Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

関連トピックを見てみる

Japanese confection - Monaka

Japanese confection - Monaka

Monaka

Monaka

Japanese wafer cake shaped cherry blossom, filled with bean jam

Japanese wafer cake shaped cherry blossom, filled with bean jam

Japanese confection - seasonal sweets

Japanese confection - seasonal sweets

Japanese confection - seasonal sweets

Japanese confection - seasonal sweets

一月後半 『霜紅梅(しもこうばい)』 春の到来を告げる花として、古くから愛されてきた梅の花を、紅色の求肥でかたどりました。花にうっすらと降りた霜を、新引粉(しんびきこ:京都ではみじん粉と呼ぶ)で見立てています。  ※新引粉…糯(もち)米を蒸して乾燥させたものを粉砕し、煎った粉。  求肥製 白飴餡入  初出年:宝永7年(1705)  とらやの和菓子 季節のお菓子 -生菓子-|株式会社 虎屋

一月後半 『霜紅梅(しもこうばい)』 春の到来を告げる花として、古くから愛されてきた梅の花を、紅色の求肥でかたどりました。花にうっすらと降りた霜を、新引粉(しんびきこ:京都ではみじん粉と呼ぶ)で見立てています。 ※新引粉…糯(もち)米を蒸して乾燥させたものを粉砕し、煎った粉。 求肥製 白飴餡入 初出年:宝永7年(1705) とらやの和菓子 季節のお菓子 -生菓子-|株式会社 虎屋

Monaka is a Japanese sweet made of azuki bean filling sandwiched between two thin crisp wafers made from mochi. The wafers may be shaped like cherry blossoms, chrysanthemums and so on. modern monaka can also be eaten filled with ice cream.

Monaka is a Japanese sweet made of azuki bean filling sandwiched between two thin crisp wafers made from mochi. The wafers may be shaped like cherry blossoms, chrysanthemums and so on. modern monaka can also be eaten filled with ice cream.

2月前半『寒紅梅(かんこうばい)』    梅は百花の魁(さきがけ)といわれ、いち早く春を告げる花として、親しまれています。 寒さの中に咲く一輪の紅梅をかたどりました。  羊羹製 白小倉餡入  ■「小麦」を含む  初出年:『御好寒紅梅』として明和7年(1770)

2月前半『寒紅梅(かんこうばい)』 梅は百花の魁(さきがけ)といわれ、いち早く春を告げる花として、親しまれています。 寒さの中に咲く一輪の紅梅をかたどりました。 羊羹製 白小倉餡入 ■「小麦」を含む 初出年:『御好寒紅梅』として明和7年(1770)

Rabbit Monaka, a Japanese sweet made of red bean filling sandwiched between two thin crisp wafers made from rice flour.

Rabbit Monaka, a Japanese sweet made of red bean filling sandwiched between two thin crisp wafers made from rice flour.

一月後半 『一花椿(ひとはなつばき)』 椿は古来、油や染料として、日本人の生活に深く関わってきました。江戸時代には観賞用として庶民にも椿の人気が広まり、工芸品のデザインにも用いられ好まれました。 『一花椿』は、椿の花をかたどった、清楚でどこか凛(りん)とした気高さを漂わせたお菓子です。  羊羹製 白餡入  ■「小麦」を含む  初出年:明治45年(1912)  とらやの和菓子 季節のお菓子 -生菓子-|株式会社 虎屋

一月後半 『一花椿(ひとはなつばき)』 椿は古来、油や染料として、日本人の生活に深く関わってきました。江戸時代には観賞用として庶民にも椿の人気が広まり、工芸品のデザインにも用いられ好まれました。 『一花椿』は、椿の花をかたどった、清楚でどこか凛(りん)とした気高さを漂わせたお菓子です。 羊羹製 白餡入 ■「小麦」を含む 初出年:明治45年(1912) とらやの和菓子 季節のお菓子 -生菓子-|株式会社 虎屋

Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ
Search