとめる] 記事の主張がはっきりしていて、起承転結がきちんと確立されていると、読者はそれをわかりやすい記事だと認識します。 起承転結のまとめかたがわからない、という方は、主張(ブログに書きたいこと)から順に枝葉をつけてみましょう。

楽しく記事を書いてアフィリエイトする方法 [第三回:主張をまとめる] - ショップハンター

[第三回:主張をまとめる] 記事の主張がはっきりしていて、起承転結がきちんと確立されていると、読者はそれをわかりやすい記事だと認識します。 起承転結のまとめかたがわからない、という方は、主張(ブログに書きたいこと)から順に枝葉をつけてみましょう。

[第二回:広告はウザいだけ] 人は売りつけられることを好みません。 「商品にはちょっと興味あるけど、なんであんたから買わなくちゃならないの?」 赤の他人に対する感情なら、それが普通の感覚です。 欲しくもない商品ならなおさらのことです。

楽しく記事を書いてアフィリエイトする方法 [第二回:広告はウザいだけ] - ショップハンター

[第二回:広告はウザいだけ] 人は売りつけられることを好みません。 「商品にはちょっと興味あるけど、なんであんたから買わなくちゃならないの?」 赤の他人に対する感情なら、それが普通の感覚です。 欲しくもない商品ならなおさらのことです。

[第一回:商品の紹介だけではダメ] メーカーは商品を作って売るのが仕事ですから、莫大な宣伝広告費を投じてプロのカメラマン、タレント、コピーライター、デザイナーなどを雇って宣伝材料を制作しているのです。  専門的なセールスや、ライティング業務を経験していない人は、メーカーの宣伝文句を拝借して記事にしたところで、メーカーが提示している以上のものはなかなか生み出せないのが普通といえましょう。

楽しく記事を書いてアフィリエイトする方法 [第一回:商品の紹介だけではダメ] - ショップハンター

[第一回:商品の紹介だけではダメ] メーカーは商品を作って売るのが仕事ですから、莫大な宣伝広告費を投じてプロのカメラマン、タレント、コピーライター、デザイナーなどを雇って宣伝材料を制作しているのです。 専門的なセールスや、ライティング業務を経験していない人は、メーカーの宣伝文句を拝借して記事にしたところで、メーカーが提示している以上のものはなかなか生み出せないのが普通といえましょう。

Pinterest
検索