Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

安与ビル。 . 八角形の箱が、 回転しながら積み重なっているような、 かなり不思議なかたちをしています。 . その上、 大きな駅のすぐ隣に建っていることを思うと、 相当に人目を惹いてしまいそうなものです。 . それが実際に観てみると、 意外と街中に馴染んでいるように思いました。 . そのかたちに注目して、 足を止めたりする人も少ないみたい。 . 1968年の完成なので、 もう50年近く経っています。 . その年月のせいで、 もうすっかり街並に溶け込んでしまった、 ということなのでしょう...

同潤会白河アパート

これ、駅です。 . 内部にも触手が伸びています。 . 謎の生物が街に取り憑いて、 地下にまで触手を伸ばす、 なんていう感じのストーリーなのでしょうか。 . 何度観ても、 とても現実の景色とは思えない。 . でも、すでに、
なんとなく馴染んでもいるみたいで、 気に留めている人もあまりいないみたい。 . これだけの造形力があってはじめて、 こうした異形であっても、 街の一部として認知されるようになるのか、 それとも、 東京のような街では、 そもそも、どんな建築でもアリ、...

大丸心斎橋店 / ヴォーリズ

同潤会上野下アパートメント。 . この同潤会アパートをつくった、 財団法人同潤会というのは、 1923年(大正12年)に、東京を襲った、 関東大震災の直後に、 都市と住まいを復興するためにつくられた組織です。 . 各地から寄せられた義捐金の交付を受けて設立され、 住宅供給により、罹災者の生活再建を含めた、 広い意味の社会政策の遂行を使命とする、 高い理想をもってスタートしました。 . そして、 近代建築の名作とでも言えるような、 個性的なアパートを数多く、つくり出していきます。 . そんな...

旧林愛作邸。. 元・帝国ホテルの支配人、林愛作は、ホテルの新館を建築するために、巨匠フランク・ロイド・ライトを、日本に連れてきた人です。. この帝国ホテルの建築は、いろいろと有名なドラマがある、大変な難工事だったようです。. 工事費は膨らみ、工期は遅れに遅れる中、最後までライトを庇い続けたという林愛作は、ライトの建築の、日本における最大の理解者だった、ということなのかもしれません。. そして、この林愛作邸も、勿論、ライトによる設計なのだそうです。. 日本に、ほんの数件しか存在しない、ライトの建築ということになります。. また、北米大陸以外では、日本にしか、ライトの作品は存在しない、ということらしいので、林とライトの歴史的なドラマ性だけではなく、その希少性から言っても、立派な文化財という感じがしてしまいます。. そんなわけで、現在、私有地のため、立ち入り禁止で、見学が出来ないような状態になっていますが、将来いつの日か、キレイに整備をして、誰でも観られるようにしてもらいたいものだ、と思いました。. 何と言っても、人類共有の財産ですから…。. といったような言い訳をしつ...

山口貯水池(狭山湖)は、 水の中に建つ取水塔が、 とても雰囲気があって、よいのですが、 そのそばに建つ管理事務所の方も、
気になります。 . 誰が設計をしたのか、わからないのですが、 曲線を用いた、真っ白い船のような、 モダニズム建築。 . また、 湖の側から観てみると、 どこか洋館の風情もあるような感じ。 . 出来たのは、 1933年(昭和8年)だそうです。 . ...

イタリアの建築家、アルド・ロッシが、 基本設計を手掛けた、 日本で最初の建築。 . ホテル・イル・パラッツォ。 . 私は、 これ以前のアルド・ロッシの建築をまとめた作品集を、 持っていたのですが、 そこで観ていた建築はすべて、 安価な材料を用いたものばかりでした。 . そのため、 赤いトラバーチン(大理石の一種)を身に纏った、 ド派手な建築で、日本に登場したことに、 当時、大変ビックリしました。 . この高価な石を選んだ理由を聞いてみると。 . このイラン産の赤いトラバーチンは...

すべて、 直方体の組み合わせによって、 構成されています。 . そのようなコンセプトが、 普通の家のように、 単純に、壁面に窓が付いている、 というようなことを許さないのでしょう。 . 1階の窓は、すべて、軒いっぱいまであり、 2階の窓は、すべて、 壁面から引っ込めるようなかたちで、おさめてあります。 . コンセプトは、 内部にも徹底されていました。 (写真にはありませんが) . ギリギリまで削いで、 空間だけを残した、という感じの内部は、 切れ味鋭く、緊張感があって、 外観よりも、もっと...