wh

表紙デザイン,ブックデザイン,設計レイアウト,教科書,エディトリアルデザイン,研究デザイン,ブックカバー,タイポグラフィ,城壁

gendaibun

gendaibun

Two colours / simple shapes

Two colours / simple shapes

2016 March CONTENTS 特集 仕事とは? This Is My Work! 31人の仕事インタビュー 030 柏崎 亮 〈エンダースキーマ〉デザイナー 032  ...

Popeye No. 827

2016 March CONTENTS 特集 仕事とは? This Is My Work! 31人の仕事インタビュー 030 柏崎 亮 〈エンダースキーマ〉デザイナー 032 ...

english                                                                                                                                                                                 もっと見る

english もっと見る

『本屋が好き。』&Premium No. 15 | アンド プレミアム (&Premium) マガジンワールド

&Premium No. 15

『本屋が好き。』&Premium No. 15 | アンド プレミアム (&Premium) マガジンワールド

edit.

Popeye No. 799

edit.

ku:nel vol. 67

ku:nel vol. 67

目次 ピンクを着るひと 春ですよ 岡尾美代子の憧れおしゃれ アイリーンの 記憶のクローゼット 井伊百合子のおしゃれの小部屋 あなたの耳が好き 高橋ヨーコの図鑑 働くとき何着てる? 与那国島の“姉ぇ”、制服を縫う ひざ小僧とセーラー服 江國香織姉妹の往復書簡。 召しませ ご利益 あんこまみれで祈ります 衆生の健康、しあわせを ------あんこ地蔵 胡麻ぼたもちで、厄もほっぺも落とされよ ------常栄寺 こんにゃくいなりでのど養生 ------三輪里稲荷神社 こんにゃく閻魔の言い伝え ------源覚寺 お地蔵さんは宝珠の代わりに芋を抱き ------妙善寺 “ジンジャー神社”ここにあり ------波自加彌神社 沢庵寺の知恵をいただく ------宗鏡寺 ごろりでゆるり BOOK 山之口貘の詩、その小さくて大きな世界 地球はぶらさげて歩くもの 詩はごはんみたいなもの MUSIC 小説家・朝倉かすみの暴走する妄想 音楽とぶつかって生まれる、 私だけの物語 VIDEO&DVD 柘植伊佐夫が唸った人物デザイン 観る者に気づかれずに罠をはる おうち仕事 見られていま

「夜空と月の物語」 |パイ インターナショナル

夜空と月の物語

「夜空と月の物語」 |パイ インターナショナル

今回の『YUCARI』の特集は、「稲と米」です。 日本人のお米へのこだわりは、とても強いものです。数々のブランド米が生まれ、お米マイスターがいる米専門店も話題になっています。「おいしいごはんを食べたい!」という人のために「お米の選び方・ガイド」を。甘さ・つや・粘り・食感・のどごし……、米職人に聞いた「お米のおいしい炊き方」も紹介しています。健康を意識される人には、精米による白米や5分づき、玄米などの分類、胚芽米や発芽玄米といった進化した加工米の話もあります。 しかし、日本人にとって、稲・米は主食としてだけでなく、古来、生活・文化・経済・政治とずっと関わってきたのです。特集では、米の文化的な側面にも迫ります。収穫を願い祝う祭祀が各地で行われ、石高による徴税制度が用いられました。大判小判といった日本独自の貨幣も米俵デザインです。わら、もみがら、ぬか。米の副産物も、先人の知恵で衣食住に活用されてきました。中には、卵を持ち運ぶ「つと」、おひつを囲う「いずみ」などのわら細工のように職人技に昇華されたものもあります。見事な作品は、誌面で見てください。 ...

今回の『YUCARI』の特集は、「稲と米」です。 日本人のお米へのこだわりは、とても強いものです。数々のブランド米が生まれ、お米マイスターがいる米専門店も話題になっています。「おいしいごはんを食べたい!」という人のために「お米の選び方・ガイド」を。甘さ・つや・粘り・食感・のどごし……、米職人に聞いた「お米のおいしい炊き方」も紹介しています。健康を意識される人には、精米による白米や5分づき、玄米などの分類、胚芽米や発芽玄米といった進化した加工米の話もあります。 しかし、日本人にとって、稲・米は主食としてだけでなく、古来、生活・文化・経済・政治とずっと関わってきたのです。特集では、米の文化的な側面にも迫ります。収穫を願い祝う祭祀が各地で行われ、石高による徴税制度が用いられました。大判小判といった日本独自の貨幣も米俵デザインです。わら、もみがら、ぬか。米の副産物も、先人の知恵で衣食住に活用されてきました。中には、卵を持ち運ぶ「つと」、おひつを囲う「いずみ」などのわら細工のように職人技に昇華されたものもあります。見事な作品は、誌面で見てください。 ...

Pinterest
検索