Tea bowl in style of Korean buncheong ware, unknown Raku ware workshop mid 18th - mid 19th century Edo period Raku-type earthenware with white slip inlaid under clear, colorless glaze H: 8.4 W: 12.6 cm Kyoto, Japan

Tea bowl in style of Korean buncheong ware, unknown Raku ware workshop mid 18th - mid 19th century Edo period Raku-type earthenware with white slip inlaid under clear, colorless glaze H: 8.4 W: 12.6 cm Kyoto, Japan

本阿弥光悦作 赤樂茶碗 通称『加賀光悦』(銘ナシ) 江戸時代初期 Akaraku Chawan, commonly called "Kaga Kouetsu" by Hon-ami Kouetsu, made in early Edo period

本阿弥光悦作 赤樂茶碗 通称『加賀光悦』(銘ナシ) 江戸時代初期 Akaraku Chawan, commonly called "Kaga Kouetsu" by Hon-ami Kouetsu, made in early Edo period

Shigure by Honami Koetsu 本阿弥光悦 「時雨」

Shigure by Honami Koetsu 本阿弥光悦 「時雨」

ご飯茶碗 お椀 和風/おしゃれ/信楽焼/食器 バニラ飯碗(大)

ご飯茶碗 お椀 和風/おしゃれ/信楽焼/食器 バニラ飯碗(大)

【ご飯茶碗 益子焼 チョコブラウン 大サイズ】和食器 飯碗 ご飯茶碗

【和食器】ご飯茶碗 益子焼 チョコブラウン 大サイズ 和食器 飯碗 手作り陶器|うつわにわ

【ご飯茶碗 益子焼 チョコブラウン 大サイズ】和食器 飯碗 ご飯茶碗

初代 長次郎(1516-1592)作 赤楽茶碗 銘「無一物」(桃山時代、口径11.2cm/高8.5cm/高台高0.7cm/同径5.0cm、重要文化財)。赤褐色軟質陶胎の短円筒形で低い高台を付す。縁は内反りに薄めの丸縁で、下方に従って肉厚となり底が部厚く、内外全面に低火度の赤楽釉をかける。黒楽茶碗「大黒」とほぼ同態の作調。素地・釉調から天正年間後期の作と認められ、長次郎赤楽茶碗の代表作。茶道史上、陶磁史上においても桃山時代における重要な作例で、松平不昧公所持の中興名物として古来著名な名碗。

初代 長次郎(1516-1592)作 赤楽茶碗 銘「無一物」(桃山時代、口径11.2cm/高8.5cm/高台高0.7cm/同径5.0cm、重要文化財)。赤褐色軟質陶胎の短円筒形で低い高台を付す。縁は内反りに薄めの丸縁で、下方に従って肉厚となり底が部厚く、内外全面に低火度の赤楽釉をかける。黒楽茶碗「大黒」とほぼ同態の作調。素地・釉調から天正年間後期の作と認められ、長次郎赤楽茶碗の代表作。茶道史上、陶磁史上においても桃山時代における重要な作例で、松平不昧公所持の中興名物として古来著名な名碗。

三島茶碗 銘 三島桶  高麗象嵌青磁で、三島茶碗の原型。【朝鮮王朝時代 16世紀】

三島茶碗 銘 三島桶 高麗象嵌青磁で、三島茶碗の原型。【朝鮮王朝時代 16世紀】

本阿弥光悦(1558-1637)作 楽茶碗 銘「十王」(五島美術館蔵)

本阿弥光悦(1558-1637)作 楽茶碗 銘「十王」(五島美術館蔵)

Raku Ware, Omokage 面影,16th century, Japan, Chojiro 長次郎

Raku Ware, Omokage 面影,16th century, Japan, Chojiro 長次郎

銘「常夏」 松平不昧伝来 個人蔵 高さ8.5~8.8cm 口径14.8cm 高台径5.1~5.3cm

銘「常夏」 松平不昧伝来 個人蔵 高さ8.5~8.8cm 口径14.8cm 高台径5.1~5.3cm

Pinterest
検索