Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

人生はビギナーズ

人生はビギナーズ

ハートブレイカー

ハートブレイカー

崖っぷちの男

崖っぷちの男

Man on a Ledge ★★★★☆ 一連のサム・ワーシントン祭りもいよいよ締めくくり? タイタンは観てないけどキリングフィールズ、恋と愛の測り方はよかった。ただ、偏ってるんだよね、賛否が分かれやすいというか。 その点、本作は色んな人が楽しめそう。 アバターのあとコレだったらよかったのにね。 しかしストーリーはいいのに今イチ盛り上がらないのは、やっぱ彼のせいだろう。 目力がないんだよね。 カメラ目線で覗くとヒ〜ッと怖いが、彼の演技からは21階の30㎝の縁にいる恐怖は伝わってこない。 そしてこれは彼の問題ではないが音声がおかしい。 およそ21階の外で話してる声とは思えない音響で録音されてる。 しかもそっから叫んで道路の野次馬に聞こえるわけないだろ。 札だって真下に落ちるはずない。 せいぜい5階からのやりとり。 ヘリコプターはあんな近づきかたして落ちたらどうするの?どうせ自殺するからいいとか思ってんの? あれは逮捕しないといかんぜよ。 ちなみにこの崖っぷち舞台はルーズベルトホテル。 私、ニューヨーク行ったとき泊まった♪ もちろんあんな大きい部屋ではなかったけど映画に出てきたとこに行く(行った)のは嬉しいものデス(๑ᴖ◡ᴖ๑) 残念なのはエド・ハリス。バランス悪すぎ。 折角ワーシントンがタイタンの逆襲しようとしてるのに主役の座を狙う勢いで攻めてくる。 出演シーンはそんなないのに強すぎる。 出てきた瞬間悪役にしか見えないし。 もうひとり、タダモノじゃなさそうな香りプンプンなウィリアム・サドラー。 ハリスといい彼といい、もう少し無名な俳優にしてほしかった。 キーラ・セジヴィックも彼女である必要性を感じない。 よかったのはジェイミー・ベル。 ジェーン・エアに続き魅力的だった。 リトルダンサーは観てないが、もうすっかり大人で上手く成長してるね。これからも要注目! ジョーイ(ベル)の彼女アンジー役のジェネシス・ロドリゲスが可愛かった。 ナイスバディーです〜 エドワード・バーンズ、エリザベス・バンクスあたりはフツー。 ワーシントンとのバランスは取れてた。 バーンズはエド・ハリスの真似してワードを取ったのか? リディアはそんなに交渉上手に見えなかった。指名される交渉人といったら“交渉人”のケヴィン・スペイシー。彼のイメージが強いからどんな交渉人もショボく見える。 予告編は観ないほうが序盤部分をより楽しめる。 “ザ・レッジ -12時の処刑台-”観れなかったのだがカブるよね。ストーリーは全然違うっぽいけど。 パトリック・ウィルソン観たいけど DVD だと魅力半減だろうし… ゔ〜ん悩ましい。 以下ネタバレあり 予告編ね〜。ニック(ワーシントン)がジョーイと話してるシーンがないとよかった。 まぁそれで興味を持たせようってのも分かるけど、ジョーイ&アンジーをニックと繋げなくても面白さは伝わる。 4,000万ドルのダイヤ!デカ! 同じ価値でも小粒いっぱいよりあれだけ大きいほうがスゲ〜って思う。 グラスに入れて氷代わりにしたいですぅ ジャンプシーンはありえない。 気のきいたレスキューがマットを移動してたらどーするんですかー?(ー_ー) マジ自殺行為。 ラストのプロポーズとパパ紹介シーンがよかった。…

Amazonビデオ: ウォッチリスト

Amazonビデオ: ウォッチリスト

アメイジング・スパイダーマン

アメイジング・スパイダーマン

The Amazing Spider-Man ★★★★☆ やっぱりキャンベル・スコットちょっとしか出てないね(-_-ゞ残念。 でもカッコよかった〜♪───O(≧∇≦)O────♪歳とってもあのカッコよさ♪素敵すぎる〜❤ ハッキリいってほかはどうでもよかった。…が、わりと楽しかった。 そもそもなんでまた作ったの? サム・ライミのでいいと思うけど… オレならもっとカッコよく作るぜ!って言ってるみたいでムカつく。 最初は違和感あったトビー・マグワイアも慣れればイメージが定着。 そこへ身長差のあるアンドリュー・ガーフィールドがくると混乱するだよ(-_-ゞマグワイアのほうが身軽でピョンピョンッと蜘蛛っぽい。 そもそもガーフィールドが好きでない。ピーターはやけにウジウジして余計嫌いになった。 エマ・ストーンも苦手。 恋人役としてはキルステン・ダンストよりよかったけど。 しっかし目がメガ!アン・ハサウェイも大きいけど彼女も顔から落ちそうで心配になっちゃう。 エマもガーフィールドも高校生に見えないのはイタい。 よかったのはマーティン・シーン&サリー・フィールド。若き日のベンおじさんの写真が超カッコイイ☆ ベンおじさん&メイおばさんは実の親のように育ててくれたのに、ことあるごとに両親がいない不幸を彼らにぶつけるピーターにはムカついた。 デニス・リアリー、イルファン・カーンもよかった。 リアリーはコナン・オブライエンの従兄なんだね。 リザード(リース・イヴァンズ)のウロコが気持ち悪かった(>_

トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 1

トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 1

トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 1

きっと ここが帰る場所

きっと ここが帰る場所

This Must Be the Place ★★★★☆ とにかくビジュアルが美しい。ショーン・ペンのビジュアル系ではなく映像がね。 シャイアン(ペン)の旅の途中では巨大なボトルやピスタチオなどが登場し、まるで美術館にいるような気分になる。 光も綺麗で色がとても美しい。 そして音楽がまた素晴らしく映像を壊さずピッタリハマってる。 ショーン・ペンがシャイアンになりきってる。 メイクが凄い! でも不思議だよね、シャイアンは現役で歌ってるわけではないのに、というかおちぶれてるのになぜメイクと衣裳だけはロックスターのままなんだろ。 脱力系な話し方と歩き方(座骨神経痛らしい)がまた元ロックスターとは思えない雰囲気かもし出してる。笑い方と髪フーッもいいね。 とはいえ妻ジェーン(フランシス・マクドーマンド)とハイアライをするときは驚くべきフットワークを見せる(・◇・) ギターテクも披露する。「ミック・ジャガー“が”僕と歌ったんだ」とプライドは高いw そもそも無気力な彼が旅すること自体、想像し難い行動力。 卓球はセコいぞ。 その旅の先々で出会う人たちが魅力的。 誰もシャイアンの姿に偏見を抱かないのが印象的だった。 レイチェル(ケリー・コンドン)&トミー(グラント・グッドマン)親子のシーンが特によかった。 またシェイ・ウィガム登場。自動車怒られるぞ〜 ロバート・プラス(ハリー・ディーン・スタントン)は本当にキャリーバッグを発案したパイロットなんだって。楽しいネ シャイアンが上手い具合に捜査を進めてるのも面白い。 なにもかもがスムースで着実にターゲットに迫っていく。 敵か味方か分からないモーディカイ・ミドラー(ジャド・ハーシュ)とのやりとりもイイ。 息子が家出したせいで抜け殻のようになってしまったママ(オルウェン・フエレ)と妹メアリー(イヴ・ヒューソン。ボノの娘だって)が切ない。 口紅が落ちない裏技ホントなのかな。 オウチが素敵だった。シャイアンは Cuisine って書いてあるのバカにしてるとか言ってたけどアレすごくオシャレだよね。 セキュリティーがユルいけど素敵な家♪住みたい〜 デイヴィッド・バーンのパフォーマンスシーンがよかった。 不思議〜(・O・)どうなってるのカウチに座ってる人。 バーンはもう声出なくてダメね(-_-ゞ高音が全然だった。 以下ネタバレあり ラストのママと息子の再会は感動的だったけど、あのあとママの家に戻るの? そしたらジェーンはどうなるんだろ。 少し前にジェーンがシャイアンの帰りを喜ぶようなシーンがあったけど、そういうことなのかな。そういうシーンではなかったのかな。 ランゲはソコ隠れるとこ?逆に目立ってないかい? ナチのSS隊員も生きてればあんな歳なんだね。でもまだ生きてる。決して遠い過去ではない。

世界にひとつのプレイブック

世界にひとつのプレイブック

世界にひとつのプレイブック Silver Linings Playbook 監督 デヴィッド・O・ラッセルDavid O. Russell http://playbook.gaga.ne.jp/ ジェニファー・ローレンス最高だった!

世界初の性別適合手術を受けたデンマーク人画家リリー・エルベと、その妻ゲルダとの愛を描いた伝記ドラマ。メガホンを取るのは、第83回アカデミー賞の4部門で受賞した『英国王のスピーチ』などのトム・フーパー。

リリーのすべて

世界初の性別適合手術を受けたデンマーク人画家リリー・エルベと、その妻ゲルダとの愛を描いた伝記ドラマ。メガホンを取るのは、第83回アカデミー賞の4部門で受賞した『英国王のスピーチ』などのトム・フーパー。

Pinterest
検索