おきなわカフェとか

9 ピン0 フォロワー
読谷村の海沿いにある一軒家の食堂・カフェ。島野菜を中心にした沖縄の味が、読谷で作られたやちむんとガラスの器とともに提供されます。古民家風のほっこりとした雰囲気で、ゆったりとくつろげます。

やちむん・琉球ガラス…昔ながらの素朴な工芸に触れる『沖縄』手仕事の旅

読谷村の海沿いにある一軒家の食堂・カフェ。島野菜を中心にした沖縄の味が、読谷で作られたやちむんとガラスの器とともに提供されます。古民家風のほっこりとした雰囲気で、ゆったりとくつろげます。

ウミヘビを使った沖縄の「イラブー汁」を食べに行ってみました - GIGAZINE

ウミヘビを使った沖縄の「イラブー汁」を食べに行ってみました - GIGAZINE

ギャラリーやカフェなどで、さりげなくディスプレイされている器。その使われ方もまた目に楽しい。やちむんの里で見る、暮らしの中にある器の数々。ふとした瞬間に感じる豊かさに心が潤います。

ギャラリーやカフェなどで、さりげなくディスプレイされている器。その使われ方もまた目に楽しい。やちむんの里で見る、暮らしの中にある器の数々。ふとした瞬間に感じる豊かさに心が潤います。

読谷村に工房を構える「一翠窯」の作品を取り扱うショップも。大胆な絵柄、鮮やかな色彩、沖縄の風土を感じさせる質感。お料理を盛り付けるのが楽しみになりますね。

読谷村に工房を構える「一翠窯」の作品を取り扱うショップも。大胆な絵柄、鮮やかな色彩、沖縄の風土を感じさせる質感。お料理を盛り付けるのが楽しみになりますね。

荒焼用の登り窯として唯一現存する登り窯、「南窯(フェーヌカマ)」。カフェも併設されているので、ここでちょっと休憩することもできます。壷屋には、他にも上焼の登り窯である東窯(アガリヌカマ)、昔の陶工の住宅形式を残す新垣家など、県の有形文化財が点在しています。

荒焼用の登り窯として唯一現存する登り窯、「南窯(フェーヌカマ)」。カフェも併設されているので、ここでちょっと休憩することもできます。壷屋には、他にも上焼の登り窯である東窯(アガリヌカマ)、昔の陶工の住宅形式を残す新垣家など、県の有形文化財が点在しています。

こちらは、ラフテー(豚の角煮)を中心に、玄米ごはんやさまざまな島野菜の小鉢が並んだランチメニュー。素朴なお料理に、やちむんの器がよく合います。

やちむん・琉球ガラス…昔ながらの素朴な工芸に触れる『沖縄』手仕事の旅

こちらは、ラフテー(豚の角煮)を中心に、玄米ごはんやさまざまな島野菜の小鉢が並んだランチメニュー。素朴なお料理に、やちむんの器がよく合います。

島やさい食堂てぃーあんだ

島やさい食堂てぃーあんだ

やちむんの里にあるカフェ「森の茶屋」には、読谷山焼の窯元のひとり、金城明光さんと奥様の作品が置かれています。この写真は、ストロー用の穴が開いたアイスコーヒー専用のやちむんだとか。ユニークなやちむんに出会えるお店です。

やちむん・琉球ガラス…昔ながらの素朴な工芸に触れる『沖縄』手仕事の旅

やちむんの里にあるカフェ「森の茶屋」には、読谷山焼の窯元のひとり、金城明光さんと奥様の作品が置かれています。この写真は、ストロー用の穴が開いたアイスコーヒー専用のやちむんだとか。ユニークなやちむんに出会えるお店です。

沖縄の北部、今帰仁村(なきじんそん)の自然豊かな山奥にある「カフェこくう」は、和食とマクロビオティックが融合した“肩の凝らない自然派料理”を提供するお店。採れたての島野菜がやちむんの器に盛られ、心も体も癒してくれます。

やちむん・琉球ガラス…昔ながらの素朴な工芸に触れる『沖縄』手仕事の旅

沖縄の北部、今帰仁村(なきじんそん)の自然豊かな山奥にある「カフェこくう」は、和食とマクロビオティックが融合した“肩の凝らない自然派料理”を提供するお店。採れたての島野菜がやちむんの器に盛られ、心も体も癒してくれます。

Pinterest
検索