Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

今、NHKの大河ドラマ「真田丸」にて、度々名前の上がる武将「細川忠興公」。実戦に参加すること生涯50回余り。その忠興が茶の湯の生活に入るのは、家督をその息子忠利にゆずり“三斎”を名乗る元和5年(1620)以降です。利休七哲にも数えられた忠興が所持していたのは「大名物茶入 銘 安国寺」。茶入はその後、安国寺恵瓊から徳川家康、津田長政へと渡ります。この茶入は姿形、釉薬の景色がいいことはもちろん、 付属物の多さでも知られています。今回、オンラインショップ「大名物裂 特集」にてご紹介する 「花唐草龍鳳文錦(はなからくさりゅうほうもんにしき)」も大名物茶入れの仕覆の一つです。茶入れの仕覆に用いられた裂地を古帛紗・出帛紗に形を変えて、皆様にお届けいたします。斯界を代表する茶人たちが愛好した名物裂は、時代とともに傷んでいきます。 「裂の素材は?」「色彩は?」「その文様は?」と、わかりにくくなってきた過去の真実を、 現代の技術を駆使し、限りなく原品に近づける努力を「復元」と呼んでいます。この復元の作業を通じて、今新たによみがえった名物裂の世界をご堪能ください。

古帛紗 利休緞子(白) #Japan #Craft #Kyoto #Teaceremony #Design #Fashion

「目片千恵 ガラス展 ~冬の光~」 3つの工程 : うつわノート

古帛紗 利休緞子(ローズ) #Japan #Craft #Kyoto #Teaceremony #Design #Fashion

通販販売【茶書・茶道書籍】 矢部良明 「茶入物語」 *宮帯出版社 *窯分け・○○手茶入*茶器弁玉集・大正名器鑑*人間国宝美術館長

干支『申』 古帛紗 繍花楽園文(しゅうからくえんもん)「エンジ」 #Japan #Craft #Kyoto #Teaceremony #Design #Fashion

古帛紗 利休緞子(朱) #Japan #Craft #Kyoto #Teaceremony #Design #Fashion

古帛紗 獅噛鳥獣文錦(ゴールド) #Japan #Craft #Kyoto #Teaceremony #Design #Fashion

茶道流派の一つ、裏千家流の古帛紗です。織りの技と文様の美しさが際立つ龍村裂のふくさ。大切な茶席用には、その席に合った古帛紗をお選びください。季節感で選んでいただいたりと、それ一つでセンスと品格が現れます。数寄屋袋や懐紙入れとお揃いの柄でお持ち頂き、トータルコーディネートもお楽しみいただけます。茶事のお供、また贈答品としてもご好評を頂いております。茶道のお稽古をしている方なら、何点あっても重宝する古帛紗。装いに合わせて、またお好みに合わせて古帛紗を選べるようにプレゼントしてみてはいかがでしょうか?また、香炉の敷物など、インテリアのワンポイントとしてもご利用いただけます。 サイズ(cm):W16.0×H15.0

干支『申』 古帛紗 繍花楽園文(しゅうからくえんもん)「黄」 #Japan #Craft #Kyoto #Teaceremony #Design #Fashion