Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

関連トピックを見てみる

中東鐵路 - Google 搜尋

中東鐵路 - Google 搜尋

Manchukuo National Airways                                                                                                                                                                                 もっと見る

Manchukuo National Airways もっと見る

Uguisu, The Japanese Bush Warbler (Horornis diphone), is an Asian passerine bird more often heard than seen. The Japanese Bush Warbler is a common year-round resident throughout Japan (except Hokkaidō) and northern Philippines. In summer the Japanese Bush Warbler can also be found in Hokkaidō, Manchuria, Korea, and central China. In winter, the bush-warbler can also be found in southern China and Taiwan.

Uguisu, The Japanese Bush Warbler (Horornis diphone), is an Asian passerine bird more often heard than seen. The Japanese Bush Warbler is a common year-round resident throughout Japan (except Hokkaidō) and northern Philippines. In summer the Japanese Bush Warbler can also be found in Hokkaidō, Manchuria, Korea, and central China. In winter, the bush-warbler can also be found in southern China and Taiwan.

寝所のある館から後宮の建物に続く廊下。

寝所のある館から後宮の建物に続く廊下。

乾隆帝の騎馬絵と連れの人。この絵は当時宣教師として中国に着たが、その後長く皇帝に仕えたイタリア人ジョゼッペ・カスティリオーネが描いた有名なものである。もちろんポスターですが、「澹泊敬誠」から「煙波致爽」の館に移るところにあった。

乾隆帝の騎馬絵と連れの人。この絵は当時宣教師として中国に着たが、その後長く皇帝に仕えたイタリア人ジョゼッペ・カスティリオーネが描いた有名なものである。もちろんポスターですが、「澹泊敬誠」から「煙波致爽」の館に移るところにあった。

500_19200794

500_19200794

500_19200793

500_19200793

正殿は皇帝が日常の政務をつかさどるところであった。この建物群は、北京の紫禁城の権威を見せびらかすような趣向がなく、金の瑠璃瓦も、大理石の欄干やベンガラ色の壁もなく、黒いレンガ屋根と楠の色合いといい、実に上品な風情だ。 キンキラ金にしなくても皇帝の権威は保てるというのに。 この殿堂は康熙50年(1711)に建築されたけれど乾隆19年(1754)に楠木で改築されたのだ。

正殿は皇帝が日常の政務をつかさどるところであった。この建物群は、北京の紫禁城の権威を見せびらかすような趣向がなく、金の瑠璃瓦も、大理石の欄干やベンガラ色の壁もなく、黒いレンガ屋根と楠の色合いといい、実に上品な風情だ。 キンキラ金にしなくても皇帝の権威は保てるというのに。 この殿堂は康熙50年(1711)に建築されたけれど乾隆19年(1754)に楠木で改築されたのだ。

「避暑山荘」の扁額のある内午門を通り、この正殿のある四合院式の建築物がある。正宮は楠木殿といわれる。それは楠で建築されていて、楠で建築されているからだ。そして楠は夏になると木の匂いがでて、虫を寄せ付けないのだという。それで建設以来、そのままの建造物として保たれているという。ガイドのリーさんが大きな声で説明してくれた。この中に、紫禁城の大和殿にあるような皇帝の玉座が有る。ビデオで撮って、写真は撮り忘れたみたい。

「避暑山荘」の扁額のある内午門を通り、この正殿のある四合院式の建築物がある。正宮は楠木殿といわれる。それは楠で建築されていて、楠で建築されているからだ。そして楠は夏になると木の匂いがでて、虫を寄せ付けないのだという。それで建設以来、そのままの建造物として保たれているという。ガイドのリーさんが大きな声で説明してくれた。この中に、紫禁城の大和殿にあるような皇帝の玉座が有る。ビデオで撮って、写真は撮り忘れたみたい。

麗正門の山門の額でいいのかな。満州文字(現在は使われていない)、モンゴル語、漢字、チベット語、ウイグル語で書かれている。 清朝が多民族国家であることを示した表示なのだ。これをして清朝の時代から、チベットは中国の領土であるという共産党の言い分は通るわけではない。

麗正門の山門の額でいいのかな。満州文字(現在は使われていない)、モンゴル語、漢字、チベット語、ウイグル語で書かれている。 清朝が多民族国家であることを示した表示なのだ。これをして清朝の時代から、チベットは中国の領土であるという共産党の言い分は通るわけではない。

Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ
Search