Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

関連トピックを見てみる

色絵銹釉椿文皿/ 見込みに一輪の椿が描かれた、堂々とした5寸皿である。椿の花は、日本人には特に馴染みが深く、鍋島でも数多く描かれているが、椿のどの品種を図案化したものかは定かでない。椿の背景には、帯状に青海波の文様が、墨はじきの技法が使われ、椿の花を引き立たせるために一役をかっている。また、皿の縁に銹釉が施されており、同形・同裏文様の縁に青磁釉が施された「染付青磁藤袴文皿」、縁に瑠璃釉が施された「色絵瑠璃釉羊歯文皿」と同時期に造られたものと思われ、鍋島の斬新なセンスを見ることが出来る。

色絵銹釉椿文皿/ 見込みに一輪の椿が描かれた、堂々とした5寸皿である。椿の花は、日本人には特に馴染みが深く、鍋島でも数多く描かれているが、椿のどの品種を図案化したものかは定かでない。椿の背景には、帯状に青海波の文様が、墨はじきの技法が使われ、椿の花を引き立たせるために一役をかっている。また、皿の縁に銹釉が施されており、同形・同裏文様の縁に青磁釉が施された「染付青磁藤袴文皿」、縁に瑠璃釉が施された「色絵瑠璃釉羊歯文皿」と同時期に造られたものと思われ、鍋島の斬新なセンスを見ることが出来る。

十四代酒井田柿右衛門「濁手菝葜文大鉢」

十四代酒井田柿右衛門「濁手菝葜文大鉢」

染付VOC花鳥文皿 古伊万里様式 (17世紀後期)/17世紀中期、それまでヨーロッパへ輸出してきた中国が明時代末期の動乱により、輸出できなくなり、その替わりとして、有田の焼物が輸出されるようになった。 見込みのVOCの文字は、当時、そのヨーロッパへの輸出を担っていたオランダ連合東インド会社(Verenigde Oostindische Compagnie)の頭文字を組合わせた社章であり、当時の輸出品にはこのVOCの文字の入ったものが多く造られている。 また、このような皿の縁部を窓絵にし、その中に文様を描くスタイルの皿を「芙蓉手」と呼ぶが、それは、芙蓉の花が開いたように見えることが由来であり、当時、最も好まれたスタイルであり、大小相当数の皿が造られ、輸出されている

染付VOC花鳥文皿 古伊万里様式 (17世紀後期)/17世紀中期、それまでヨーロッパへ輸出してきた中国が明時代末期の動乱により、輸出できなくなり、その替わりとして、有田の焼物が輸出されるようになった。 見込みのVOCの文字は、当時、そのヨーロッパへの輸出を担っていたオランダ連合東インド会社(Verenigde Oostindische Compagnie)の頭文字を組合わせた社章であり、当時の輸出品にはこのVOCの文字の入ったものが多く造られている。 また、このような皿の縁部を窓絵にし、その中に文様を描くスタイルの皿を「芙蓉手」と呼ぶが、それは、芙蓉の花が開いたように見えることが由来であり、当時、最も好まれたスタイルであり、大小相当数の皿が造られ、輸出されている

A Chinese famille rose porcelain plate painted at centre w a tall grey & gilt vase w peony sprays besides a squat turquoise incense burner amid a large peony spray, the border w 3 sprays of fruit & flowers.

A Chinese famille rose porcelain plate painted at centre w a tall grey & gilt vase w peony sprays besides a squat turquoise incense burner amid a large peony spray, the border w 3 sprays of fruit & flowers.

色絵桃文桃型皿/ 桃の形状の中に、桃の色絵が施され、また、桃の色絵の部分が盛り上がっており、複雑な意匠の、鍋島の意匠性をほうふつさせる古伊万里の変形皿である。桃の色絵の周りには染付にて地紋がびっしりと描かれ、縁には銹釉(さびゆう)、裏文様も草花文が染付と色絵の併用にて描かれ、小品ながら手間のかかった優品である。このような変形皿が当時、どのような使われ方をしたのか解らないが、江戸文化が華やいだ頃、賞びられたことは推察できる。

色絵桃文桃型皿/ 桃の形状の中に、桃の色絵が施され、また、桃の色絵の部分が盛り上がっており、複雑な意匠の、鍋島の意匠性をほうふつさせる古伊万里の変形皿である。桃の色絵の周りには染付にて地紋がびっしりと描かれ、縁には銹釉(さびゆう)、裏文様も草花文が染付と色絵の併用にて描かれ、小品ながら手間のかかった優品である。このような変形皿が当時、どのような使われ方をしたのか解らないが、江戸文化が華やいだ頃、賞びられたことは推察できる。

A Chinese famille rose porcelain plate, across the centre an unfurling scroll depicts bamboo & peony about a blue rock, outside of scroll of pink diaper pattern; upon grnd of brown spirals, shaped reserve above & below painted w emblems+

A Chinese famille rose porcelain plate, across the centre an unfurling scroll depicts bamboo & peony about a blue rock, outside of scroll of pink diaper pattern; upon grnd of brown spirals, shaped reserve above & below painted w emblems+

色絵寿字宝尽し文鉢 古伊万里様式(17世紀後期)/ 江戸・元禄期に造られた最上手の「型物」と呼ばれる一連のうちの一つである。どのような理由で「型物」と言うのか定かでないが、型で造ったようにきっちりしていることからそう呼ばれるとの説もある。見込みに染付に金の縁取りで「寿」の文字が堂々と描かれ、その周りに宝尽しが描かれている。宝尽しとは、宝物の形を図案化した縁起の良い福徳を招く文様であり、宝珠、書巻は中国の八宝文から伝わった文様であり、丁字は中国の文様が和様化(犀角杯から変化)したものであり、日本で加えられた隠れ蓑や、冊子のようなものもあり、いわれが定かでないものもある。お正月らしい吉祥文様の鉢である

色絵寿字宝尽し文鉢 古伊万里様式(17世紀後期)/ 江戸・元禄期に造られた最上手の「型物」と呼ばれる一連のうちの一つである。どのような理由で「型物」と言うのか定かでないが、型で造ったようにきっちりしていることからそう呼ばれるとの説もある。見込みに染付に金の縁取りで「寿」の文字が堂々と描かれ、その周りに宝尽しが描かれている。宝尽しとは、宝物の形を図案化した縁起の良い福徳を招く文様であり、宝珠、書巻は中国の八宝文から伝わった文様であり、丁字は中国の文様が和様化(犀角杯から変化)したものであり、日本で加えられた隠れ蓑や、冊子のようなものもあり、いわれが定かでないものもある。お正月らしい吉祥文様の鉢である

A RUBY-BACK FAMILLE-ROSE DISH QING DYNASTY, 18TH CENTURY thinly potted with an eggshell body, the shallow rounded sides resting on a tapered foot, brightly painted to the interior with two butterflies hovering amongst a rose, an aster and various other flowers and leafy sprays, the exterior applied with a mottled ruby-pink glaze stopping neatly at the foot, the base reserved in white

A RUBY-BACK FAMILLE-ROSE DISH QING DYNASTY, 18TH CENTURY thinly potted with an eggshell body, the shallow rounded sides resting on a tapered foot, brightly painted to the interior with two butterflies hovering amongst a rose, an aster and various other flowers and leafy sprays, the exterior applied with a mottled ruby-pink glaze stopping neatly at the foot, the base reserved in white

色絵朝顔文変形皿  鍋島様式・17世紀後期

色絵朝顔文変形皿 鍋島様式・17世紀後期

A Chinese Enameled Turquoise Porcelain Bowl, 19th century, Qing dynasty. The deeply potted bowl enameled with butterflies amidst branches bearing prunus flowers and Buddha's hand citrons all on a turquoise ground, iron red Jiaqing mark to base. Approx. 3 1/4 by 5 in. diam

A Chinese Enameled Turquoise Porcelain Bowl, 19th century, Qing dynasty. The deeply potted bowl enameled with butterflies amidst branches bearing prunus flowers and Buddha's hand citrons all on a turquoise ground, iron red Jiaqing mark to base. Approx. 3 1/4 by 5 in. diam

Pinterest
検索