Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

関連トピックを見てみる

Fall 2016 Ready-to-Wear Erdem

Fall 2016 Ready-to-Wear Erdem

“ジェンダーを超えて自由にデザインする”というコンセプトをもとに、革製の靴や小物を製作しているブランド、〈エンダースキーマ(Hender Scheme)〉。7月22日(金)より、ブランド初の旗艦店である「スキマ」をオープンしました。車の部品工場として50年間使われていた空間を、まるっとお店に変えてしまう大胆なリメイク。  商品が並べられる什器には木と金属が組み合わされており、有機的なものと無機質なものが共在する作りになっています。  配管や電気配線、古いドアなどとの調和が面白い作りになりました。〈エンダースキーマ〉が考えてきた、“黒か白かではなく、その両色を混ぜて出来上がる灰色のような、モノやコトの狭間や隙間にあるボヤけた世界を表現したい”という思いにピッタリ合った出来に仕上がっています。  お店には、これまでブランドが作ってきた製品のフルラインナップを用意しています。こちらは定番のオマージュコレクション「mip」シリーズ。  さらに、ブックカバーやカードケース、ペンケースなどの小物類も並びます。 (左から)スキマ限定Guernica、スキマ限定Mutation…

“ジェンダーを超えて自由にデザインする”というコンセプトをもとに、革製の靴や小物を製作しているブランド、〈エンダースキーマ(Hender Scheme)〉。7月22日(金)より、ブランド初の旗艦店である「スキマ」をオープンしました。車の部品工場として50年間使われていた空間を、まるっとお店に変えてしまう大胆なリメイク。 商品が並べられる什器には木と金属が組み合わされており、有機的なものと無機質なものが共在する作りになっています。 配管や電気配線、古いドアなどとの調和が面白い作りになりました。〈エンダースキーマ〉が考えてきた、“黒か白かではなく、その両色を混ぜて出来上がる灰色のような、モノやコトの狭間や隙間にあるボヤけた世界を表現したい”という思いにピッタリ合った出来に仕上がっています。 お店には、これまでブランドが作ってきた製品のフルラインナップを用意しています。こちらは定番のオマージュコレクション「mip」シリーズ。 さらに、ブックカバーやカードケース、ペンケースなどの小物類も並びます。 (左から)スキマ限定Guernica、スキマ限定Mutation…

Talk about aniary's Bags 英国車で『アニアリGO』 日本の30~40歳代のビジネスマンにバッグの魅力を教えてくれたのが「aniary(アニアリ)」という日本のブランドだ。欧米では、ブリーフケース、フレームケース、サッチェルケース、トートバッグ、バックパック、抱えるクラッチと用途に応じてビジネスマンのバッグは多種多様。アニアリの存在意義も同様である。レザーやカラーといったクオリティで大きく光るが、さらに豊富なスタイルが用意されているところがアニアリならではなのだ。 あえてショルダーストラップを排した美が際出す「ボストンバッグ」 (W47×H29×D18cm/写真のキャメルの他6色)¥58,000  http://gqjapan.jp/fashion/news/20160906/talk-about-aniary-s-bags#pages/6

Talk about aniary's Bags 英国車で『アニアリGO』 日本の30~40歳代のビジネスマンにバッグの魅力を教えてくれたのが「aniary(アニアリ)」という日本のブランドだ。欧米では、ブリーフケース、フレームケース、サッチェルケース、トートバッグ、バックパック、抱えるクラッチと用途に応じてビジネスマンのバッグは多種多様。アニアリの存在意義も同様である。レザーやカラーといったクオリティで大きく光るが、さらに豊富なスタイルが用意されているところがアニアリならではなのだ。 あえてショルダーストラップを排した美が際出す「ボストンバッグ」 (W47×H29×D18cm/写真のキャメルの他6色)¥58,000 http://gqjapan.jp/fashion/news/20160906/talk-about-aniary-s-bags#pages/6

Talk about aniary's Bags 英国車で『アニアリGO』 日本の30~40歳代のビジネスマンにバッグの魅力を教えてくれたのが「aniary(アニアリ)」という日本のブランドだ。欧米では、ブリーフケース、フレームケース、サッチェルケース、トートバッグ、バックパック、抱えるクラッチと用途に応じてビジネスマンのバッグは多種多様。アニアリの存在意義も同様である。レザーやカラーといったクオリティで大きく光るが、さらに豊富なスタイルが用意されているところがアニアリならではなのだ。 すでに定番の風格。ワンハンドルというありそうでなかった新感覚「トート」 (W33.5×H38×D13cm/写真のレッドブラウンの他6色あり)¥45,000  http://gqjapan.jp/fashion/news/20160906/talk-about-aniary-s-bags#pages/1

Talk about aniary's Bags 英国車で『アニアリGO』 日本の30~40歳代のビジネスマンにバッグの魅力を教えてくれたのが「aniary(アニアリ)」という日本のブランドだ。欧米では、ブリーフケース、フレームケース、サッチェルケース、トートバッグ、バックパック、抱えるクラッチと用途に応じてビジネスマンのバッグは多種多様。アニアリの存在意義も同様である。レザーやカラーといったクオリティで大きく光るが、さらに豊富なスタイルが用意されているところがアニアリならではなのだ。 すでに定番の風格。ワンハンドルというありそうでなかった新感覚「トート」 (W33.5×H38×D13cm/写真のレッドブラウンの他6色あり)¥45,000 http://gqjapan.jp/fashion/news/20160906/talk-about-aniary-s-bags#pages/1

Talk about aniary's Bags 英国車で『アニアリGO』 日本の30~40歳代のビジネスマンにバッグの魅力を教えてくれたのが「aniary(アニアリ)」という日本のブランドだ。欧米では、ブリーフケース、フレームケース、サッチェルケース、トートバッグ、バックパック、抱えるクラッチと用途に応じてビジネスマンのバッグは多種多様。アニアリの存在意義も同様である。レザーやカラーといったクオリティで大きく光るが、さらに豊富なスタイルが用意されているところがアニアリならではなのだ。 左:「ボストンバッグ」(W47×H29×D18cm)¥58,000<aniary> 右:「バックバック」(W32×H41×D15cm)¥65,000<aniary>  http://gqjapan.jp/fashion/news/20160906/talk-about-aniary-s-bags

Talk about aniary's Bags 英国車で『アニアリGO』 日本の30~40歳代のビジネスマンにバッグの魅力を教えてくれたのが「aniary(アニアリ)」という日本のブランドだ。欧米では、ブリーフケース、フレームケース、サッチェルケース、トートバッグ、バックパック、抱えるクラッチと用途に応じてビジネスマンのバッグは多種多様。アニアリの存在意義も同様である。レザーやカラーといったクオリティで大きく光るが、さらに豊富なスタイルが用意されているところがアニアリならではなのだ。 左:「ボストンバッグ」(W47×H29×D18cm)¥58,000<aniary> 右:「バックバック」(W32×H41×D15cm)¥65,000<aniary> http://gqjapan.jp/fashion/news/20160906/talk-about-aniary-s-bags

Talk about aniary's Bags 英国車で『アニアリGO』 日本の30~40歳代のビジネスマンにバッグの魅力を教えてくれたのが「aniary(アニアリ)」という日本のブランドだ。欧米では、ブリーフケース、フレームケース、サッチェルケース、トートバッグ、バックパック、抱えるクラッチと用途に応じてビジネスマンのバッグは多種多様。アニアリの存在意義も同様である。レザーやカラーといったクオリティで大きく光るが、さらに豊富なスタイルが用意されているところがアニアリならではなのだ。 ポケットを8つ備え機能と美をバランスさせた「トート」 (W41×H29×D14.5cm/写真のグレーの他1色)¥55,000  http://gqjapan.jp/fashion/news/20160906/talk-about-aniary-s-bags#pages/5

Talk about aniary's Bags 英国車で『アニアリGO』 日本の30~40歳代のビジネスマンにバッグの魅力を教えてくれたのが「aniary(アニアリ)」という日本のブランドだ。欧米では、ブリーフケース、フレームケース、サッチェルケース、トートバッグ、バックパック、抱えるクラッチと用途に応じてビジネスマンのバッグは多種多様。アニアリの存在意義も同様である。レザーやカラーといったクオリティで大きく光るが、さらに豊富なスタイルが用意されているところがアニアリならではなのだ。 ポケットを8つ備え機能と美をバランスさせた「トート」 (W41×H29×D14.5cm/写真のグレーの他1色)¥55,000 http://gqjapan.jp/fashion/news/20160906/talk-about-aniary-s-bags#pages/5

Talk about aniary's Bags 英国車で『アニアリGO』 日本の30~40歳代のビジネスマンにバッグの魅力を教えてくれたのが「aniary(アニアリ)」という日本のブランドだ。欧米では、ブリーフケース、フレームケース、サッチェルケース、トートバッグ、バックパック、抱えるクラッチと用途に応じてビジネスマンのバッグは多種多様。アニアリの存在意義も同様である。レザーやカラーといったクオリティで大きく光るが、さらに豊富なスタイルが用意されているところがアニアリならではなのだ。 シュリンクさせた革をグラインドして風合いを出した「ボストンバッグ」 (W49×H34×D19cm/写真のネイビーの他1色)¥62,000  http://gqjapan.jp/fashion/news/20160906/talk-about-aniary-s-bags#pages/9

Talk about aniary's Bags 英国車で『アニアリGO』 日本の30~40歳代のビジネスマンにバッグの魅力を教えてくれたのが「aniary(アニアリ)」という日本のブランドだ。欧米では、ブリーフケース、フレームケース、サッチェルケース、トートバッグ、バックパック、抱えるクラッチと用途に応じてビジネスマンのバッグは多種多様。アニアリの存在意義も同様である。レザーやカラーといったクオリティで大きく光るが、さらに豊富なスタイルが用意されているところがアニアリならではなのだ。 シュリンクさせた革をグラインドして風合いを出した「ボストンバッグ」 (W49×H34×D19cm/写真のネイビーの他1色)¥62,000 http://gqjapan.jp/fashion/news/20160906/talk-about-aniary-s-bags#pages/9

Talk about aniary's Bags 英国車で『アニアリGO』 日本の30~40歳代のビジネスマンにバッグの魅力を教えてくれたのが「aniary(アニアリ)」という日本のブランドだ。欧米では、ブリーフケース、フレームケース、サッチェルケース、トートバッグ、バックパック、抱えるクラッチと用途に応じてビジネスマンのバッグは多種多様。 アニアリの存在意義も同様である。レザーやカラーといったクオリティで大きく光るが、さらに豊富なスタイルが用意されているところがアニアリならではなのだ。 ビジネスマンのための基本だがソフトなレザーでファッション性もある「ブリーフ」 (W40×H28×D8cm/写真のブラックの他6色)¥43,000  http://gqjapan.jp/fashion/news/20160906/talk-about-aniary-s-bags#pages/2

Talk about aniary's Bags 英国車で『アニアリGO』 日本の30~40歳代のビジネスマンにバッグの魅力を教えてくれたのが「aniary(アニアリ)」という日本のブランドだ。欧米では、ブリーフケース、フレームケース、サッチェルケース、トートバッグ、バックパック、抱えるクラッチと用途に応じてビジネスマンのバッグは多種多様。 アニアリの存在意義も同様である。レザーやカラーといったクオリティで大きく光るが、さらに豊富なスタイルが用意されているところがアニアリならではなのだ。 ビジネスマンのための基本だがソフトなレザーでファッション性もある「ブリーフ」 (W40×H28×D8cm/写真のブラックの他6色)¥43,000 http://gqjapan.jp/fashion/news/20160906/talk-about-aniary-s-bags#pages/2

Talk about aniary's Bags 英国車で『アニアリGO』 日本の30~40歳代のビジネスマンにバッグの魅力を教えてくれたのが「aniary(アニアリ)」という日本のブランドだ。欧米では、ブリーフケース、フレームケース、サッチェルケース、トートバッグ、バックパック、抱えるクラッチと用途に応じてビジネスマンのバッグは多種多様。アニアリの存在意義も同様である。レザーやカラーといったクオリティで大きく光るが、さらに豊富なスタイルが用意されているところがアニアリならではなのだ。 軽いうえにたっぷり入り多様な用途を満足させる「バックパック」 (W32×H41×D15cm/写真のマロンの他6色)¥65,000  http://gqjapan.jp/fashion/news/20160906/talk-about-aniary-s-bags#pages/7

Talk about aniary's Bags 英国車で『アニアリGO』 日本の30~40歳代のビジネスマンにバッグの魅力を教えてくれたのが「aniary(アニアリ)」という日本のブランドだ。欧米では、ブリーフケース、フレームケース、サッチェルケース、トートバッグ、バックパック、抱えるクラッチと用途に応じてビジネスマンのバッグは多種多様。アニアリの存在意義も同様である。レザーやカラーといったクオリティで大きく光るが、さらに豊富なスタイルが用意されているところがアニアリならではなのだ。 軽いうえにたっぷり入り多様な用途を満足させる「バックパック」 (W32×H41×D15cm/写真のマロンの他6色)¥65,000 http://gqjapan.jp/fashion/news/20160906/talk-about-aniary-s-bags#pages/7

Wacomから発売されているiPad向け筆圧感知スタイラスペン「Intuos Creative Stylus 2」をレビューします。2046レベルの筆圧感知機能と2.9mmの細いペン先がの組み合わせは、iPadを液晶タブレットのように使えます。  完成された最高のデザイン  ちょうど1年前に販売された初代Intuos Creative Stylusからの大きな変更点は、ペン先がゴム製から細い樹脂製になったこと、電池式から充電式になったことでしょう。 この2点の変更によってスタイラスペンのデザインや使い勝手が劇的に変化しています。  ↑箱に入っている物です。今回もスタイラスペンを持ち運べる豪華なケースが付属。 説明書には数カ国語のテキストで使い方が記載されています。  ケース内にはスタイラスペンのほかに、充電用のUSBケーブルや交換用ペン先などアクセサリがすべて収納できます。 質感が良くて高級感ありますね。 充電はスタイラスペンの後ろ側のキャップを開いてミニUSBを接続します。Bamboo Stylus finelineと同様の方式です。…

Wacomから発売されているiPad向け筆圧感知スタイラスペン「Intuos Creative Stylus 2」をレビューします。2046レベルの筆圧感知機能と2.9mmの細いペン先がの組み合わせは、iPadを液晶タブレットのように使えます。 完成された最高のデザイン ちょうど1年前に販売された初代Intuos Creative Stylusからの大きな変更点は、ペン先がゴム製から細い樹脂製になったこと、電池式から充電式になったことでしょう。 この2点の変更によってスタイラスペンのデザインや使い勝手が劇的に変化しています。 ↑箱に入っている物です。今回もスタイラスペンを持ち運べる豪華なケースが付属。 説明書には数カ国語のテキストで使い方が記載されています。 ケース内にはスタイラスペンのほかに、充電用のUSBケーブルや交換用ペン先などアクセサリがすべて収納できます。 質感が良くて高級感ありますね。 充電はスタイラスペンの後ろ側のキャップを開いてミニUSBを接続します。Bamboo Stylus finelineと同様の方式です。…

Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ
検索