Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

Hotel Anteroom Kyoto (ホテル アンテルーム 京都)

ビジネスホテルと言ったら失礼だな

2016年4月16日「よってたかって春らくご ’16」夜の部: 柳家三三「元犬」こんな犬のネタがあったなんて知らなかった! 人間になったシロ、かわいかったよ。 ​三遊亭兼好「締め込み」泥棒ネタということで刑務所を話題にしたマクラもよかった! 柳亭市馬「粗忽の使者」お尻をつねって忘れたことを思い出せるという発想自体が落語ワールド…。 ​柳家喬太郎「へっつい幽霊」喬太郎を生で初鑑賞。TVよりさらにうるさかったけど(笑)幽霊登場の場面、大盛り上がり! 幽霊の愛嬌もよかった。 ---Miki

丸井で今日の志の輔の「ディア ファミリー」に遭遇! ---Miki

2015年9月28日 赤坂ACTシアタープロデュース 恒例「志の輔らくご」 [第一部]大忠臣蔵~仮名手本忠臣蔵のすべて~:「中村仲蔵」を聴く前に全十一段を指南![第二部]落語 中村仲蔵:もともと好きなネタですが、またもや志の輔ならではの切り口で「おお、こんな『中村仲蔵』も!」と堪能しました。---Miki

2016年8月5日 月例 三三独演「嶋鵆沖白浪(しまちどりおきつしらなみ)三、四」柳家三三 @イイノホール 6カ月連続口演の第2回。今回登場した三日月小僧が初回とうまく繋がっていて、長編噺でも構成がきちんとしてるなと思わせます。前回から引き続きの喜三郎、今回からは三日月小僧やずる賢い住職など登場人物がどんどん増えていくのですが、三三さんの演じ分けお見事です! 次回も楽しみ (*^^*) ---Miki

2016年5月27日「三三と一之輔」(渋谷文化センター大和田 さくらホール):「魚屋本多」すごかった! 殿様が過去の戦に出陣していたことを打ち明ける場面、またもや三三さんの講談調の話芸で妙技を目にすることができました。---Miki

立川談春独演会:​2016年3月30日 大宮ソニックシティ・小ホール 「前座代わりに…さっき3分ほど稽古したんですけどね」と言いながら、今の季節ということで​「長屋の花見」を演ってくれました ( ´ ▽ ` )ノ ---Miki

2015年11月21日「談志まつり 2015」有楽町よみうりホール 生志:車夫がかっ飛ばしてる場面、自分も人力車に乗ってるスリルを味わえました。志の輔:勤続30年の記念品を巡る家族の騒動。押入れに詰め込んだ品々の説明がいちいち面白い! 談四楼→米朝リスペクト、龍志→志ん朝リスペクト、志の輔→新作。…はて、今日は誰のための落語会?(笑)---Miki

立川談春独演会:​大宮ソニックシティ ​「かぼちゃ屋」 柳家三三のを観たことがあったので、与太郎ワールド炸裂のこのネタも噺家の違いを楽しめました (*´-`) 「蒟蒻問答」 これも他の噺家で観たことありましたが、今日は問答以外のところでも話芸の見せどころを再発見できました! 他にも「下町ロケット」の四方山話や鶴瓶さんの話も楽しかった! 柳昇の弟子と談志の弟子とたけしの弟子をまとめないといけない阿部寛は確かに大変だ〜。 鶴瓶の会なのに志の輔は「バールのようなもの」「中村仲蔵」をぶつけ、それを知った談春が「文七元結」で対抗する立川流は品がない(笑)。 埼玉育ちの談春「志の輔兄さんは大宮と戸田と蕨と浦和の区別が付かないんですね。その代わりこっちも福井と富山の区別が…(談春の希望により以下略)」という埼玉ならではの話も聴けました。---Miki

2016年5月18日 柳家三三 独演会「春」なかのZERO・小ホール:「万両婿」よかった! 古典落語って本当によくできてるなあ、と思わせる話の展開。そしてもちろん三三ならではのうまさが話を引き立ててくれました。遺体確認はしっかりやろう(笑)。---Miki