Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

2011.05.30 MON 20:00 「自由意志への不信」は脳活動に影響:研究結果|  被験者に、自由意志の概念を疑う内容の文章を読ませたところ、自発的運動に関連する脳の活動が低下したという実験結果が発表された。

2011.05.30 MON 20:00 「自由意志への不信」は脳活動に影響:研究結果| 被験者に、自由意志の概念を疑う内容の文章を読ませたところ、自発的運動に関連する脳の活動が低下したという実験結果が発表された。

豊橋技術科学大学と京都大学の共同研究チームは、人間が「痛そうな状況にあるロボット」に感情移入することを脳波で確認した。

豊橋技術科学大学と京都大学の共同研究チームは、人間が「痛そうな状況にあるロボット」に感情移入することを脳波で確認した。

「ミラーニューロン」は何の役に立つのか? | 約20年前に「ミラーニューロン」を発見した科学者、ジャコモ・リッツォラッティが、他者理解の根底にある脳のメカニズムについてミラノで公開講義を行った。

「ミラーニューロン」は何の役に立つのか? | 約20年前に「ミラーニューロン」を発見した科学者、ジャコモ・リッツォラッティが、他者理解の根底にある脳のメカニズムについてミラノで公開講義を行った。

人はなぜ集団では非倫理的になるのか? | なぜ人間は、集団で行動すると恐ろしい行為に走りやすいのだろうか。集団の一員として競争に参加すると、脳の「内省」にかかわる領域の活動が鈍るという研究結果が発表された。

人はなぜ集団では非倫理的になるのか? | なぜ人間は、集団で行動すると恐ろしい行為に走りやすいのだろうか。集団の一員として競争に参加すると、脳の「内省」にかかわる領域の活動が鈍るという研究結果が発表された。

脳は情報を一瞬で処理することができるが、それはなぜだろうか。分子動力学の計算モデルを利用した、脳活動の「非常に詳細な」シミュレーション研究が行われており、各種認知障害の治療に役立つかもしれない。 脳は情報を一瞬で処理することができるが、それはなぜだろうか。カナダのマギル大学やオックスフォード大学などの研究者チームによると、それにはタンパク質が関係しているという。 この研究は、脳の信号伝達に関与するタンパク質の高分子「AMPA型グルタミン酸受容体」に注目したものだ。 この結果は、自閉症やアルツハイマー病などの脳疾患についてのこれまでの理解に影響を与える可能性があるという。

脳は情報を一瞬で処理することができるが、それはなぜだろうか。分子動力学の計算モデルを利用した、脳活動の「非常に詳細な」シミュレーション研究が行われており、各種認知障害の治療に役立つかもしれない。 脳は情報を一瞬で処理することができるが、それはなぜだろうか。カナダのマギル大学やオックスフォード大学などの研究者チームによると、それにはタンパク質が関係しているという。 この研究は、脳の信号伝達に関与するタンパク質の高分子「AMPA型グルタミン酸受容体」に注目したものだ。 この結果は、自閉症やアルツハイマー病などの脳疾患についてのこれまでの理解に影響を与える可能性があるという。

メモを取っても記憶は定着しない:研究結果 | 何かを覚えておきたいとき、メモを取る人は多い。でもそれではかえって逆効果になる、という研究結果が発表された。

メモを取っても記憶は定着しない:研究結果 | 何かを覚えておきたいとき、メモを取る人は多い。でもそれではかえって逆効果になる、という研究結果が発表された。

「落下するときは、実際にはスローモーションで物事を見ているのではないことがわかった。スローモーションカメラのようなことが起こっているのではないのだ」とDavidは語る。「それよりもっと面白いことが起こっている」 Davidによれば、この現象は知覚ではなく記憶の問題なのだという。「通常は、われわれの記憶はふるいのようなものだ。周りで起こることのほとんどは記録していない」。たとえば混雑した通りを歩いているとき、たくさんの顔や信号やさまざまな刺激が溢れているが、それらはほとんどが、記憶の一部にはならない。しかし突然一台の車が自分のところに突進してきたとしよう。突然、記憶のギアが変化する。全てのことを記憶し始めるのだ――雲であれ塵であれ、細ぎれの考えであれ、役に立つかもしれない全てのことを。

「落下するときは、実際にはスローモーションで物事を見ているのではないことがわかった。スローモーションカメラのようなことが起こっているのではないのだ」とDavidは語る。「それよりもっと面白いことが起こっている」 Davidによれば、この現象は知覚ではなく記憶の問題なのだという。「通常は、われわれの記憶はふるいのようなものだ。周りで起こることのほとんどは記録していない」。たとえば混雑した通りを歩いているとき、たくさんの顔や信号やさまざまな刺激が溢れているが、それらはほとんどが、記憶の一部にはならない。しかし突然一台の車が自分のところに突進してきたとしよう。突然、記憶のギアが変化する。全てのことを記憶し始めるのだ――雲であれ塵であれ、細ぎれの考えであれ、役に立つかもしれない全てのことを。

「植物状態の人間に意識があるか」を測定する装置|  植物状態の患者や、外傷や脳卒中によって脳損傷を負った人などに、意識があるかどうかを10分間で測定できる装置が開発された。|WIRED.jp

「植物状態の人間に意識があるか」を測定する装置| 植物状態の患者や、外傷や脳卒中によって脳損傷を負った人などに、意識があるかどうかを10分間で測定できる装置が開発された。|WIRED.jp

「閉じ込め症候群」患者とのコミュニケーションに成功:「生きていてうれしい」 | 意識はあるものの、体が完全に麻痺して動かせない「閉じ込め症候群」。脳コンピューター・インターフェースを用いることで、長年にわたって閉じ込め状態にあった患者とコミュニケーションをとることに成功したという研究成果が発表された。

「閉じ込め症候群」患者とのコミュニケーションに成功:「生きていてうれしい」 | 意識はあるものの、体が完全に麻痺して動かせない「閉じ込め症候群」。脳コンピューター・インターフェースを用いることで、長年にわたって閉じ込め状態にあった患者とコミュニケーションをとることに成功したという研究成果が発表された。

マルチタスクに追われて何かと拡散しがちな意識を、瞑想(めいそう)などによって「今ここ」に集中させることで「マインドフル」になっていく。本特集の第1回「睡眠より仕事に直結! マインドフルネスで脳を鍛える」では、疲れない脳をつくるためにマイ…

マルチタスクに追われて何かと拡散しがちな意識を、瞑想(めいそう)などによって「今ここ」に集中させることで「マインドフル」になっていく。本特集の第1回「睡眠より仕事に直結! マインドフルネスで脳を鍛える」では、疲れない脳をつくるためにマイ…

Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ
Search