Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

銘「高麗井戸」 尾張徳川家伝来 徳川美術館蔵 高さ8.9cm 口径14.9cm 高台径5.6~5.8cm

信楽茶碗 銘「初時雨」  桃山時代の茶会記には信楽茶碗の記載が多く見られるが、信楽焼の茶碗そのものの遺品は少ない。この茶碗は、塗り土をして焼成したもので、暗い紫褐色に焼き上がっているが、胴から高台にかけての一部に赤みを帯びた朽葉色の灰釉がかかり、この景色から初時雨という銘がつけられている。作行きは美濃焼を思わせる半筒形で、口部を三角形にゆがめ、さらに胴の一方にくびれをつけ、大振りのがっしりとした高台をつけている。胴回りや高台内の箆使いも手慣れており、口縁はわずかに内側に抱えられている。広々とした見込みをもつ、豪快で侘びた茶碗である。内箱蓋表に金粉字形で「志からき 初時雨」と記されている。 時代 桃山時代(16世紀~17世紀初期) サイズ 高8.8 口径13.0×11.9 高台径7.0×6.3

wooden scoop for tea ceremony by kozan-japan

井戸茶碗 銘 奈良 - 出光コレクション - 出光美術館 朝鮮 朝鮮王朝時代 大ぶりで素直な姿をもつ井戸茶碗で、なだらかに立ち上がりながら、胴にわずかなふくらみを含んでいる。裾には一段の削りをめぐらせ、高台がつく。灰褐色の粗い土の上からかかる灰白釉は、裾から高台にかけて、梅皮花(かいらぎ)と呼ばれる釉の縮みを生じており、井戸茶碗独特の、変化に富んだ質感をあらわす。釉色は落ち着いた紅茶色で、高台畳付は、釉がかからず露胎となっている。

imari ware / ca.1700 hand-painted design of rain

銘「常夏」 松平不昧伝来 個人蔵 高さ8.5~8.8cm 口径14.8cm 高台径5.1~5.3cm

銘「毛利」 毛利家伝来 出光美術館蔵 高さ8.5~9.1cm 口径14.5~14.8cm 高台径5.3cm

Tea bowl, possibly Karatsu ware early 17th century Edo period Stoneware clay with ash glaze; gold lacquer repairs H: 5.8 W: 18.0 D: 18.0 cm Matsue, Japan

銘「大高麗」 安宅冬康、尾張徳川家伝来 徳川美術館蔵 高さ8.5~9.0cm 口径15.0cm 高台径6.3cm

長次郎 黒楽茶碗 銘 あやめ MOA美術館蔵