Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

別名「春の妖精」。 これはカタクリの花。 「春の妖精」というおしゃれな別名は、春先に花が咲き、夏まで葉をつけた後、地下で過ごす草花のことを指します。カタクリの他にはニリンソウなども当たります。 淡い紫色の花びらが直立する珍しい形が特徴です。種子にエライオソームというアリが大好きな物質が付いていて、それをアリに運ばせて生育エリアを広げる賢いやつ。 2014年5月撮影

サルトリイバラ イバラが生えているので近くを通ると服に絡み付いて、ちょっぴり痛い。赤い果実は遠目に見ると山のさくらんぼの様に可愛らしい。果実を見れるのは4月から5月頃まで。2014年4月撮影 台温泉の登山コースにあり。

「クロモジの花」 4月は枝のみでしたが、5月に黄色い花を咲かせました。 枝は料亭の高級楊枝の材料となるもので、 さわやかで品の良い香りがします。 2014年5月撮影

「マキノスミレ」 小さな紫の花がかわいらしい。 他のスミレと違い、細長い三角形状の葉っぱをつけるのが特徴。 台温泉の山では数が少ない上、花も小さいので見落としがちです。 見つけることができて幸運でした。 2014年5月撮影

「クロマメノキ」 わかりずらい写真ですいません。 真ん中にある赤茶に染まった葉っぱがクロマメノキです。 岩手県では環境省の純絶滅危惧種に相当する Cランクに指定されている貴重な植物です。 6月から7月に白いお花をつけます。お花もきれいですが、 見ていただきたいのブルーベリーのような黒い実。 果実がぎゅぎゅっとつまった実を食べる事ができます。 初夏にまた楽しみが増えました。 台温泉登山コースにて、2014年5月撮影。

たまたま出会った「赤いやつ」。老木に住む赤ダニです。 普段は私にとって害虫ですが、山の中で会うと嫌いになれない妙な気分です。 赤い点が新緑の山の中で非常に目立ち、つい目で追ってしまいました。 接写して何とかカメラにおさめました。 2014年5月撮影

ギンリョウソウ。漢字で「銀竜草」。白い植物で、山の中で非常に目立ちます。色素が無いので、光合成をせず栄養を菌類から得ることで生きています。別名ユウレイダケ、ちょっぴりこわい。 2014年5月撮影。

「イカリソウ」 形が船のイカリに似ているから「イカリソウ」。 特徴的な形なので、山の中でけっこう目立ちます。 精力剤として有名でバイアグラと似た効果があります。由来は、羊がこれを食べて精力絶倫になったという伝説から。 2014年5月撮影

オオカメノキ 漢字で書くと「大亀の木」。 葉っぱの形が亀の甲羅に似ているため、と言われます。 別名は「ムシカリ」。 虫によく食べられるから、と言われていますが、 今年は虫が少ないようで、葉っぱはきれいでした。 夏にかわいい赤い実をつけます。 2014年5月撮影

山菜でおなじみの「ふき」。 原生しているのを上から見るとこんな感じ。 葉が大きく、葉っぱの形が緑の扇のようでおもしろい。 台温泉の登山コースで見つけました。近年では山野に自生するふきは少ないらしく、けっこう貴重。 2014年5月撮影