安藤緑山(ANDO Rokuzan )

23 ピン52 フォロワー

アンティーク彫刻が施されました,日本の象牙,造園,513 717,Carved Ivory,Japanese Sculpture,Metal Objects,Ivory Carving,Mixed Metal

日本の象牙彫刻は牙彫(げちょう)と呼ばれ、江戸時代の印籠や煙草入れなどにつける根付け細工に始まる。明治時代の半ばに外貨獲得の国策として海外に輸出され隆盛を究めた。大正時代にブームは過ぎたが、安藤緑山が忽然と現れた。 象牙という材料は均質で粘りがあり、精緻な彫刻に向く。牙彫は象牙の色や肌合いを生かす彫刻だったが、緑山は色つけをしたので異端視された。

日本の象牙彫刻は牙彫(げちょう)と呼ばれ、江戸時代の印籠や煙草入れなどにつける根付け細工に始まる。明治時代の半ばに外貨獲得の国策として海外に輸出され隆盛を究めた。大正時代にブームは過ぎたが、安藤緑山が忽然と現れた。 象牙という材料は均質で粘りがあり、精緻な彫刻に向く。牙彫は象牙の色や肌合いを生かす彫刻だったが、緑山は色つけをしたので異端視された。

19201080,アンティーク彫刻が施されました,日本の象牙,Carved Ivory,Ivory Carving

アンティーク彫刻が施されました,日本の象牙,Carved Ivory,Ivory Carving

超絶技巧の極致!!伝説の彫刻家・安藤緑山の象牙彫刻が超リアル。

Pinterest
検索