Tunic [Probably from Panopolis (Ahkmim), Egypt] (26.9.8) | Heilbrunn Timeline of Art History | The Metropolitan Museum of Art black and white tunic for Hans

Child's Dress Object Name: Fragment Date: 660–880 AD Geography: Egypt, Akhmim Medium: Plain weave in red wool (dyed with madder); applied borders with pattern weft in blue and red wool and undyed linen Dimensions: Overall including sleeves: H. 20 1/2 in. (52.1 cm) W. 25 9/16 in. (64.9 cm) Classification: Textiles Credit Line: Gift of George F. Baker, 1890 Accession Number: 90.5.174

Late 16 c. kaftan of Sultan Ahmet I

Yuzen kimono by National Living Treasure of Japan, Uzan KIMURA (1891~1977)

Natural linen and wool Coptic child's tunic w/ Greco-Roman tunic band fragment. 300-700 A.D.

- 陣羽織(じんばおり) - 陣羽織は、戦国時代より戦場において、武将が鎧(よろい)の上にコートのように着用したものです。防寒、雨具という目的のほかに、戦場での武将の所在や活躍ぶりをアピールし、さらに、死を誇り高く見せるという演出も加わって、次第に、奇抜なそして大胆なデザインになっていきました。素材も、麻地や渋紙(しぶかみ)をつなぎあわせた紙衣(かみこ)という簡素なものから、羅紗(らしゃ)や緞子(どんす)、毛織物といった高級な生地になっていきました。白河藩主阿部家には4点の陣羽織が伝来していますが、ここでは2点をご紹介しましょう。 「茶羅紗地陣羽織」(ちゃらしゃじじんばおり)は、阿部家藩祖忠秋の父忠吉が着用したものですが、もとは、遠江囲(とおとうみのくに)横須賀城主であった、忠吉の妻の父・大須賀康高(1528~88)のもので、桃山時代のものです。形は、腰部から切り替えられてギャザーが付けられ、襟(えり)や袖(そで)ぐり、裾(すそ)、腰部の切り替えに銀糸の飾りが付けられた、全国的にも類例の少ない南蛮模様の形態をした貴重な陣羽織です。 「樺色羅紗地水玉文様陣羽織」

16th century, Italy

Mask of Senu

Textile Fragment Depicting a Male Figure under an Arch. 11-12th Century, Egypt. Tapestry weave in polychrome sild and undyed linen. This artwork is part of Byzantium and Islam: Age of Transition, at the Metropolitan Museum of Art through July 8, 2012.

lumieredesroses: “ Photographe anonyme - Japon, 1954 Courtesy Galerie Lumiere des roses http://lumieredesroses.com/ ”

Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ
Search