Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

関連トピックを見てみる

Kōdō (香道, "Way of Incense")During incense burning, Koshitsu (quality of Ko) of Koboku is likened to flavors, and categorized into the following five kinds: hot, sweet, sour, salty, and bitter.

Kōdō (香道, "Way of Incense")During incense burning, Koshitsu (quality of Ko) of Koboku is likened to flavors, and categorized into the following five kinds: hot, sweet, sour, salty, and bitter.

菖蒲香2013_4

菖蒲香2013_4

香木 銘 紅葉賀(六十一種名香) 「六十一種名香」は、足利義政の命により、香道志野流の始祖である志野宗信が選んだものという。この紅葉賀は、その六十一種に数えられるものの一つ。全体に、細い和紙の帯が一定間隔で巻き付けられて厳重な封となり、中央には、香銘である「紅葉の御賀」と墨書される金箋紙が大きく付され、その横に「木目三百目 亥ノ三月十一日」と重さと計量した日を書いた紙が付されている。貴重な香木の塊が、古来より厳重に管理されていた様が偲ばれる。

香木 銘 紅葉賀(六十一種名香) 「六十一種名香」は、足利義政の命により、香道志野流の始祖である志野宗信が選んだものという。この紅葉賀は、その六十一種に数えられるものの一つ。全体に、細い和紙の帯が一定間隔で巻き付けられて厳重な封となり、中央には、香銘である「紅葉の御賀」と墨書される金箋紙が大きく付され、その横に「木目三百目 亥ノ三月十一日」と重さと計量した日を書いた紙が付されている。貴重な香木の塊が、古来より厳重に管理されていた様が偲ばれる。

Two pieces of fine agarwood. L:24cm, 369g - L:34cm, 792g

Two pieces of fine agarwood. L:24cm, 369g - L:34cm, 792g

#Agarwood or #Oudh is counted among the purest forms of natural Arabian #perfumes

#Agarwood or #Oudh is counted among the purest forms of natural Arabian #perfumes

Kōdō (香道, "Way of Incense")Incense burning is an example of Geido (art), aimed at enjoying incense while meditating in a quiet world away from the pressures of daily life, and to appreciate the fragrance rising from Koboku (fragrant wood) burned ("taku" in Japanese) according to traditional rituals.

Kōdō (香道, "Way of Incense")Incense burning is an example of Geido (art), aimed at enjoying incense while meditating in a quiet world away from the pressures of daily life, and to appreciate the fragrance rising from Koboku (fragrant wood) burned ("taku" in Japanese) according to traditional rituals.

香道用具

香道用具

伽藍石香合 不昧公所持 iga incense case

伽藍石香合 不昧公所持 iga incense case

曜変天目 (中国南宋時代13世紀、建窯、高6.7㎝/口径11.8㎝/底径3.9㎝、根津美術館、重要美術品)。口縁下でわずかに締まり、口縁を端折りにした典型的な天目形の碗である。内箱の蓋表に「曜変」と小堀遠州の筆になる金粉字形の書付があるが、むしろ油滴と分類されるべきとの見方もある。黒いきめの細かい土で丁寧に成形され、漆黒釉が厚く掛けられている。釉は流れれて下方に溜まり、内外ともに片身には斑文が大きく出て、青貝のような輝きと光彩を見せるが、他面には油滴のような斑が細かく一面にあらわれている。この窯中の焼成の変わりめの部分は、青みのある銀色に輝くような釉調を見せ、見込みの茶溜りの部分にも青白みのある斑があらわれている。覆輪はない。天目台は、尼崎台として知られるもので、薄く成形され、黒漆を薄く塗るが、光沢がしっとり美しい。口縁など縁には金属の覆輪を掛け、内側には朱塗で百足のような印が記されている。

曜変天目 (中国南宋時代13世紀、建窯、高6.7㎝/口径11.8㎝/底径3.9㎝、根津美術館、重要美術品)。口縁下でわずかに締まり、口縁を端折りにした典型的な天目形の碗である。内箱の蓋表に「曜変」と小堀遠州の筆になる金粉字形の書付があるが、むしろ油滴と分類されるべきとの見方もある。黒いきめの細かい土で丁寧に成形され、漆黒釉が厚く掛けられている。釉は流れれて下方に溜まり、内外ともに片身には斑文が大きく出て、青貝のような輝きと光彩を見せるが、他面には油滴のような斑が細かく一面にあらわれている。この窯中の焼成の変わりめの部分は、青みのある銀色に輝くような釉調を見せ、見込みの茶溜りの部分にも青白みのある斑があらわれている。覆輪はない。天目台は、尼崎台として知られるもので、薄く成形され、黒漆を薄く塗るが、光沢がしっとり美しい。口縁など縁には金属の覆輪を掛け、内側には朱塗で百足のような印が記されている。

http://www.kogado.co.jp incense shop Tokyo

http://www.kogado.co.jp incense shop Tokyo

Pinterest
検索