Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

アレルギー、利尿作用、関節炎、前立腺肥大症など、とても有益なハーブですが、敏感に反応する人もいて、使用には注意が必要です。ミネラルやビタミンを豊富に含み、野菜としてもスープや炒め物に、また、乾燥した葉はお茶としても美味しく頂けます。

ボリジは地中海の沿岸地域を原産とするムラサキ科の1年草で、タンニン、サポニン、カリウム、カルシウム、ビタミンCなどが含まれ、発汗作用や抗炎症作用があり、解熱や頭痛の緩和に役立つので風邪を引いた時にはとても有効なハーブです。#エッセンシャルオイル#アロマレシピ#アロマテラピー#ハーブ#ガーデニング

パッションフラワーには不眠症やイライラ、不安、緊張をやわらげる効果があり、含まれる成分のアルカロイドは脳内の神経伝達物質の分解を防ぎ、フラボノイドには鎮静作用があります。子供やお年寄りでも安心して使う事ができる自然の精神安定剤でハーブティーやサプリが一般的です。他のハーブとブレンドする事でさらに高い効果も期待できます。

日本ではニッキと呼ばれるシナモンは従来から抗菌作用、発汗作用、健胃作用、血行の改善、血糖値や中性脂肪・コレステロール値の低下など、生活習慣病を予防する効果や効能に注目されていましたが、最新の研究でウイルスにもダメージを与えることがわかりました。抗ウイルスとしてシナモンの新しい使い方が期待できそうです。

レモンバームには緊張、心配性、不眠症に効果・効能があり、ストレスや不安症を和らげるハーブとして利用されています。栽培や育て方は簡単で、種や挿し木で増やすことができ、使い方はバーブティーとして摂るのが一般的です。#エッセンシャルオイル#アロマレシピ#アロマテラピー#ハーブ#ガーデニング

日本名をセイヨウシロヤナギといい、ホワイト・ウイローバークという種類がハーブとして利用されています。含まれているサリシンという成分には鎮痛、炎症抑制効果があり、このサリシンからアスピリンが開発されましたが、近年アスピリンには胃腸障害などの副作用があるという事で再びホワイト・ウイローバークに注目が集まっています。#エッセンシャルオイル#アロマレシピ#アロマテラピー#ハーブ#ガーデニング

高麗人参は朝鮮人参とも言い、漢方では最もよく使うハーブの一つです。栽培がとても難しいハーブなので大変高価ですが、高血圧をはじめ万能のハーブとして、多くの効能と効果が期待できるハーブです。根に多く含まれるサポニンは抗酸化や血行促進、抗炎症などが期待でき生活習慣病の予防に繋がります。#エッセンシャルオイル#アロマレシピ#アロマテラピー#ハーブ#ガーデニング

フェンネル【Fennel】 医療用と食用のハーブとして知られて、香りはアニスや甘草と似ていてパンやイタリアンソーセージ、またザワークラウトなどに使われています。医療用としては消化を助け、口臭を防ぎ、ガスを排除してお腹の張や痛みを取ります。

肝臓を強化するハーブとして長い歴史があり、現在の研究でも、その効果、効能も認められている副作用のない信頼のハーブです。脂肪肝をはじめとした肝臓疾患の予防やキノコの毒の解毒剤に利用され、お酒や服用している薬の量が多い人には特にお薦めです。#エッセンシャルオイル#アロマレシピ#アロマテラピー#ハーブ#ガーデニング

日本人にとっては毎日当たり前のように飲んでいる緑茶もハーブティーの1つ。しかも、様々な効能があり昔から高く評価されていた漢方でもありハーブなのです。健康の為ではなく純粋に味を楽しむ趣向品として緑茶を飲む、そんな日本の習慣も大切にしたいですね。#エッセンシャルオイル#アロマレシピ#アロマテラピー#ハーブ#ガーデニング