Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

山中知恵

山中知恵

埋め込み画像

埋め込み画像

Pixabayの無料画像 - 虎猫, 猫, クローズ アップ, 肖像画, ネコ, 動物, ペット                                                                                                                                                                                 もっと見る

Pixabayの無料画像 - 虎猫, 猫, クローズ アップ, 肖像画, ネコ, 動物, ペット もっと見る

study, Yanjun Cheng on ArtStation at https://www.artstation.com/artwork/study-f340bd22-530b-4eca-9e07-6b81f7643b6a

study, Yanjun Cheng on ArtStation at https://www.artstation.com/artwork/study-f340bd22-530b-4eca-9e07-6b81f7643b6a

Валентин Серов ワレンチン・セローフ(1865-1911)『Портрет княгини О.К. Орловой(オルロワ公爵夫人の肖像)』(1911、ロシア美術館) 肖像画家として名高いセローフの最高傑作とされている絵。オルロワ夫人はペテルブルグ社交界きっての麗人と言われていたが、たいへんな気取り屋だったらしく、セローフはあまり被写体に好意的ではなかったようだ。

Валентин Серов ワレンチン・セローフ(1865-1911)『Портрет княгини О.К. Орловой(オルロワ公爵夫人の肖像)』(1911、ロシア美術館) 肖像画家として名高いセローフの最高傑作とされている絵。オルロワ夫人はペテルブルグ社交界きっての麗人と言われていたが、たいへんな気取り屋だったらしく、セローフはあまり被写体に好意的ではなかったようだ。

画像: 1/13【"現代のドガ" ロバート・ハインデルの没後10年 展覧会開催へ】

画像: 1/13【"現代のドガ" ロバート・ハインデルの没後10年 展覧会開催へ】

hirose suzu

hirose suzu

Yokomizo Seishi work in progress / 横溝正史進行中の作業 #進行中の作業 #横溝正史 #肖像画 #日本人 #小説家 #金田一耕助 #日本の文化 #日本 #portrait #portraitsketch #yokomizoseishi #ecrivain #ecrivainjaponais #japanesewriter #japaneseauthor #author #auteur #romancier #novelist #japanesenovelist...

Yokomizo Seishi work in progress / 横溝正史進行中の作業 #進行中の作業 #横溝正史 #肖像画 #日本人 #小説家 #金田一耕助 #日本の文化 #日本 #portrait #portraitsketch #yokomizoseishi #ecrivain #ecrivainjaponais #japanesewriter #japaneseauthor #author #auteur #romancier #novelist #japanesenovelist...

アーティストTerry Taylor(テリー・テイラー)さんは骸骨をモチーフにした絵画作品を多く制作しています。2015年に制作された絵画シリーズ「THE SEVEN DEADLY SINS」は「7つの大罪」が題材となっており、暗い画面から浮き出るように骸骨が「7つの大罪」に沿って描かれています。 描かれている骸骨は乾いた骨の質感ではなく、肌のような生温かさを感じさせる質感で、骸骨とは思えない、とても不気味に描かれています。 このシリーズ以外にも骸骨の肖像画シリーズである「DEFORMED PORTRAITS」や五感をテーマにした「Time Will Tell - The Five Senses」などがあります。 http://www.terrytaylor.com.au/ Terry Taylor(テリー・テイラー)さんは自身を「死の画家」と称しています。骨格標本やいろんなパーツの骨があるアトリエの写真も公開していますので、ぜひご覧ください。 「7つの大罪」をテーマにした作品は、当サイトで多く紹介しておりますので、合わせてどうぞ。…

アーティストTerry Taylor(テリー・テイラー)さんは骸骨をモチーフにした絵画作品を多く制作しています。2015年に制作された絵画シリーズ「THE SEVEN DEADLY SINS」は「7つの大罪」が題材となっており、暗い画面から浮き出るように骸骨が「7つの大罪」に沿って描かれています。 描かれている骸骨は乾いた骨の質感ではなく、肌のような生温かさを感じさせる質感で、骸骨とは思えない、とても不気味に描かれています。 このシリーズ以外にも骸骨の肖像画シリーズである「DEFORMED PORTRAITS」や五感をテーマにした「Time Will Tell - The Five Senses」などがあります。 http://www.terrytaylor.com.au/ Terry Taylor(テリー・テイラー)さんは自身を「死の画家」と称しています。骨格標本やいろんなパーツの骨があるアトリエの写真も公開していますので、ぜひご覧ください。 「7つの大罪」をテーマにした作品は、当サイトで多く紹介しておりますので、合わせてどうぞ。…

ダビンチ ダヴィンチ/レオナルド・ダ・ヴィンチ モナリザ モナ・リザ

ダビンチ ダヴィンチ/レオナルド・ダ・ヴィンチ モナリザ モナ・リザ

Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ
Search