Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

関連トピックを見てみる

春の落葉松林 / 続木唯道 油彩(F30号) 2012年 http://www5b.biglobe.ne.jp/~tree/mysite1/oilpaintings_4_haruno_karamatsubayashi_usagi.html

春の落葉松林 / 続木唯道 油彩(F30号) 2012年 http://www5b.biglobe.ne.jp/~tree/mysite1/oilpaintings_4_haruno_karamatsubayashi_usagi.html

「野兎のいる風景(秋) 」 続木唯道/油彩(P15号)/1996  風景画の中によく小動物を登場させることがある。 すると、たちまち動物が画面の主役になって、風景全体が活気づいてくる。 野兎・狸・鹿・テン・リス・キジバト等がこれまで描いた動物たちだが、そのモデル探しは簡単ではない。  学校の理科室に展示してある狸やテンの剥製をお借りして撮った写真をもとに、棲んでいたであろう自然の中に彼らを甦らせる、という方法も試みた。  我が家の庭を悠然と徘徊していた若いキジバトが意外にも美しい容姿で目に適った。  彼らが見え隠れする情景こそ自然の一コマであり魅力である。

「野兎のいる風景(秋) 」 続木唯道/油彩(P15号)/1996 風景画の中によく小動物を登場させることがある。 すると、たちまち動物が画面の主役になって、風景全体が活気づいてくる。 野兎・狸・鹿・テン・リス・キジバト等がこれまで描いた動物たちだが、そのモデル探しは簡単ではない。 学校の理科室に展示してある狸やテンの剥製をお借りして撮った写真をもとに、棲んでいたであろう自然の中に彼らを甦らせる、という方法も試みた。 我が家の庭を悠然と徘徊していた若いキジバトが意外にも美しい容姿で目に適った。 彼らが見え隠れする情景こそ自然の一コマであり魅力である。

「森の領域(春)」続木唯道/油彩(P50号)/2002   第二回夢広場はるひ絵画ビエンナーレ奨励賞  -------  お馴染みのうさぎを森に遊ばせてみた。  自然讃歌を謳った「森の領域」と題する作品は、この(春)の他に(秋)がある。鬱蒼とした森は想像の中の架空の世界。  優しい風が吹いて木々が戦ぎ、注ぐ木漏れ日をキラキラと揺らしている。 動物達の棲家の「森」は自然の領域の一つだが、それぞれの領域に適応した生き物がいて、思いがけない所でふと彼らに遭遇することがある。  全神経と感情が研ぎ澄まされる瞬間だ!そんな遭遇の一瞬を絵にしてみたいと思う。そこで記憶の中にある幾つかの場面を融合させるわけだ。 「第2回夢広場はるひ絵画ビエンナーレ」で賞を頂いた時の審査員のコメント「いかにも嘘っぽいバーチャルな世界が魅力的」が、この作品への奨励の言葉としてその後の制作への弾みとなっている。

「森の領域(春)」続木唯道/油彩(P50号)/2002 第二回夢広場はるひ絵画ビエンナーレ奨励賞 ------- お馴染みのうさぎを森に遊ばせてみた。 自然讃歌を謳った「森の領域」と題する作品は、この(春)の他に(秋)がある。鬱蒼とした森は想像の中の架空の世界。 優しい風が吹いて木々が戦ぎ、注ぐ木漏れ日をキラキラと揺らしている。 動物達の棲家の「森」は自然の領域の一つだが、それぞれの領域に適応した生き物がいて、思いがけない所でふと彼らに遭遇することがある。 全神経と感情が研ぎ澄まされる瞬間だ!そんな遭遇の一瞬を絵にしてみたいと思う。そこで記憶の中にある幾つかの場面を融合させるわけだ。 「第2回夢広場はるひ絵画ビエンナーレ」で賞を頂いた時の審査員のコメント「いかにも嘘っぽいバーチャルな世界が魅力的」が、この作品への奨励の言葉としてその後の制作への弾みとなっている。

「春の道端」  続木唯道  水彩(B5) 2014年  とある高原に向かう途中、車の前を小動物が横切った。 動きのぎこちない幼い野うさぎだった。  道端の草むらにじーっと佇んでいて、そーっと近寄っても逃げる気配がない。親うさぎなら数メートル接近することも困難であろうが、まだ逃げる術(すべ)を身につけていない様子の幼うさぎ。  その目だけは大きく見開き警戒心を表していた。 ふと我に帰ったように、お尻をぴょこぴょこと振りながら茂みへと姿を消していった。 五月の気持ちホッコリな思い出となった。

「春の道端」 続木唯道 水彩(B5) 2014年 とある高原に向かう途中、車の前を小動物が横切った。 動きのぎこちない幼い野うさぎだった。 道端の草むらにじーっと佇んでいて、そーっと近寄っても逃げる気配がない。親うさぎなら数メートル接近することも困難であろうが、まだ逃げる術(すべ)を身につけていない様子の幼うさぎ。 その目だけは大きく見開き警戒心を表していた。 ふと我に帰ったように、お尻をぴょこぴょこと振りながら茂みへと姿を消していった。 五月の気持ちホッコリな思い出となった。

「 森の領域(春)」 続木唯道 油彩(P50号) 2002 第二回夢広場はるひ絵画ビエンナーレ奨励賞   お馴染みのうさぎを森に遊ばせてみた。  自然讃歌を謳った「森の領域」と題する作品はこの(春)の他に(秋)がある。鬱蒼とした森は想像の中の架空の世界。  優しい風が吹いて木々が戦ぎ、注ぐ木漏れ日をキラキラと揺らしている。 動物達の棲家の「森」は自然の領域の一つだが、それぞれの領域に適応した生き物がいて、思いがけない所でふと彼らに遭遇することがある。  全神経と感情が研ぎ澄まされる瞬間だ!そんな遭遇の一瞬を絵にしてみたいと思う。そこで記憶の中にある幾つかの場面を融合させるわけだ。 「第2回夢広場はるひ絵画ビエンナーレ」で賞を頂いた時の審査員のコメント「いかにも嘘っぽいバーチャルな世界が魅力的」が、この作品への奨励の言葉としてその後の制作への弾みとなっている。

「 森の領域(春)」 続木唯道 油彩(P50号) 2002 第二回夢広場はるひ絵画ビエンナーレ奨励賞 お馴染みのうさぎを森に遊ばせてみた。 自然讃歌を謳った「森の領域」と題する作品はこの(春)の他に(秋)がある。鬱蒼とした森は想像の中の架空の世界。 優しい風が吹いて木々が戦ぎ、注ぐ木漏れ日をキラキラと揺らしている。 動物達の棲家の「森」は自然の領域の一つだが、それぞれの領域に適応した生き物がいて、思いがけない所でふと彼らに遭遇することがある。 全神経と感情が研ぎ澄まされる瞬間だ!そんな遭遇の一瞬を絵にしてみたいと思う。そこで記憶の中にある幾つかの場面を融合させるわけだ。 「第2回夢広場はるひ絵画ビエンナーレ」で賞を頂いた時の審査員のコメント「いかにも嘘っぽいバーチャルな世界が魅力的」が、この作品への奨励の言葉としてその後の制作への弾みとなっている。

Pinterest
検索