Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

「コンバート」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?元々のポジションから違うポジションに配置されることを言いますが、時としてコンバートされたポジションの方が適正があったということもあるくらいです。CBからFW、SBからCBへ、ボランチからトップ下へ・・・等、色々なパターンのコンバートが存在します。日本サッカー界における有名コンバートを紹介します。

ロシアW杯アジア最終予選を1勝1敗で3位につけている日本代表。 初戦のUAE代表戦に負けたことでW杯の出場できないという状況も視野に入ってきました。基本はブラジルW杯の時のメンバーをそのまま受け継いでいる変わり映えのないメンバーなので新戦力を試した方が良いという意見もありますし、私も同意します。 ここ数年、日本のエースとしてチームを引っ張ってきた本田圭佑。所属クラブのACミランでポジションを確保できない状態が続きます。改めてもう一度、本田圭佑のベストポジションはどこか考えて見ましょう。

日本人選手で世界的に通用している選手は攻撃的MF、中盤に多いですがその他のポジションで世界的に活躍している選手はあまり思い当たらないのが現状です。特に人材不足と言われるセンターバック(以下CB)は吉田麻也が本格的に世界に飛び出した以外には未だ出てきていません。元日本代表、G大阪からザルツブルク(オーストリア)に移籍した宮本恒靖がCBの海外挑戦を切り開いた感じはありましたが、レギュラーとして定着した印象はありませんでした。そんなCBに必要な要素、なぜ日本で優秀なCBが育たないのか検証してみましょう。

先日、日本代表で浦和レッズ所属のDF、槙野智章が「サンフレッチェ広島もペドロビッチ監督が示した方向性でサッカーをしている。浦和と広島が今シーズンのJリーグで勝ち点歴代最多に迫れば、日本人にどんなサッカーが合っているかを自ずと示すことになる。」という主旨のコメントをしました。国内リーグの強豪クラブの戦い方を代表が踏襲することは傾向として多いかもしれませんが、日本代表にそれが当てはまるのでしょうか?日本代表はどこを目指せばいいのか、槙野智章のコメントを参考に考えたいと思います。

日本女子サッカー日本代表なでしこJAPANが韓国代表に引き分けたことでリオ五輪への自力出場が消滅しました。そんな中、TVを見ていてふと思ったことがあります。「・・・何か違和感を感じる。」女子サッカーを見ていると突然現れるこの不思議な感覚。サッカーをやったことのない人にはわからないかもしれない男子サッカー経験者が見る女子サッカーを見る目について書いていきます。

今季序盤からの不振が続くチェルシー(イングランド)。不振から脱却する事なく、2015年12月17日にジョゼ・モウリーニョ監督が解任(相互同意の契約解消)されました。後任として今季...

Ucchi in Germany@内田篤人とサッカー日本代表応援ブログ

FC Barcelona - Dangerous trio - Messi, Suarez and Neymar

ピンもと:Twitter

マルコロイスの私服コーデまとめ on

マルコ・ロイスのコーディネート PUMAのポロシャツにジーンズ #サッカー