Re:minder_1980

42 ピン15 フォロワー
熱中時代とやさしさ紙芝居、ボクの先生もかなりフィーバーだった | 1980年 | リマインダー - 80年代音楽エンタメコミュニティ、記憶を揺さぶるタイムライン - Re:minder

熱中時代とやさしさ紙芝居、ボクの先生もかなりフィーバーだった | 1980年 | リマインダー - 80年代音楽エンタメコミュニティ、記憶を揺さぶるタイムライン - Re:minder

高校二年生の一学期のある日、僕は放課後の体育館脇で体育教師にバリカンで丸坊主にされた。理由は何度髪を切って来いと言われても言うことを聞かずに切らなかったから。まぁちょっといきがっていたのかもしれないけど、まさか本当に坊主にされるとは。そんなことがあった1980年。この年はPANTA&HALの2ndアルバム「1980X」が発表された年で、そのアルバムに収録された曲が劇中で流れる映画「狂い咲きサンダーロード」が公開された年でもある。

高校二年生の一学期のある日、僕は放課後の体育館脇で体育教師にバリカンで丸坊主にされた。理由は何度髪を切って来いと言われても言うことを聞かずに切らなかったから。まぁちょっといきがっていたのかもしれないけど、まさか本当に坊主にされるとは。そんなことがあった1980年。この年はPANTA&HALの2ndアルバム「1980X」が発表された年で、そのアルバムに収録された曲が劇中で流れる映画「狂い咲きサンダーロード」が公開された年でもある。

福山雅治やサザンオールスターズなどが所属する大手芸能事務所アミューズ。中学1年生のとき、小さなアパートの1室にあったアミューズを訪ね、ささやかなお手伝いをしたことがある。1980年夏、近所にあった野外スタジアム、田園コロシアムでサザンがコンサートをすることになった。

福山雅治やサザンオールスターズなどが所属する大手芸能事務所アミューズ。中学1年生のとき、小さなアパートの1室にあったアミューズを訪ね、ささやかなお手伝いをしたことがある。1980年夏、近所にあった野外スタジアム、田園コロシアムでサザンがコンサートをすることになった。

地方から東京に出てきて、刺激だらけの日常のなかで夢を膨らませ、田舎にいたころより100倍ほどもハイなテンションで「現実」を突き抜けようと思っても、なんというか、軸足が定まらず気持ちだけ空回りして前に進まない。そんな70年代の終わりに友だちから薦められて聴いた『Illumination』というアルバムをきっかけに、浜田省吾にハマった。

地方から東京に出てきて、刺激だらけの日常のなかで夢を膨らませ、田舎にいたころより100倍ほどもハイなテンションで「現実」を突き抜けようと思っても、なんというか、軸足が定まらず気持ちだけ空回りして前に進まない。そんな70年代の終わりに友だちから薦められて聴いた『Illumination』というアルバムをきっかけに、浜田省吾にハマった。

欽ドンの後は大人の時間、日立ミュージック・イン・ハイフォニック

欽ドンの後は大人の時間、日立ミュージック・イン・ハイフォニック

不二家歌謡ベストテン、ユーミンとロイ・ジェームスと日曜日の朝 | 1980年 | リマインダー - 80年代音楽エンタメコミュニティ、記憶を揺さぶるタイムライン - Re:minder

不二家歌謡ベストテン、ユーミンとロイ・ジェームスと日曜日の朝 | 1980年 | リマインダー - 80年代音楽エンタメコミュニティ、記憶を揺さぶるタイムライン - Re:minder

地獄の黙示録、ワルキューレの騎行が鳴り響くときボクはテンパっている | 1980年 | リマインダー - 80年代音楽エンタメコミュニティ、記憶を揺さぶるタイムライン - Re:minder

地獄の黙示録、ワルキューレの騎行が鳴り響くときボクはテンパっている | 1980年 | リマインダー - 80年代音楽エンタメコミュニティ、記憶を揺さぶるタイムライン - Re:minder

共有感満載の80年代洋楽ヒット!ビルボード最高位2位の妙味 vol.1 | 1980年 | リマインダー - 80年代音楽エンタメコミュニティ、記憶を揺さぶるタイムライン - Re:minder

共有感満載の80年代洋楽ヒット!ビルボード最高位2位の妙味 vol.1 | 1980年 | リマインダー - 80年代音楽エンタメコミュニティ、記憶を揺さぶるタイムライン - Re:minder

誰でも頭から離れないフレーズがあると思う。「・・・リー、・・イリー、・タイリー、スタイリー、スタイリー」 そう、「ワタシニ、デンワシテ、クダサイ」という台詞で一世を風靡した健康器具通販のあの音楽である。時折そんなフレーズを思い出す自分に腹が立つ。さて、話はガラッと変わるが...

誰でも頭から離れないフレーズがあると思う。「・・・リー、・・イリー、・タイリー、スタイリー、スタイリー」 そう、「ワタシニ、デンワシテ、クダサイ」という台詞で一世を風靡した健康器具通販のあの音楽である。時折そんなフレーズを思い出す自分に腹が立つ。さて、話はガラッと変わるが...

1980年1月1日、エイティーズの扉を開けるが如く放たれた沢田研二の「TOKIO」。実はこの曲、前年の11月に発売された同名アルバムからのシングルカットで、80年代の始まりを宣言する楽曲として敢えて元日にリリースされた。

1980年1月1日、エイティーズの扉を開けるが如く放たれた沢田研二の「TOKIO」。実はこの曲、前年の11月に発売された同名アルバムからのシングルカットで、80年代の始まりを宣言する楽曲として敢えて元日にリリースされた。

Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ
検索