shinyaさんの他のアイデア
タグチヒサト(@taguchi_h)さん | Twitter お金を求め、過去にこだわり、他人のせいにする…「できない人」って朝鮮人の事?w

タグチヒサト(@taguchi_h)さん | Twitter お金を求め、過去にこだわり、他人のせいにする…「できない人」って朝鮮人の事?w

なぜ話が聞いてもらえないのか?会話は聞く事から始まる | 女性のホンネ川柳 オフィシャルブログ「キミのままでいい」Powered by Ameba

なぜ話が聞いてもらえないのか?会話は聞く事から始まる | 女性のホンネ川柳 オフィシャルブログ「キミのままでいい」Powered by Ameba

Lord & Taylor 14K  Rope Chain Link Necklace, 20in ($683) ❤ liked on Polyvore featuring men's fashion, men's jewelry, men's necklaces and yellow gold

Lord & Taylor 14K Rope Chain Link Necklace, 20in ($683) ❤ liked on Polyvore featuring men's fashion, men's jewelry, men's necklaces and yellow gold

Versace - Gold Medusa Pendant Necklace

Versace - Gold Medusa Pendant Necklace

黒田 長政 Kuroda Nagamasa (1568 – 1623). 重要文化財 黒田長政所用 銀箔押一の谷形兜 黒糸威胴丸具足/福岡市博物館蔵

黒田 長政 Kuroda Nagamasa (1568 – 1623). 重要文化財 黒田長政所用 銀箔押一の谷形兜 黒糸威胴丸具足/福岡市博物館蔵

Kuroda Nagamasa  ( He was Fukuoka's daimyo and Kuroda Kanbei's son)'s armor

Kuroda Nagamasa ( He was Fukuoka's daimyo and Kuroda Kanbei's son)'s armor

War helmet of Fukushima Masanori (1560-1624), property of Fukuoka City Museum, Japan

War helmet of Fukushima Masanori (1560-1624), property of Fukuoka City Museum, Japan

Made in 1775 by Fujita Ohmino-kami fujiwara Tsuguhira (藤田近江守藤原継平)

Made in 1775 by Fujita Ohmino-kami fujiwara Tsuguhira (藤田近江守藤原継平)

日本号|黒田官兵衛と九州|九州旅ネット 九州観光情報サイト

日本号|黒田官兵衛と九州|九州旅ネット 九州観光情報サイト

日本号:天下三名槍と呼ばれた槍の1つ。 全長十尺六分余(321.5cm) 穂(刃長)二尺六寸一分五厘(79.2cm) 作者不明 <来歴> •正親町帝から足利義昭が拝領し、織田信長、豊臣秀吉の所有物となった。 •豊臣秀吉の頃に日本号という号がつけられたという。 •福島正則に与えられた。 •のち、黒田官兵衛の武将母里太兵衛友信へと伝わる。(呑取りの槍) •後藤基次に贈られた。 •大正時代に借金のかたに取られ、玄洋社の総帥頭山満とうやま みつるが所持することになり、その後侠客で玄洋社員の大野仁平が欲しがったためタダでくれてやったという。 •結局は旧福岡藩士出身の安川敬一郎男爵が「日本号は福岡の地を離れるべきではない」と一万円で買いとり、旧藩主の黒田家に贈った。 •その後、黒田家より福岡市に寄贈され、現在は福岡市博物館の所蔵品として展示されている。

日本号:天下三名槍と呼ばれた槍の1つ。 全長十尺六分余(321.5cm) 穂(刃長)二尺六寸一分五厘(79.2cm) 作者不明 <来歴> •正親町帝から足利義昭が拝領し、織田信長、豊臣秀吉の所有物となった。 •豊臣秀吉の頃に日本号という号がつけられたという。 •福島正則に与えられた。 •のち、黒田官兵衛の武将母里太兵衛友信へと伝わる。(呑取りの槍) •後藤基次に贈られた。 •大正時代に借金のかたに取られ、玄洋社の総帥頭山満とうやま みつるが所持することになり、その後侠客で玄洋社員の大野仁平が欲しがったためタダでくれてやったという。 •結局は旧福岡藩士出身の安川敬一郎男爵が「日本号は福岡の地を離れるべきではない」と一万円で買いとり、旧藩主の黒田家に贈った。 •その後、黒田家より福岡市に寄贈され、現在は福岡市博物館の所蔵品として展示されている。