Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

「シャインマスカット」 スチューベンにマスカットオブアレキサンドリアを掛け合わせた物に、日南を交配して育成された、近年開発された比較的新しい品種です。 大粒で種が無く、皮ごとそのまま食べられるぶどうです。青系ぶどうの中では、最も糖度が高いぶどうと言われています。『ムスク(麝香)』のような芳醇な香りがあり、ほどよい食感と濃厚な甘味を持ち合わせる、美味しいぶどうです。

「あいかの香り」 長野県長野市の「藤牧秀夫さん」のりんご園で「ふじ」+「つがる」の自然交雑実生から生まれた品種です。 名前の由来は藤巻さんの長女「愛佳さん」の名前から、名付けられたものです。 蜜が霜降り状に入っていて、とても甘くジューシーな味わいの、大玉のりんこです。

「ナガノパープル」 巨峰とリザマートを交配して育成されたぶどうです。見た目は巨峰なので、『種無しで皮ごと食べられる巨峰』と考えていただければ、分かりやすいかも知れません。 このぶどうの良い所は、黒系のぶどうという事もあり、ポリフェノールがたっぷり含まれているという所。皮ごと食べられるので、無駄なく摂取できます。話に聞く所では、コレを1房食べると、おおよそ赤ワイン1本分のポリフェノールが摂取出来るそうです。

「シナノピッコロ」 平成18年に登録された、長野県生まれのリンゴ。 「ゴールデンデリシャス」+「あかね」を掛け合わせて育成された品種です。 手のひらサイズの大きさで、甘酸っぱくシャキシャキとした歯ごたえ。 丸かじりで食べていただきたいリンゴです。

「恋しおり」 長野県長野市産の中まで赤く色づいた小ぶりなリンゴです。 この「恋しおり」は、十数年前畑に偶然生えたもの。サイズは5~6cmほどと小さいですが、中までしっかりと赤いのが特徴。 糖度は13度ほどありますが、酸味が強く加工向きのりんごです。 2013年に生産者個人が品種登録をしてあるオリジナル品種です。 8月の下旬から9月上旬に収穫し、30~36個入り(2kg)で販売のほか、銀座NAGANO他でジャムなどを販売しています。

yuki matsukura