Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

ピンもと:キナリノ - 暮らしを素敵に丁寧に。

ゆったりと一人時間を楽しむためのブックカフェ【アール座読書館】

誰にでも、一人でゆっくりとした時間を過ごしたい時がありますよね。そんな時にオススメなのが、高円寺にあるブックカフェ「アール座読書館」。所々に柔らかな陽の光が差し込むフロアに、2人用までの席しかないテーブル、静かな店内には水槽の音だけが響いて……。 誰にも邪魔されず一人の時間を過ごしたくなった時には、優しい静寂の溢れる【アール座読書館】の扉を開いてみてください。

ピンもと:キナリノ - 暮らしを素敵に丁寧に。

幻想的な光と時の芸術「LIGHT IS TIME」の凱旋展が開催中!

「LIGHT IS TIME」は、1918年創業のシチズンがブランドの魅力を改めて伝えるために、時計の部品を利用してつくったインスタレーション(空間を利用した現代アート)のこと。 『「光」を「時」に変え、新しい「未来」を切りひらく』というコンセプトのこの作品は、今年の春に世界的デザインの祭典、「ミラノサローネ」にも出展され、「ベストエンターテイニング賞」と「ベストサウンド賞」を受賞! そんな話題の作品が、今回凱旋展という形で日本でも見られるのです。

ワイドリブ ロングカーディガン ワイドリブ ロングカーディガン 15876 2016SS 今から春に向けてお使い頂けるニットカーディガン リブが入っているので女性らしい細身なシルエットに 今年らしく着るならワイドパンツとの合わせもオススメ 長すぎない丈感と柔らかな素材でこの春大活躍してくれる事間違いなしのアイテム シルエットにこだわりトレンドに左右されないカーディガンです 春先には一枚でさらっと 前後で長さが違うため後姿も魅力的です シリーズでVネックプルオーバーもございます 品番 16080922501010 アンサンブルとしての着用もおすすめですよ 取り扱いについては商品についている品質表示でご確認ください 店頭及び屋外での撮影画像は光の当たり具合で色味が違って見える場合があります 商品の色味はスタジオ撮影の画像をご参照ください 着用スタッフ身長166cm 着用サイズFREE モデルサイズ:身長:166cm バスト:82cm ウェスト:58cm ヒップ:82cm 着用サイズ:フリー

ピンもと:ROOMIE(ルーミー)

まるで万華鏡の中のようだなぁ。美しい場所ってたくさんあるんだね

Nasir al-Molk Mosque(ナシル・アル・モルク・モスク): イラン > ガジャール王朝時代の1876年に建設が開始され、1888年に完成した建物。窓がステンドグラスになっているため、光が差し込むと虹色の光がモスクの内部を彩ります。

photoshopで光を表現したい人のためのチュートリアル集「10 Advanced Photoshop Tutorials for Lighting Effects」

Crystal Universe / クリスタル ユニバース 点描は、点の集合で絵画表現を行ったものだが、これは、光の点の集合で彫刻を創っている。彫刻は、光でできているため、デジタルで制御することによって、インタラクティブに動く。 本作品は、光の彫刻の集合体によって、宇宙空間を表現したインタラクティブなインスタレーションである。 鑑賞者は自身のスマートフォンを通じて、クリスタルユニバースを構成するエレメントを選び、出現させ、クリスタルユニバースを創っていく。そして、鑑賞者は、作品空間に入り歩きまわることができる。 それぞれのエレメントは互いに影響を受ける。また、エレメントは、作品空間内の鑑賞者の存在にも影響を受ける。 クリスタルユニバースは鑑賞者によって刻々と創られていきながら、永遠と変化していく。

ピンもと:Fashionsnap.com

「デジタル×ファッション展」が教える両者の緊密な関係とは?

日本で唯一のファッション美術館 神戸ファッション美術館(神戸市六甲アイランド)で、デジタルとファッションの関係を探る展覧会「デジタル×ファッション:二進法からアンリアレイジ、ソマルタまで」展が始まった。会場では「アンリアレイジ(ANREALAGE)」がパリコレに出品した「SHADOW(邦題:光)」や「LIGHT」、ソマルタが本展のために3Dプリンタでつくった等身大の「Asura」像も展示されている。首席学芸員の浜田久仁雄氏は「18年前の美術館開館以来、もっともやりたかった展覧会」と熱い思いを語った。「アンリアレイジの森永邦彦さんは言葉を大切に扱うデザイナー。通常、言葉は文字として記号化されるが、彼はそれをファッションとして記号化する。廣川玉枝さんは徹底して美しさを意識するデザイナー」と今回の主役である2人のデザイナーを紹介した。(写真・文:ジャーナリスト 林 信行)

ピンもと:キナリノ - 暮らしを素敵に丁寧に。

phシリーズだけじゃない。ルイスポールセンのランプ“トルボー120”がとっても素敵☆

■PH Louvre 1957年、デンマークのとある教会のためにデザインされた「PHルーブル」。球形の器具全体がなめらかな配光特性を示すように光が各シェードに同じ角度であたるよう緻密に設計されています。