7月の誕生日の木

Facebookページでご紹介している誕生日の木をまとめました。 ご自身の誕生日の木の他に、ご家族ご友人の誕生日の木を探すのに、お役立ていただければ嬉しいです(^_^)
8 ピン6 フォロワー
7月31日の誕生日の木は「ソテツ(蘇鉄)」 樹勢が衰えたときに幹に鉄くぎを打ち込んだり鉄類を株元に与えるとよみがえって元気になることから「蘇鉄」の名前が付きました。南国ムード満点のソテツは、根の根粒に窒素を固定する能力を持つバクテリアを共生させているため、海岸近くの岩場など、痩せた土地でも生育する事が出来ます。  ソテツは実や幹にデンプン分を含んでいるため、加工し救荒食料として使われていました。その一方、有毒成分が含まれているために、正しい知識を持って正しい手順での加工が必要となります。安易に食べると中毒を起こし、命を落とすことも有ります。  ソテツはとても丈夫で長生きです。気候風土がソテツに適した条件であれば1000年の樹齢を越えるものもあります。

7月31日の誕生日の木は「ソテツ(蘇鉄)」 樹勢が衰えたときに幹に鉄くぎを打ち込んだり鉄類を株元に与えるとよみがえって元気になることから「蘇鉄」の名前が付きました。南国ムード満点のソテツは、根の根粒に窒素を固定する能力を持つバクテリアを共生させているため、海岸近くの岩場など、痩せた土地でも生育する事が出来ます。 ソテツは実や幹にデンプン分を含んでいるため、加工し救荒食料として使われていました。その一方、有毒成分が含まれているために、正しい知識を持って正しい手順での加工が必要となります。安易に食べると中毒を起こし、命を落とすことも有ります。 ソテツはとても丈夫で長生きです。気候風土がソテツに適した条件であれば1000年の樹齢を越えるものもあります。

7月25日の誕生日の木は涼しげな紫色の花穂が印象的な「セイヨウニンジンボク」です。南ヨーロッパから西アジアにかけた一帯が原産地のシソ科の落葉低木樹です。葉の形がチョウセンニンジンに似ていることからニンジンボク、さらに原産地を冠してこの名になったようです。英名は「チェストツリー(chaste tree)」。コショウに似た風味のある実は「チェストベリー」と呼ばれ、ヨーロッパでは古くからホルモンのバランスを整えるハーブとして活用されていました。現在では健康食品やハーブティーに利用され、世界各地で栽培されています。「セイヨウニンジンボク」の名前は知らなくても「チェストツリー」または「チェストベリー」はご存知の方がいらっしゃるかも知れませんね。セイヨウニンジンボクは、花の少ない夏に紫色の涼やかな花を長い期間咲かせます。また、やや乾燥気味の土壌を好み、暑さ寒さに強く、樹形の乱れも少なく、手がかからない事から、庭木として人気が出て来ているそうです。もしかするとご近所で見かけているかも知れませんね。

7月25日の誕生日の木は涼しげな紫色の花穂が印象的な「セイヨウニンジンボク」です。南ヨーロッパから西アジアにかけた一帯が原産地のシソ科の落葉低木樹です。葉の形がチョウセンニンジンに似ていることからニンジンボク、さらに原産地を冠してこの名になったようです。英名は「チェストツリー(chaste tree)」。コショウに似た風味のある実は「チェストベリー」と呼ばれ、ヨーロッパでは古くからホルモンのバランスを整えるハーブとして活用されていました。現在では健康食品やハーブティーに利用され、世界各地で栽培されています。「セイヨウニンジンボク」の名前は知らなくても「チェストツリー」または「チェストベリー」はご存知の方がいらっしゃるかも知れませんね。セイヨウニンジンボクは、花の少ない夏に紫色の涼やかな花を長い期間咲かせます。また、やや乾燥気味の土壌を好み、暑さ寒さに強く、樹形の乱れも少なく、手がかからない事から、庭木として人気が出て来ているそうです。もしかするとご近所で見かけているかも知れませんね。

7月17日の誕生の木は、個性的な造形美の花が魅力の「トケイソウ」です。和名は、花の形を時計の文字盤に見立てたことからの時計草ですが、英名はパッションフラワー(Passion flower)。「Passion」は「情熱」の意味では無く「受難」の意味。「キリスト受難の花」と言う意味です。一説によると、花の各部位が茨の冠、十字架、釘、鞭などに見立てられキリストが十字架にかけられた様子を表しているといわれています。トケイソウは中央アメリカや南アメリカの熱帯・亜熱帯域が原産地のつる性植物です。種の数は約500種もあります。色々あるトケイソウは花を楽しむだけではありません。パッションフルーツとして、実が食べられる種もたくさんあります。パッションフルーツは完熟すると自然落下します。収穫時期はまさにその時。マンゴーと同様に自然落下したものをネットで受けたり、落下寸前を枝に触れて落としたりして収穫するそうです。酸味が苦手という方は、室温にしばらく置いて、追熟させると酸味が和らぎ甘味が強くなるそうですよ。

7月17日の誕生の木は、個性的な造形美の花が魅力の「トケイソウ」です。和名は、花の形を時計の文字盤に見立てたことからの時計草ですが、英名はパッションフラワー(Passion flower)。「Passion」は「情熱」の意味では無く「受難」の意味。「キリスト受難の花」と言う意味です。一説によると、花の各部位が茨の冠、十字架、釘、鞭などに見立てられキリストが十字架にかけられた様子を表しているといわれています。トケイソウは中央アメリカや南アメリカの熱帯・亜熱帯域が原産地のつる性植物です。種の数は約500種もあります。色々あるトケイソウは花を楽しむだけではありません。パッションフルーツとして、実が食べられる種もたくさんあります。パッションフルーツは完熟すると自然落下します。収穫時期はまさにその時。マンゴーと同様に自然落下したものをネットで受けたり、落下寸前を枝に触れて落としたりして収穫するそうです。酸味が苦手という方は、室温にしばらく置いて、追熟させると酸味が和らぎ甘味が強くなるそうですよ。

7月16日の誕生日の木は、爽やかな酸味と清々しい香りの「スダチ(酢橘)」です。「酸(>_<)っぱいたちばな」が名前の由来。ここでいう「たちばな」は「ヤマトタチバナ(橘)」のことでは無く、古来より食べられていたみかん類の総称です。なので「酸(>_<)っぱいみかん」となります。スダチの原産地は日本国徳島県。古くからの徳島県の味覚を代表する特産物です。スダチの英語名は「Sudachi」、学名は「Citrus sudachiHort,exShirai」。大正時代に東京帝国大学農科大学の白井博士が命名しました。 主な産地はもちろん徳島県。全国の収穫量の98%を占めています。ちなみに徳島県の県花は「スダチの花」、ゆるキャラはスダチをモチーフにした「すだちくん」です。 お隣の香川県は「うどん県」ですが、徳島県はまさに「スダチ県」という感じですね

7月16日の誕生日の木は、爽やかな酸味と清々しい香りの「スダチ(酢橘)」です。「酸(>_<)っぱいたちばな」が名前の由来。ここでいう「たちばな」は「ヤマトタチバナ(橘)」のことでは無く、古来より食べられていたみかん類の総称です。なので「酸(>_<)っぱいみかん」となります。スダチの原産地は日本国徳島県。古くからの徳島県の味覚を代表する特産物です。スダチの英語名は「Sudachi」、学名は「Citrus sudachiHort,exShirai」。大正時代に東京帝国大学農科大学の白井博士が命名しました。 主な産地はもちろん徳島県。全国の収穫量の98%を占めています。ちなみに徳島県の県花は「スダチの花」、ゆるキャラはスダチをモチーフにした「すだちくん」です。 お隣の香川県は「うどん県」ですが、徳島県はまさに「スダチ県」という感じですね

7月15日の誕生日の木は、夏空にオレンジ色の花が印象的な「ノウゼンカズラ」。鮮やかな色とラッパ型の花が空に向かって咲いている姿は一見トロピカルな雰囲気を醸し出していますが、実はオリエンタルで中国中部から南部が原産地となるつる性植物です。平安時代には利尿や通経に効目があるとされ漢方薬として栽培されていました。ノウゼンカズラはとても生育力旺盛で、地下茎を延ばし新芽を周囲に芽生えさせて繁殖し、丈夫で寿命も長い事で知られています。金沢市の兼六園・玉泉園にある古木は、豊臣秀吉が朝鮮半島から持ち帰ったものだとか。

7月15日の誕生日の木は、夏空にオレンジ色の花が印象的な「ノウゼンカズラ」。鮮やかな色とラッパ型の花が空に向かって咲いている姿は一見トロピカルな雰囲気を醸し出していますが、実はオリエンタルで中国中部から南部が原産地となるつる性植物です。平安時代には利尿や通経に効目があるとされ漢方薬として栽培されていました。ノウゼンカズラはとても生育力旺盛で、地下茎を延ばし新芽を周囲に芽生えさせて繁殖し、丈夫で寿命も長い事で知られています。金沢市の兼六園・玉泉園にある古木は、豊臣秀吉が朝鮮半島から持ち帰ったものだとか。

7月14日の誕生日の木は「ハイビスカス」。ハイビスカスとは、アオイ科フヨウ(ハイビスカス)属の低木の総称です。原産地は、北太平洋北西部のハワイ諸島とインド洋南西部のマスカレン諸島とされています。ハイビスカスには園芸用・観賞用の他にローゼルという別種があります。世界三大美女として知られるエジプトのクレオパトラは、ローゼル種のハイビスカスから抽出されたエキスで作られたハイビスカスティーを好んで飲んだといわれています。クレオパトラがお茶として飲んでいたように、ヨーロッパでは古くからハイビスカスを美容と健康に良いハーブとして親しんできました。また中国でも、眼精疲労などの漢方薬として使われていました。ハイビスカスには、美肌効果やダイエット、疲労回復に食欲不振、のどの痛みなどの風邪の初期症状に、それからコレステロールを下げるなど様々な効果があるといわれています。

7月14日の誕生日の木は「ハイビスカス」。ハイビスカスとは、アオイ科フヨウ(ハイビスカス)属の低木の総称です。原産地は、北太平洋北西部のハワイ諸島とインド洋南西部のマスカレン諸島とされています。ハイビスカスには園芸用・観賞用の他にローゼルという別種があります。世界三大美女として知られるエジプトのクレオパトラは、ローゼル種のハイビスカスから抽出されたエキスで作られたハイビスカスティーを好んで飲んだといわれています。クレオパトラがお茶として飲んでいたように、ヨーロッパでは古くからハイビスカスを美容と健康に良いハーブとして親しんできました。また中国でも、眼精疲労などの漢方薬として使われていました。ハイビスカスには、美肌効果やダイエット、疲労回復に食欲不振、のどの痛みなどの風邪の初期症状に、それからコレステロールを下げるなど様々な効果があるといわれています。

7月13日の誕生日の木は、救荒植物として栽培する事が義務付けられたことが、樹名となったとされる「リョウブ(令法)」です。平安時代の初期、田畑の面積を基準に、一定量のリョウブの植栽と葉の採取貯蔵を命ずる官令が発せられました。その「令法(りょうぼう)」が転じてこの木の名前になったといわれています。リョウブにはハタツモリという別名がありますが、この別名も「ハタ(畑)」「ツモリ(積り)」⇒「畑を見積もる」で同じような意味から付けられた名前です。

7月13日の誕生日の木は、救荒植物として栽培する事が義務付けられたことが、樹名となったとされる「リョウブ(令法)」です。平安時代の初期、田畑の面積を基準に、一定量のリョウブの植栽と葉の採取貯蔵を命ずる官令が発せられました。その「令法(りょうぼう)」が転じてこの木の名前になったといわれています。リョウブにはハタツモリという別名がありますが、この別名も「ハタ(畑)」「ツモリ(積り)」⇒「畑を見積もる」で同じような意味から付けられた名前です。

7月8日の誕生日の木は『ネムノキ』です。ネムノキは、夜になると相対する葉が自らゆっくりと閉じて行きます。その光景がまるで眠るようなので「眠りの木」となり「ねむの木」となりました。夜閉じた葉は、朝を迎えるとゆっくりと開き、起き出します。ネムノキは、充分に光の当たる環境では成長が早く、太い直根を持ち、また空気中の窒素を植物が利用できる物質に変換する根粒菌(こんりゅうきん)を根に共生的に持っているので、痩せた乾燥して土地でも比較的早く生育します。森林の伐採跡地や崩壊地、造成斜面などの明るい場所によく育つパイオニアツリーです。砂防樹種として海岸砂地や緑化用に植樹されることも有ります。ネムノキは、昔から多くの用途に利用されています。材質が柔らかいので家具やタンスの前板などに、また下駄の歯や馬の鞍、天秤棒などにも使われていたようです。葉は食用や薬用、お香の材料などに用いられ、樹皮も薬用に使われるなど、多目的に利用された有用樹です。

7月8日の誕生日の木は『ネムノキ』です。ネムノキは、夜になると相対する葉が自らゆっくりと閉じて行きます。その光景がまるで眠るようなので「眠りの木」となり「ねむの木」となりました。夜閉じた葉は、朝を迎えるとゆっくりと開き、起き出します。ネムノキは、充分に光の当たる環境では成長が早く、太い直根を持ち、また空気中の窒素を植物が利用できる物質に変換する根粒菌(こんりゅうきん)を根に共生的に持っているので、痩せた乾燥して土地でも比較的早く生育します。森林の伐採跡地や崩壊地、造成斜面などの明るい場所によく育つパイオニアツリーです。砂防樹種として海岸砂地や緑化用に植樹されることも有ります。ネムノキは、昔から多くの用途に利用されています。材質が柔らかいので家具やタンスの前板などに、また下駄の歯や馬の鞍、天秤棒などにも使われていたようです。葉は食用や薬用、お香の材料などに用いられ、樹皮も薬用に使われるなど、多目的に利用された有用樹です。

Pinterest
検索