Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

片脚スクワット前後移動  片脚スクワットでしゃがみこんだ、もしくはパワーポジション(→パワーポジションとは)から、両脚を入れ替えて前方にステップしてみよう。着地の同時に体幹安定・バランスをくずさずピタッ、と静止できるか?! わずか30センチほどでも予想以上に難しいはずだ。後ろ、左右にもやってみよう。うまく止まれるようになったら距離を増やしていこう。さらに合図者の手の方向指示に反応し前後左右斜めに連続ステップ、というトレーニングや、片脚スクワット回転着地右のように90度ずつ回転して着地もやってみよう。さらには120度、180度、360度もやってみよう。

片脚スクワット前後移動 片脚スクワットでしゃがみこんだ、もしくはパワーポジション(→パワーポジションとは)から、両脚を入れ替えて前方にステップしてみよう。着地の同時に体幹安定・バランスをくずさずピタッ、と静止できるか?! わずか30センチほどでも予想以上に難しいはずだ。後ろ、左右にもやってみよう。うまく止まれるようになったら距離を増やしていこう。さらに合図者の手の方向指示に反応し前後左右斜めに連続ステップ、というトレーニングや、片脚スクワット回転着地右のように90度ずつ回転して着地もやってみよう。さらには120度、180度、360度もやってみよう。

股関節ストレッチ

股関節ストレッチ

最後は、小殿筋を意識して動いてみて下さい。  お尻の表面ではなく、奥を意識して動いてみましょう。  股関節を骨盤側に引き付けるように動くと、小殿筋を感じ取りやすくなると思います。

最後は、小殿筋を意識して動いてみて下さい。 お尻の表面ではなく、奥を意識して動いてみましょう。 股関節を骨盤側に引き付けるように動くと、小殿筋を感じ取りやすくなると思います。

骨格 筋肉 全身 女性 - Google 検索

骨格 筋肉 全身 女性 - Google 検索

コアトレーニング~体幹ハンドウォーク   一見すると腕力をつける筋トレのようだが、ここで重要なのは体幹、つまり腹部の筋肉を緊張させるように意識すること。腹筋群をしっかり締めつけなければ、上半身が下がってしまう。体幹をぐっと締めて固定し、腕で上半身を軽く前に運ぶ感覚で動作するようにしよう。

コアトレーニング~体幹ハンドウォーク 一見すると腕力をつける筋トレのようだが、ここで重要なのは体幹、つまり腹部の筋肉を緊張させるように意識すること。腹筋群をしっかり締めつけなければ、上半身が下がってしまう。体幹をぐっと締めて固定し、腕で上半身を軽く前に運ぶ感覚で動作するようにしよう。

★おしりを突き出すように骨盤を前傾 ★大殿筋(大臀筋)とハムストリングス(太ももの裏の筋肉)をストレッチ ★左右の肩甲骨をぐっとよせて胸をはる ★歩幅は肩幅か足一つ分くらい広めが基本 ★つま先の方向をヒザの向きと同じになるようにする ★息を吐きながら上げ吸いながらゆっくり下ろす! ★大殿筋(大臀筋)とハムストリングスをしっかりストレッチさせるよう意識 ★ヒザの前後に動く幅を小さくし、できるだけつま先より前にださない スクワットの姿勢ポイント 「おしりを突き出す」もしくは椅子に腰掛けるように意識し骨盤を少し前傾させて背中をまっすぐのばす 背中が丸まらないよう肩甲骨をよせて胸を張る。 股関節を中心に肩甲骨から膝まで体幹部分のコントロールをマスターするのがこのスクワットなのです

★おしりを突き出すように骨盤を前傾 ★大殿筋(大臀筋)とハムストリングス(太ももの裏の筋肉)をストレッチ ★左右の肩甲骨をぐっとよせて胸をはる ★歩幅は肩幅か足一つ分くらい広めが基本 ★つま先の方向をヒザの向きと同じになるようにする ★息を吐きながら上げ吸いながらゆっくり下ろす! ★大殿筋(大臀筋)とハムストリングスをしっかりストレッチさせるよう意識 ★ヒザの前後に動く幅を小さくし、できるだけつま先より前にださない スクワットの姿勢ポイント 「おしりを突き出す」もしくは椅子に腰掛けるように意識し骨盤を少し前傾させて背中をまっすぐのばす 背中が丸まらないよう肩甲骨をよせて胸を張る。 股関節を中心に肩甲骨から膝まで体幹部分のコントロールをマスターするのがこのスクワットなのです

バランスディスク ワンレッグバヒップリフト

バランスディスク ワンレッグバヒップリフト

きゅっと上がった美尻が欲しい♡ヒップアップエクササイズ|MERY [メリー]

きゅっと上がった美尻が欲しい♡ヒップアップエクササイズ|MERY [メリー]

リバースバックエクステンション  上体をベンチなどに固定して、脚の方の上げ下げ=リバースバックエクステンションをやってみよう。より大殿筋とハムストリングスが強調され背筋ではなく股関節筋のトレーニングに近くなりますが、脚がぶれないように安定して上下させるには背筋だけではなく上体=体幹全体の筋肉を使ってしっかり固定させないと上手く脚をコントロールできません。レッグレイズ(脚上げ腹筋)と同様、四肢(四本の手足)を動かすには体幹の安定性が重要だということが気づかされます。脚を固定しての通常のバックエクステンションでも体幹の安定性がなければ股関節をスムーズに動かす事はできません。どちらも体幹トレーニングとしてもチャレンジしてみよう。

リバースバックエクステンション 上体をベンチなどに固定して、脚の方の上げ下げ=リバースバックエクステンションをやってみよう。より大殿筋とハムストリングスが強調され背筋ではなく股関節筋のトレーニングに近くなりますが、脚がぶれないように安定して上下させるには背筋だけではなく上体=体幹全体の筋肉を使ってしっかり固定させないと上手く脚をコントロールできません。レッグレイズ(脚上げ腹筋)と同様、四肢(四本の手足)を動かすには体幹の安定性が重要だということが気づかされます。脚を固定しての通常のバックエクステンションでも体幹の安定性がなければ股関節をスムーズに動かす事はできません。どちらも体幹トレーニングとしてもチャレンジしてみよう。

夏までに絶対お腹を凹ませたい人必見!即効性のある腹筋トレ9選|All About(オールアバウト)

絶対にお腹を凹ませたい人必見!即効性のある腹筋トレ9選

夏までに絶対お腹を凹ませたい人必見!即効性のある腹筋トレ9選|All About(オールアバウト)

Pinterest
検索