キアンコウの形態写真  雌は体長1.5mを超える。縦扁している(楯に平たい)。上から見るとやや楕円形。左右に大きな胸鰭が目立ち、鰓穴は胸鰭後部にだけ開いている。上膊棘は棘状で枝分かれなどはしない。口の中に顕著な白い斑紋がない。

キアンコウの形態写真 雌は体長1.5mを超える。縦扁している(楯に平たい)。上から見るとやや楕円形。左右に大きな胸鰭が目立ち、鰓穴は胸鰭後部にだけ開いている。上膊棘は棘状で枝分かれなどはしない。口の中に顕著な白い斑紋がない。

キアンコウのトマト煮込み キアンコウの尾の部分の筋肉に塩コショウしてオリーブオイルでじっくりとソテーする。途中、トマトのみじん切り、にんにくを加えて、少し炒め、ホールトマト(生の湯むきしたトマトの方がうまい)をつぶして入れる。ローリエ・タイム・セージなどを加えて煮込む。

キアンコウのトマト煮込み キアンコウの尾の部分の筋肉に塩コショウしてオリーブオイルでじっくりとソテーする。途中、トマトのみじん切り、にんにくを加えて、少し炒め、ホールトマト(生の湯むきしたトマトの方がうまい)をつぶして入れる。ローリエ・タイム・セージなどを加えて煮込む。

チカメエチオピア(Brilliant Pomfret)

チカメエチオピア(Brilliant Pomfret)

チカメエチオピアのフライ マダラのように均質な白身で熱を通しても硬くならず、イヤミがない。フライ材料に最適である。塩コショウして、小麦粉をまぶして、卵黄(全卵でもいい)をといたものにくぐらせて、パン粉をつけて揚げる。ディルやオレガノ、パセリなどで香りづけしてもいい。

チカメエチオピアのフライ マダラのように均質な白身で熱を通しても硬くならず、イヤミがない。フライ材料に最適である。塩コショウして、小麦粉をまぶして、卵黄(全卵でもいい)をといたものにくぐらせて、パン粉をつけて揚げる。ディルやオレガノ、パセリなどで香りづけしてもいい。

チカメエチオピアの煮つけ 頭部やあらなどを集めて、肝なども入れて湯通しする。冷水に落として鱗などをこそげ落とす。水分をよく切る。水、酒、砂糖、しょうゆで煮上げる。煮ても硬くならず、身自体の甘さもあってとてもおいしい。

チカメエチオピアの煮つけ 頭部やあらなどを集めて、肝なども入れて湯通しする。冷水に落として鱗などをこそげ落とす。水分をよく切る。水、酒、砂糖、しょうゆで煮上げる。煮ても硬くならず、身自体の甘さもあってとてもおいしい。

チカメエチオピアの刺身 鱗をすき引きにするか、鱗つきのまま三枚に下ろして、皮を引くべきなのかはまだわからない。食感、風味はイナダ(ブリの若魚)とメジマグロ(クロマグロの幼魚)に近いがうま味が強く、ほんのりとした甘味がある。非常に美味である。

チカメエチオピアの刺身 鱗をすき引きにするか、鱗つきのまま三枚に下ろして、皮を引くべきなのかはまだわからない。食感、風味はイナダ(ブリの若魚)とメジマグロ(クロマグロの幼魚)に近いがうま味が強く、ほんのりとした甘味がある。非常に美味である。

ウマヅラアジの形態写真  体長1m前後になる。小さい時は真四角に近く、頭部、肩から口にかけての斜面はくぼむ。幼魚期には背ビレと腹ビレ、尻ビレが著しく伸びる。成長にともない背鰭、尻鰭の糸状に伸びたものがなくなる。[体長15cm]

ウマヅラアジの形態写真 体長1m前後になる。小さい時は真四角に近く、頭部、肩から口にかけての斜面はくぼむ。幼魚期には背ビレと腹ビレ、尻ビレが著しく伸びる。成長にともない背鰭、尻鰭の糸状に伸びたものがなくなる。[体長15cm]

ウマヅラアジのムニエル ウマヅラアジは三枚に下ろして皮を引き適宜に切る。塩コショウして小麦粉をまぶして油でじっくりとソテーする。油はオリーブオイル、太白ごま油、サラダ油などお好みで。火が通ったら身を取り出し、バターを加え、ベルエシャロットを炒めて白ワインでデグラッセ。パセリを振り、ソースに。

ウマヅラアジのムニエル ウマヅラアジは三枚に下ろして皮を引き適宜に切る。塩コショウして小麦粉をまぶして油でじっくりとソテーする。油はオリーブオイル、太白ごま油、サラダ油などお好みで。火が通ったら身を取り出し、バターを加え、ベルエシャロットを炒めて白ワインでデグラッセ。パセリを振り、ソースに。

ウマヅラアジのみそ汁 沖縄ではアジ科の魚のみそ汁は定番中の定番料理。これを「がーら汁」という。小振りのものであれば適宜に切り、大きなものはあらを使えばいい。水から煮出してみそを溶くだけ。流通したものは鮮度が落ちているので湯通ししてから煮るといい。

ウマヅラアジのみそ汁 沖縄ではアジ科の魚のみそ汁は定番中の定番料理。これを「がーら汁」という。小振りのものであれば適宜に切り、大きなものはあらを使えばいい。水から煮出してみそを溶くだけ。流通したものは鮮度が落ちているので湯通ししてから煮るといい。

ウマヅラアジの煮つけ 小振りは適宜に切り、大型はあらや切り落としを使ってもいい。これを湯通しして、冷水に落として鱗やぬめりを流す。これを酒、砂糖、しょうゆの味つけでこってりとおかず風に煮つける。味つけはシチュエーションに合わせてお好みで。アジ科全般に言えることだが、煮つけは非常にうまい。

ウマヅラアジの煮つけ 小振りは適宜に切り、大型はあらや切り落としを使ってもいい。これを湯通しして、冷水に落として鱗やぬめりを流す。これを酒、砂糖、しょうゆの味つけでこってりとおかず風に煮つける。味つけはシチュエーションに合わせてお好みで。アジ科全般に言えることだが、煮つけは非常にうまい。

Pinterest
検索