Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

関連トピックを見てみる

https://flic.kr/p/o5MNa8 | Get a Grip | Classic Norton Commando.

https://flic.kr/p/o5MNa8 | Get a Grip | Classic Norton Commando.

超攻撃的な流線型フォルム、ロータス社初のスーパーバイク「C-01」が公開 - DNA

超攻撃的な流線型フォルム、ロータス社初のスーパーバイク「C-01」が公開 - DNA

BMW Motorradが、BMW設立100周年を記念するコンセプトバイク「Motorrad Vision Next 100」を発表しました。10年ほど未来のバイクをテーマとしており、停止中でもバランスを取って自立するムラタセイサク君的な機能を搭載、さらに事故回避機能によってヘルメットが不要になるとして

BMWが提案する未来のバイクVision Next 100。スタンドなしで自立、事故回避機能によりヘルメット不要

BMW Motorradが、BMW設立100周年を記念するコンセプトバイク「Motorrad Vision Next 100」を発表しました。10年ほど未来のバイクをテーマとしており、停止中でもバランスを取って自立するムラタセイサク君的な機能を搭載、さらに事故回避機能によってヘルメットが不要になるとして

BMWが発表したコンセプトモデル「R5 Hommage」が素晴らしいと世界中から称賛されています。1936年にリリースされて以来、1950年代まで世界中のオートバイに多大な影響を与えた名車「R5」へのオマージュとして、その誕生80周年の節目に製作されたコンセプト・モデルです。上部画像左奥に見えるのがオリジナルの「R5」になります。   車体は完全新設計  オリジナルの「R5」は500ccエンジンを搭載、フロントにはテレスコピック・フォークを採用、最高速度135km/hと、当時最先端の高性能バイクでした。    この「R5  Hommage」では、車体をいちから見直し、完全に新設計となっています。    Vintage meets custom=ヴィンテージと最新カスタムのエッセンスの融合」が隠されたテーマです。   スーパーチャージャーを搭載  過去から引き継いでいるのは、美しいボクサーツインエンジン。 マニアがクラシックバイクレースに使用していたオリジナル「R5」用をベースに、リビルド&カスタムが施されています。数多くの内燃機パーツを新造しつつ、新たにスーパーチャージ...

BMWが発表したコンセプトモデル「R5 Hommage」が素晴らしいと世界中から称賛されています。1936年にリリースされて以来、1950年代まで世界中のオートバイに多大な影響を与えた名車「R5」へのオマージュとして、その誕生80周年の節目に製作されたコンセプト・モデルです。上部画像左奥に見えるのがオリジナルの「R5」になります。 車体は完全新設計 オリジナルの「R5」は500ccエンジンを搭載、フロントにはテレスコピック・フォークを採用、最高速度135km/hと、当時最先端の高性能バイクでした。 この「R5 Hommage」では、車体をいちから見直し、完全に新設計となっています。 Vintage meets custom=ヴィンテージと最新カスタムのエッセンスの融合」が隠されたテーマです。 スーパーチャージャーを搭載 過去から引き継いでいるのは、美しいボクサーツインエンジン。 マニアがクラシックバイクレースに使用していたオリジナル「R5」用をベースに、リビルド&カスタムが施されています。数多くの内燃機パーツを新造しつつ、新たにスーパーチャージ...

BMWが発表したコンセプトモデル「R5 Hommage」が素晴らしいと世界中から称賛されています。1936年にリリースされて以来、1950年代まで世界中のオートバイに多大な影響を与えた名車「R5」へのオマージュとして、その誕生80周年の節目に製作されたコンセプト・モデルです。上部画像左奥に見えるのがオリジナルの「R5」になります。   車体は完全新設計  オリジナルの「R5」は500ccエンジンを搭載、フロントにはテレスコピック・フォークを採用、最高速度135km/hと、当時最先端の高性能バイクでした。    この「R5  Hommage」では、車体をいちから見直し、完全に新設計となっています。    Vintage meets custom=ヴィンテージと最新カスタムのエッセンスの融合」が隠されたテーマです。   スーパーチャージャーを搭載  過去から引き継いでいるのは、美しいボクサーツインエンジン。 マニアがクラシックバイクレースに使用していたオリジナル「R5」用をベースに、リビルド&カスタムが施されています。数多くの内燃機パーツを新造しつつ、新たにスーパーチャージ...

BMWが発表したコンセプトモデル「R5 Hommage」が素晴らしいと世界中から称賛されています。1936年にリリースされて以来、1950年代まで世界中のオートバイに多大な影響を与えた名車「R5」へのオマージュとして、その誕生80周年の節目に製作されたコンセプト・モデルです。上部画像左奥に見えるのがオリジナルの「R5」になります。 車体は完全新設計 オリジナルの「R5」は500ccエンジンを搭載、フロントにはテレスコピック・フォークを採用、最高速度135km/hと、当時最先端の高性能バイクでした。 この「R5 Hommage」では、車体をいちから見直し、完全に新設計となっています。 Vintage meets custom=ヴィンテージと最新カスタムのエッセンスの融合」が隠されたテーマです。 スーパーチャージャーを搭載 過去から引き継いでいるのは、美しいボクサーツインエンジン。 マニアがクラシックバイクレースに使用していたオリジナル「R5」用をベースに、リビルド&カスタムが施されています。数多くの内燃機パーツを新造しつつ、新たにスーパーチャージ...

BMWが発表したコンセプトモデル「R5 Hommage」が素晴らしいと世界中から称賛されています。1936年にリリースされて以来、1950年代まで世界中のオートバイに多大な影響を与えた名車「R5」へのオマージュとして、その誕生80周年の節目に製作されたコンセプト・モデルです。上部画像左奥に見えるのがオリジナルの「R5」になります。   車体は完全新設計  オリジナルの「R5」は500ccエンジンを搭載、フロントにはテレスコピック・フォークを採用、最高速度135km/hと、当時最先端の高性能バイクでした。    この「R5  Hommage」では、車体をいちから見直し、完全に新設計となっています。    Vintage meets custom=ヴィンテージと最新カスタムのエッセンスの融合」が隠されたテーマです。   スーパーチャージャーを搭載  過去から引き継いでいるのは、美しいボクサーツインエンジン。 マニアがクラシックバイクレースに使用していたオリジナル「R5」用をベースに、リビルド&カスタムが施されています。数多くの内燃機パーツを新造しつつ、新たにスーパーチャージ...

BMWが発表したコンセプトモデル「R5 Hommage」が素晴らしいと世界中から称賛されています。1936年にリリースされて以来、1950年代まで世界中のオートバイに多大な影響を与えた名車「R5」へのオマージュとして、その誕生80周年の節目に製作されたコンセプト・モデルです。上部画像左奥に見えるのがオリジナルの「R5」になります。 車体は完全新設計 オリジナルの「R5」は500ccエンジンを搭載、フロントにはテレスコピック・フォークを採用、最高速度135km/hと、当時最先端の高性能バイクでした。 この「R5 Hommage」では、車体をいちから見直し、完全に新設計となっています。 Vintage meets custom=ヴィンテージと最新カスタムのエッセンスの融合」が隠されたテーマです。 スーパーチャージャーを搭載 過去から引き継いでいるのは、美しいボクサーツインエンジン。 マニアがクラシックバイクレースに使用していたオリジナル「R5」用をベースに、リビルド&カスタムが施されています。数多くの内燃機パーツを新造しつつ、新たにスーパーチャージ...

カフェレーサー仕様に作られたホンダ「CB550 Four」。日本では「CB400 Four」と「CB750Four」が有名ですが、海外輸出向けにも作られた「CB550 Four」は、少しマイナーな存在かもしれませんね。今回は、そんな「CB550 Four」のカフェレーサースタイルカスタムのご紹介です。   Racing Rose - Bad Winners CB550 Cafe Racer  こちらの「CB550 Four」は、フランスはパリに居を構える「Bad Winners Custom Motorcycles」によってカスタムを施された車両です。バッチリとカフェレーサースタイルとしてカスタムを施されていますね。 「Racing Rose」と名付けられたこちらの車両は、より古典的なアプローチでのカスタムが成されているようです。   ホンダCB550 Fourとは  ホンダ「ドリームCB750…

カフェレーサー仕様に作られたホンダ「CB550 Four」。日本では「CB400 Four」と「CB750Four」が有名ですが、海外輸出向けにも作られた「CB550 Four」は、少しマイナーな存在かもしれませんね。今回は、そんな「CB550 Four」のカフェレーサースタイルカスタムのご紹介です。 Racing Rose - Bad Winners CB550 Cafe Racer こちらの「CB550 Four」は、フランスはパリに居を構える「Bad Winners Custom Motorcycles」によってカスタムを施された車両です。バッチリとカフェレーサースタイルとしてカスタムを施されていますね。 「Racing Rose」と名付けられたこちらの車両は、より古典的なアプローチでのカスタムが成されているようです。 ホンダCB550 Fourとは ホンダ「ドリームCB750…

レーシングイメージのデザインコンセプトモデル CB1100TR CONCEPT CB1100TR CONCEPTは、CB1100をベースに、米国のフラットトラックレースの感動と興奮をイメージしたコンセプトモデル。開発テーマは、「King of Urban Flat Track Circuits」。通常のフラットトラックレーサーのオフロードスタイルとは対極的なイメージを演出し、ピュアなレーシングスピリットとヨーロッパで人気のあるストリートテイストを融合させている。 AFRICA TWIN ENDURO SPORTS CONCEPT アドベンチャーモデルのCRF1000L Africa Twinをベースに、ライダーに新たな可能性を提案するためにデザインしたコンセプトモデル。開発テーマを「Queen of the Off-Road」とし、他の多気筒マシンとは一線を画したコンセプトにしている...

レーシングイメージのデザインコンセプトモデル CB1100TR CONCEPT CB1100TR CONCEPTは、CB1100をベースに、米国のフラットトラックレースの感動と興奮をイメージしたコンセプトモデル。開発テーマは、「King of Urban Flat Track Circuits」。通常のフラットトラックレーサーのオフロードスタイルとは対極的なイメージを演出し、ピュアなレーシングスピリットとヨーロッパで人気のあるストリートテイストを融合させている。 AFRICA TWIN ENDURO SPORTS CONCEPT アドベンチャーモデルのCRF1000L Africa Twinをベースに、ライダーに新たな可能性を提案するためにデザインしたコンセプトモデル。開発テーマを「Queen of the Off-Road」とし、他の多気筒マシンとは一線を画したコンセプトにしている...

ドゥカティのオートバイは高いパフォーマンスで有名だ。そんなイタリアのバイク・メーカーが、ヴェローナで開催された「モーターバイクEXPO 2016」に出展したコンセプトバイク「draXter」は、クルーザーの「Xディアベル」に少し手を加えたらレース用バイクとして完璧な1台になることを示している。このdraX

【ビデオ】ドゥカティ、ドラッグレーサーを意識したコンセプトバイク「draXter」を公開

ドゥカティのオートバイは高いパフォーマンスで有名だ。そんなイタリアのバイク・メーカーが、ヴェローナで開催された「モーターバイクEXPO 2016」に出展したコンセプトバイク「draXter」は、クルーザーの「Xディアベル」に少し手を加えたらレース用バイクとして完璧な1台になることを示している。このdraX

Hondaの新しいオートバイ技術、Riding Assistは商品化こそされていないが、魅力ある技術デモだ。CESで披露されたコンセプトは、低速度での車体バランス維持という経験あるライダーにとっても困難な操作を補助する。

CES 2017:ホンダのRiding Assistはアシモの技術を応用してバイクを安定させる

Hondaの新しいオートバイ技術、Riding Assistは商品化こそされていないが、魅力ある技術デモだ。CESで披露されたコンセプトは、低速度での車体バランス維持という経験あるライダーにとっても困難な操作を補助する。

Pinterest
検索