5月の誕生日の木

Facebookページで毎朝ご紹介している誕生日の木をまとめました。 ご自身の誕生日の木の他に、ご家族ご友人の誕生日の木を探すのに、お役立ていただければ嬉しいです(^_^) ※写真の無い木もあります。ご容赦ください。
31 ピン5 フォロワー
5月31日【ベニシダレモミジ】学名:Acer amoenumvar.matsumurae別名 アカシダレモミジ形態:落葉樹 樹高:高木分類:カエデ科花色:赤紫色使われ方:庭木、公園樹などとして使われています。

5月31日【ベニシダレモミジ】学名:Acer amoenumvar.matsumurae別名 アカシダレモミジ形態:落葉樹 樹高:高木分類:カエデ科花色:赤紫色使われ方:庭木、公園樹などとして使われています。

5月30日【ユリノキ(百合の木)】学名:Liriodendron tulipifera別名:ハンテンボク(半纏木; 葉の形が半纏に似ることから)、チューリップツリー形態:落葉樹 樹高:高木分類:モクレン科花色:淡い黄緑色使われ方:庭木、公園樹、街路樹などとして使われています。北米では重要な蜜源植物で、良質の蜂蜜が得られる。

5月30日【ユリノキ(百合の木)】学名:Liriodendron tulipifera別名:ハンテンボク(半纏木; 葉の形が半纏に似ることから)、チューリップツリー形態:落葉樹 樹高:高木分類:モクレン科花色:淡い黄緑色使われ方:庭木、公園樹、街路樹などとして使われています。北米では重要な蜜源植物で、良質の蜂蜜が得られる。

5月29日【ボダイジュ(菩提樹)】 学名:Tilia miqueliana 形態:落葉樹 樹高:高木 分類:シナノキ科 花色: 淡黄色 使われ方: 庭木、公園樹、寺院林などとして使われています。  お釈迦様が菩提樹の下で悟りを開いたという事で知られる菩提樹は、この木とは別の種で、クワ科のインドボダイジュ(印度菩提樹、Ficus religiosa)です。 なぜ、ボダイジュとインドボダイジュが有り、お釈迦様が悟りを開いたボダイジュがインドボダイジュと呼ばれる事になったかと言うと、仏教が中国経由で入ってきたことに起因すると思われます。 インドとは気候の違う中国では、インドボダイジュはうまく育たなかった。そこで葉の形の似た中国産のシナノキ科の樹木をボダイジュと名付け寺院に植えたと思われます。 中国から仏教と寺院に関する事柄が伝来した際、中国でボダイジュと名付けられた樹木も一緒に伝えられ、菩提樹の和名が付いてしまった。 近年になって、お釈迦様が悟りを開いたボダイジュが日本に入ってきた際、和名の菩提樹が既に存在していたので、本来のボダイジュは、インドボダイジュと名付けられたと思われます。

5月29日【ボダイジュ(菩提樹)】 学名:Tilia miqueliana 形態:落葉樹 樹高:高木 分類:シナノキ科 花色: 淡黄色 使われ方: 庭木、公園樹、寺院林などとして使われています。 お釈迦様が菩提樹の下で悟りを開いたという事で知られる菩提樹は、この木とは別の種で、クワ科のインドボダイジュ(印度菩提樹、Ficus religiosa)です。 なぜ、ボダイジュとインドボダイジュが有り、お釈迦様が悟りを開いたボダイジュがインドボダイジュと呼ばれる事になったかと言うと、仏教が中国経由で入ってきたことに起因すると思われます。 インドとは気候の違う中国では、インドボダイジュはうまく育たなかった。そこで葉の形の似た中国産のシナノキ科の樹木をボダイジュと名付け寺院に植えたと思われます。 中国から仏教と寺院に関する事柄が伝来した際、中国でボダイジュと名付けられた樹木も一緒に伝えられ、菩提樹の和名が付いてしまった。 近年になって、お釈迦様が悟りを開いたボダイジュが日本に入ってきた際、和名の菩提樹が既に存在していたので、本来のボダイジュは、インドボダイジュと名付けられたと思われます。

5月28日【ツキヌキニンドウ(突抜忍冬)】学名:Lonicera sempervirens形態:常緑ツル植物分類:スイカズラ科花色: 赤色、オレンジ色やクリーム色、黄色、赤紫色使われ方: 庭木などとして使われています。

5月28日【ツキヌキニンドウ(突抜忍冬)】学名:Lonicera sempervirens形態:常緑ツル植物分類:スイカズラ科花色: 赤色、オレンジ色やクリーム色、黄色、赤紫色使われ方: 庭木などとして使われています。

5月27日【ブラシノキ(ブラシの木)】学名:Callistemon speciosus別名:カリステモン、ハナマキ(花槙)、キンポウジュ(金宝樹)形態:常緑樹 樹高:小高木分類:フトモモ科花色:赤色(ときに白色)使われ方:庭木などとして使われています。花の後に実がなりますが山火事にあうまで木についたまま種子を出さない。山火事にあって木が死んだら、実が割れて種子が飛び散る性質があると言われます。

5月27日【ブラシノキ(ブラシの木)】学名:Callistemon speciosus別名:カリステモン、ハナマキ(花槙)、キンポウジュ(金宝樹)形態:常緑樹 樹高:小高木分類:フトモモ科花色:赤色(ときに白色)使われ方:庭木などとして使われています。花の後に実がなりますが山火事にあうまで木についたまま種子を出さない。山火事にあって木が死んだら、実が割れて種子が飛び散る性質があると言われます。

5月26日【ハクウンボク(白雲木)】学名:Styraxobassia別名:オオバヂシャ、オオバジシャ形態:落葉樹 樹高:小高木分類:エゴノキ科花色:白色使われ方:庭木、公園樹などとして使われています。

5月26日【ハクウンボク(白雲木)】学名:Styraxobassia別名:オオバヂシャ、オオバジシャ形態:落葉樹 樹高:小高木分類:エゴノキ科花色:白色使われ方:庭木、公園樹などとして使われています。

5月25日【ラクウショウ(落羽松)】学名:Taxodiumdistichum別名:ヌマスギ形態:落葉針葉樹 樹高:高木分類:スギ科秋に丸くて大きい実ができる。使われ方:公園樹などとして使われています。

5月25日【ラクウショウ(落羽松)】学名:Taxodiumdistichum別名:ヌマスギ形態:落葉針葉樹 樹高:高木分類:スギ科秋に丸くて大きい実ができる。使われ方:公園樹などとして使われています。

5月24日【トキワマンサク(常磐万作)】学名:Loropetalumchinense形態:常緑樹 樹高:高木分類:マンサク科花色:淡い黄色使われ方:庭木、公園樹などとして使われています。

5月24日【トキワマンサク(常磐万作)】学名:Loropetalumchinense形態:常緑樹 樹高:高木分類:マンサク科花色:淡い黄色使われ方:庭木、公園樹などとして使われています。

5月23日テマリカンボク(手毬肝木)】 学名:Viburnum opulus f. sterile 別名:手毬花 形態:落葉樹 樹高:低木 分類:スイカズラ科 花色:白緑色。 使われ方:庭木、公園樹などとして使われています。

5月23日テマリカンボク(手毬肝木)】 学名:Viburnum opulus f. sterile 別名:手毬花 形態:落葉樹 樹高:低木 分類:スイカズラ科 花色:白緑色。 使われ方:庭木、公園樹などとして使われています。

5月22日【センダン(栴檀)】学名:Meliaazedarach形態:落葉樹 樹高:高木分類:センダン科花色:淡い紫色使われ方:庭木、公園樹、街路樹などとして使われています。

5月22日【センダン(栴檀)】学名:Meliaazedarach形態:落葉樹 樹高:高木分類:センダン科花色:淡い紫色使われ方:庭木、公園樹、街路樹などとして使われています。

Pinterest
検索