Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

“【空気感を生み出すレイアウト】 男性の呼びかけにふと後ろを気にする女性の構図。しかしなぜか印象が薄い、それは二人のキャラの間の空気感が意図的に描き込まれていないからだ。空間は描き方によって、その場に存在する空気感の質を変化させる。”

“【空気感を生み出すレイアウト】 男性の呼びかけにふと後ろを気にする女性の構図。しかしなぜか印象が薄い、それは二人のキャラの間の空気感が意図的に描き込まれていないからだ。空間は描き方によって、その場に存在する空気感の質を変化させる。”

“【名脇役を忘れちゃいけないレイアウト】   新人のレイアウト。でもキャラを囲む煙の描写がなんだか普通。面積の大半を占めるこの煙は、カットの不安定な要素を受け持つ重要な脇役。背景に代りに世界感を支えている。名わき役はキャラだけではない。”

“【名脇役を忘れちゃいけないレイアウト】 新人のレイアウト。でもキャラを囲む煙の描写がなんだか普通。面積の大半を占めるこの煙は、カットの不安定な要素を受け持つ重要な脇役。背景に代りに世界感を支えている。名わき役はキャラだけではない。”

【手法より感覚が優先】 ドアを開けた瞬間に広がる闇。その漆黒の闇の中に存在する恐怖を表現するには手法よりもまずは感覚だ。観客が映像の中に求めるものは新鮮な体験。それは技術の手法を積み重ねて表現するよりも、まずは自分の感覚で攻める。

【手法より感覚が優先】 ドアを開けた瞬間に広がる闇。その漆黒の闇の中に存在する恐怖を表現するには手法よりもまずは感覚だ。観客が映像の中に求めるものは新鮮な体験。それは技術の手法を積み重ねて表現するよりも、まずは自分の感覚で攻める。

【逆というのは一つの近道】 通常はある事象に対してどのような表情を作るのかを考える。たまには逆向きに思考してみると面白い。たとえば描いた人の表情から事象を読む。逆向きの思考がありきたりのアイディアから脱出する一つの手段となることも…

【逆というのは一つの近道】 通常はある事象に対してどのような表情を作るのかを考える。たまには逆向きに思考してみると面白い。たとえば描いた人の表情から事象を読む。逆向きの思考がありきたりのアイディアから脱出する一つの手段となることも…

【名前が描き方ではなく、それは絵の見え方】  ローアングル、ハイアングル、絵の撮り方のいろんな名前がある。でも大切なのはどう見せたいかという絵に込めた想い。その想いを伝えるための言葉が、絵の撮り方(見え方)の名前になっている。

【名前が描き方ではなく、それは絵の見え方】 ローアングル、ハイアングル、絵の撮り方のいろんな名前がある。でも大切なのはどう見せたいかという絵に込めた想い。その想いを伝えるための言葉が、絵の撮り方(見え方)の名前になっている。

メディアツイート: CPUTON 演出メモ(@cputon)さん | Twitter

メディアツイート: CPUTON 演出メモ(@cputon)さん | Twitter

【なぜそこに横顔が…】 人の横顔は、まじまじと見つめる事は無いだろうから、キャラのもつ側面的描写として面白い画になる。このように「横顔」という言葉が意味する描写を画に記号化することで、映像の中で特別な感覚を観客に伝えることが出来る。

【なぜそこに横顔が…】 人の横顔は、まじまじと見つめる事は無いだろうから、キャラのもつ側面的描写として面白い画になる。このように「横顔」という言葉が意味する描写を画に記号化することで、映像の中で特別な感覚を観客に伝えることが出来る。

pixiv(ピクシブ)は、作品の投稿・閲覧が楽しめる「イラストコミュニケーションサービス」です。幅広いジャンルの作品が投稿され、ユーザー発の企画やメーカー公認のコンテストが開催されています。

pixiv(ピクシブ)は、作品の投稿・閲覧が楽しめる「イラストコミュニケーションサービス」です。幅広いジャンルの作品が投稿され、ユーザー発の企画やメーカー公認のコンテストが開催されています。

【物事のバウンダリーライン】  物事が気になる値に達しているかのライン。たとえば歩いて来る人の手前の石。さて、大きさのみで、石がどのくらいのサイズになると、物語に影響すると捉えるのか?必要なのは自分の尺度ではなく、曖昧さをなくすこと

【物事のバウンダリーライン】 物事が気になる値に達しているかのライン。たとえば歩いて来る人の手前の石。さて、大きさのみで、石がどのくらいのサイズになると、物語に影響すると捉えるのか?必要なのは自分の尺度ではなく、曖昧さをなくすこと

“【全ては描かず、全てを見せるレイアウト】 絵は描き込まない事で存在する面を想像してもらうことができる。極端だが、同じレイアウトの上でパースの違うキャラにも対応できる。無駄に描き込まないことが見せたい部分を強調する効果も。一石二鳥だ。”

“【全ては描かず、全てを見せるレイアウト】 絵は描き込まない事で存在する面を想像してもらうことができる。極端だが、同じレイアウトの上でパースの違うキャラにも対応できる。無駄に描き込まないことが見せたい部分を強調する効果も。一石二鳥だ。”

Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ
Search