リノベーション

10 ピン1 フォロワー
日本家屋にコンクリートブロックの壁が新鮮な組み合わせ。ダイニングテーブルには武骨なインダストリアルデザインのライトが2灯、70年代フランスPhilips社製。その下はイルマリ・バピオヴァーラのテーブルとベンチのセット。

築54年の家をリノベーションミッドセンチュリーの家具が似合う同世代の日本家屋

日本家屋にコンクリートブロックの壁が新鮮な組み合わせ。ダイニングテーブルには武骨なインダストリアルデザインのライトが2灯、70年代フランスPhilips社製。その下はイルマリ・バピオヴァーラのテーブルとベンチのセット。

一彦さんの仕事場のデスク。「古いマッキントッシュが置いてありますが、今はWindowsのマシンで仕事しています」

築54年の家をリノベーションミッドセンチュリーの家具が似合う同世代の日本家屋

一彦さんの仕事場のデスク。「古いマッキントッシュが置いてありますが、今はWindowsのマシンで仕事しています」

緑豊かな北鎌倉の一角に建つ築54年の日本家屋。そこを建築家の宮田一彦さんが自らリノベーションし、自宅兼アトリエとして、一家4人+2匹の愛犬とともに暮らしている。 落ち着いた古民家の佇まいに、フランスを中心としたミッドセンチュリーのモダンな家具がとてもよく似合う。 「家具と家が同じくらいの歳なのも、家と家具が調和している理由のひとつだと思います。特にフランス製の家具は、アメリカのものに比べるとこじんまりとしています。家のサイズが日本に近いからかもしれません。その点でも、日本の家によく馴染むのだと思います」 宮田邸の壁は、ウォールナットのツキ板、和紙、コンクリートブロック、珪藻土など、さまざまな素材や色がバランスよく調和している。一彦さんの抜群のセンスと、古い家の持つ懐の深さと空気感が、そんな離れ業を可能にしている。 子どもにはモノより思い出を 桂くんが使っているフランスの小学校で使われていた一体型デスクチェアは、子どもが使う場面を思い描いて購入したものだそう。子どものために、新たな掘り出し物を見つける楽しみも生まれたそうだ。オモチャをしまうためのキャビネットは真っ黒なフランス製。…

築54年の家をリノベーションミッドセンチュリーの家具が似合う同世代の日本家屋

緑豊かな北鎌倉の一角に建つ築54年の日本家屋。そこを建築家の宮田一彦さんが自らリノベーションし、自宅兼アトリエとして、一家4人+2匹の愛犬とともに暮らしている。 落ち着いた古民家の佇まいに、フランスを中心としたミッドセンチュリーのモダンな家具がとてもよく似合う。 「家具と家が同じくらいの歳なのも、家と家具が調和している理由のひとつだと思います。特にフランス製の家具は、アメリカのものに比べるとこじんまりとしています。家のサイズが日本に近いからかもしれません。その点でも、日本の家によく馴染むのだと思います」 宮田邸の壁は、ウォールナットのツキ板、和紙、コンクリートブロック、珪藻土など、さまざまな素材や色がバランスよく調和している。一彦さんの抜群のセンスと、古い家の持つ懐の深さと空気感が、そんな離れ業を可能にしている。 子どもにはモノより思い出を 桂くんが使っているフランスの小学校で使われていた一体型デスクチェアは、子どもが使う場面を思い描いて購入したものだそう。子どものために、新たな掘り出し物を見つける楽しみも生まれたそうだ。オモチャをしまうためのキャビネットは真っ黒なフランス製。…

緑豊かな北鎌倉の一角に建つ築54年の日本家屋。そこを建築家の宮田一彦さんが自らリノベーションし、自宅兼アトリエとして、一家4人+2匹の愛犬とともに暮らしている。 落ち着いた古民家の佇まいに、フランスを中心としたミッドセンチュリーのモダンな家具がとてもよく似合う。 「家具と家が同じくらいの歳なのも、家と家具が調和している理由のひとつだと思います。特にフランス製の家具は、アメリカのものに比べるとこじんまりとしています。家のサイズが日本に近いからかもしれません。その点でも、日本の家によく馴染むのだと思います」 宮田邸の壁は、ウォールナットのツキ板、和紙、コンクリートブロック、珪藻土など、さまざまな素材や色がバランスよく調和している。一彦さんの抜群のセンスと、古い家の持つ懐の深さと空気感が、そんな離れ業を可能にしている。 子どもにはモノより思い出を 桂くんが使っているフランスの小学校で使われていた一体型デスクチェアは、子どもが使う場面を思い描いて購入したものだそう。子どものために、新たな掘り出し物を見つける楽しみも生まれたそうだ。オモチャをしまうためのキャビネットは真っ黒なフランス製。…

築54年の家をリノベーションミッドセンチュリーの家具が似合う同世代の日本家屋

緑豊かな北鎌倉の一角に建つ築54年の日本家屋。そこを建築家の宮田一彦さんが自らリノベーションし、自宅兼アトリエとして、一家4人+2匹の愛犬とともに暮らしている。 落ち着いた古民家の佇まいに、フランスを中心としたミッドセンチュリーのモダンな家具がとてもよく似合う。 「家具と家が同じくらいの歳なのも、家と家具が調和している理由のひとつだと思います。特にフランス製の家具は、アメリカのものに比べるとこじんまりとしています。家のサイズが日本に近いからかもしれません。その点でも、日本の家によく馴染むのだと思います」 宮田邸の壁は、ウォールナットのツキ板、和紙、コンクリートブロック、珪藻土など、さまざまな素材や色がバランスよく調和している。一彦さんの抜群のセンスと、古い家の持つ懐の深さと空気感が、そんな離れ業を可能にしている。 子どもにはモノより思い出を 桂くんが使っているフランスの小学校で使われていた一体型デスクチェアは、子どもが使う場面を思い描いて購入したものだそう。子どものために、新たな掘り出し物を見つける楽しみも生まれたそうだ。オモチャをしまうためのキャビネットは真っ黒なフランス製。…

家をライフスタイルの実験場にオフグリッド住宅で 新しい生活に挑戦中

築54年の家をリノベーションミッドセンチュリーの家具が似合う同世代の日本家屋

家をライフスタイルの実験場にオフグリッド住宅で 新しい生活に挑戦中

日々、人生を楽しみつつ暮らす家一目ぼれで購入した家を さらに磨き上げて

築54年の家をリノベーションミッドセンチュリーの家具が似合う同世代の日本家屋

日々、人生を楽しみつつ暮らす家一目ぼれで購入した家を さらに磨き上げて

ユニット式のキャビネットはR.J.カイエットのデザイン。disderot社のデスクランプが和紙を継いだ壁を照らす。

築54年の家をリノベーションミッドセンチュリーの家具が似合う同世代の日本家屋

ユニット式のキャビネットはR.J.カイエットのデザイン。disderot社のデスクランプが和紙を継いだ壁を照らす。

白の漆喰の壁と、和風な誂えの玄関が印象的な宮田邸。

築54年の家をリノベーションミッドセンチュリーの家具が似合う同世代の日本家屋

白の漆喰の壁と、和風な誂えの玄関が印象的な宮田邸。

梁から手づくりのブランコが下がる。2歳の楓ちゃんも、4歳の桂くんも、このブランコ遊びが大のお気に入り。

築54年の家をリノベーションミッドセンチュリーの家具が似合う同世代の日本家屋

梁から手づくりのブランコが下がる。2歳の楓ちゃんも、4歳の桂くんも、このブランコ遊びが大のお気に入り。

築54年の家をリノベーションミッドセンチュリーの家具が似合う同世代の日本家屋

築54年の家をリノベーションミッドセンチュリーの家具が似合う同世代の日本家屋

古民家の佇まいに、フランスを中心としたミッドセンチュリーのモダンな家具。建築家の宮田一彦さんが、自宅兼アトリエとしてリノベーションした。

Pinterest
検索