Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

sonnyonthebridgefixed

若きマイルス・デイヴィスが情動的なソロを繰り広げるハード・バップ初期の名盤。 セロニアス・モンク、ソニー・ロリンズ、ミルト・ジャクソンらイースト・コーストを代表するオールスターが集合。冒頭のタイトル曲は、マイルスのバックでモンクがピアノを弾かなかったというエピソードを持つ有名な“クリスマス喧嘩セッション”。

サキソフォン・コロッサス(Saxophone Colossus)は、ジャズ・サックス奏者ソニー・ロリンズが、1956年にプレスティッジ・レコードから発表したアルバム。発売直後から英米のメディアで絶賛され、ロリンズの名を一躍広めた。現在もロリンズの代表作に挙げられる。 ロリンズの個性である、温かみのある演奏が存分に発揮された内容で、ジャズ初心者に薦められることの多いアルバム。 自作曲「セント・トーマス」は、カリプソに影響を受けた明るい曲で、タイトルの由来はセント・トーマス島。ロリンズの母方がヴァージン諸島出身ということもあって、ロリンズも幼い頃からカリプソに親しんできたという。その後長きに渡って、コンサートの重要なレパートリーとなり、2005年に行われた最後の日本公演でも演奏された。また、ケニー・ドリュー、ジム・ホール、寺井尚子等、多くのアーティストにカバーされている。ロリンズ自身も、1964年のスタジオ録音アルバム『ナウズ・ザ・タイム』でセルフカバーした。

Sonny_Rollins ソニー・ロリンズ

おはようございます。 今日9/7はソニー・ロリンズの誕生日。 今朝の一曲は「My One and Only Love」、この曲をテナーサックスでバラード演奏するのはコルトレーンのが有名ですが、ソニー・ロリンズの演奏もまた味がありますね。演奏の最後の方のアドリブでは別曲のフレーズもちょっとはさんだりして楽しく吹いています。

「サキソフォン・コロッサス」ソニー・ロリンズ

Sonny Rollins - Road Shows - Volume 3

I've Told Ev'ry Little Star - YouTube