Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

関連トピックを見てみる

Hands on Hips - 以下に並べられたモチーフの最終形は、カンキリ、アデナ、カイセリ、アンタルヤ、ニーデのキリムにみることができます。

Hands on Hips - 以下に並べられたモチーフの最終形は、カンキリ、アデナ、カイセリ、アンタルヤ、ニーデのキリムにみることができます。

Dragon - 龍はライオンのような足、蛇のような尻尾、そして翼を持った神話上の生き物です。中央アジアのトルコ人は龍を、くちばし、羽、ライオンの足で表現しました。龍は空気と水を自由に操ります。龍と不死鳥の戦いが、春の豊穣の雨をもたらすと信じられています。龍は大きな蛇で、生命の木など財宝や秘密を守るものと信じられています。長い間人々は、月の満ち欠けは龍が原因だと信じてきました。

Dragon - 龍はライオンのような足、蛇のような尻尾、そして翼を持った神話上の生き物です。中央アジアのトルコ人は龍を、くちばし、羽、ライオンの足で表現しました。龍は空気と水を自由に操ります。龍と不死鳥の戦いが、春の豊穣の雨をもたらすと信じられています。龍は大きな蛇で、生命の木など財宝や秘密を守るものと信じられています。長い間人々は、月の満ち欠けは龍が原因だと信じてきました。

Hand, Finger, Comb - 片手の指の数、5が、邪悪な眼からのお守りとして使用されています。アナトリアでは、豊穣と母性の概念は、誕生と非常に近い意味があります。この関係はキュベレーや処女マリアにその源をみることができます。イスラム教時代、「マザーファトマ」や「マザーファディメ」の名前で象徴化されていました。「マザーファディメの手」と呼ばれるモチーフはアナトリアの織物で幅広く使われています。手のモチーフは、魔力や邪悪な眼に対抗するものとして使用されています。同様のモチーフがカタルヒュユクの祭壇の壁から、ハチラーから見つかった鉢にあり、この模様がかなり前から使用されていたことがわかります。櫛のモチーフは、主に結婚と出産に関係しています。結婚願望を表し、また邪悪な眼から誕生を結婚を守るために使用されます。

Hand, Finger, Comb - 片手の指の数、5が、邪悪な眼からのお守りとして使用されています。アナトリアでは、豊穣と母性の概念は、誕生と非常に近い意味があります。この関係はキュベレーや処女マリアにその源をみることができます。イスラム教時代、「マザーファトマ」や「マザーファディメ」の名前で象徴化されていました。「マザーファディメの手」と呼ばれるモチーフはアナトリアの織物で幅広く使われています。手のモチーフは、魔力や邪悪な眼に対抗するものとして使用されています。同様のモチーフがカタルヒュユクの祭壇の壁から、ハチラーから見つかった鉢にあり、この模様がかなり前から使用されていたことがわかります。櫛のモチーフは、主に結婚と出産に関係しています。結婚願望を表し、また邪悪な眼から誕生を結婚を守るために使用されます。

Family Signs - 歴史上、トルコ人は特定の印を家紋として使用してきました。家紋は墓のほか、織物にも使用されました。 ムガール人の歴史家レジドゥチンの著書「Cami-ut Tevarih」と、カスガリ・ムハマトの残した辞書「Divanu Lugat-it-Turk」に、オウズ族のそれぞれの部族が異なる紋章を持っていることが記載されています。この家紋に非常に似た紋章がついた織物がたくさんあるので、これらの部族はアナトリアに移民した後もこれらの紋章を使い続けたに違いありません。「Divanu Lugat-it-Turk」に記載されているオウズのカイ、サルール、バグダズ、バヤット、アブサール、ヤジール、ウードゥル、アイミール、アラユンル、べシーン、カブルダール、セプニ部族の紋章は、以下の通りです。

Family Signs - 歴史上、トルコ人は特定の印を家紋として使用してきました。家紋は墓のほか、織物にも使用されました。 ムガール人の歴史家レジドゥチンの著書「Cami-ut Tevarih」と、カスガリ・ムハマトの残した辞書「Divanu Lugat-it-Turk」に、オウズ族のそれぞれの部族が異なる紋章を持っていることが記載されています。この家紋に非常に似た紋章がついた織物がたくさんあるので、これらの部族はアナトリアに移民した後もこれらの紋章を使い続けたに違いありません。「Divanu Lugat-it-Turk」に記載されているオウズのカイ、サルール、バグダズ、バヤット、アブサール、ヤジール、ウードゥル、アイミール、アラユンル、べシーン、カブルダール、セプニ部族の紋章は、以下の通りです。

Hands on Hips -  基本的なデザインでは女性ですが、このパターンは、アナトリアではさまざまな名前で呼ばれています。例えばジェリン・キズ、コククル・キズ、アマン・キズ、カラドセメ、セレセール、カークル・キズ、センゲル、サルマール、カクマクリ、イゲル・カシ、ツルナ・カタリという名前がそうです。これらは母性と豊穣の象徴です。このモチーフの始まりはアンカラ近くのアハラチベルで紀元前3000年の母なる神の像に遡ります。ここに織物のモチーフと使用されたさまざまな形を掲載します。

Hands on Hips - 基本的なデザインでは女性ですが、このパターンは、アナトリアではさまざまな名前で呼ばれています。例えばジェリン・キズ、コククル・キズ、アマン・キズ、カラドセメ、セレセール、カークル・キズ、センゲル、サルマール、カクマクリ、イゲル・カシ、ツルナ・カタリという名前がそうです。これらは母性と豊穣の象徴です。このモチーフの始まりはアンカラ近くのアハラチベルで紀元前3000年の母なる神の像に遡ります。ここに織物のモチーフと使用されたさまざまな形を掲載します。

Hair Band - アナトリアの女性はさまざまな感情を髪型で表現します。新妻は、髪を編み、「ベリック」と呼ばれるさまざまな色の髪飾りを結びます。ヘアバンドのモチーフは結婚願望を表します。女性が自らの髪の毛を織物に使用するときは、不死への願いを表しています。 ヘアバンドは通常、結婚式の花嫁の装飾として使用されます。ヘアバンドは黒い紐、毛糸、二重により合わせた絹糸、馬の尻尾、ビーズ、貝殻、金色の糸、珊瑚を使用します。

Hair Band - アナトリアの女性はさまざまな感情を髪型で表現します。新妻は、髪を編み、「ベリック」と呼ばれるさまざまな色の髪飾りを結びます。ヘアバンドのモチーフは結婚願望を表します。女性が自らの髪の毛を織物に使用するときは、不死への願いを表しています。 ヘアバンドは通常、結婚式の花嫁の装飾として使用されます。ヘアバンドは黒い紐、毛糸、二重により合わせた絹糸、馬の尻尾、ビーズ、貝殻、金色の糸、珊瑚を使用します。

Scorpion -  毒を恐れ、人々はさそりから身を守るためにさそりの形の宝石か、さそりの尻尾の装飾品を持ち歩きました。下のような織物に使用されたさそりのモチーフは同じ目的で使用されました。

Scorpion - 毒を恐れ、人々はさそりから身を守るためにさそりの形の宝石か、さそりの尻尾の装飾品を持ち歩きました。下のような織物に使用されたさそりのモチーフは同じ目的で使用されました。

Ram’s Horn - このモチーフは、豊穣、英雄的行為、力、男らしさの象徴として使われています。またこれらはボイヌズル・ヤニス、ボイヌズル、コクル・ヤニス、ゴズル・コク・バシとも呼ばれています。アフヨン産のキリム、アルダハンカルス産のキリム、アドゥヤマン産のジジムヘイベ、オルターカンキリ産のキリム、エラズー産のキリム、ミラス-ムーラ産の敷物、コンヤ産のキリム、カフラマンマラシュ産のキリムといったいくつかの例を下に掲載しました。

Ram’s Horn - このモチーフは、豊穣、英雄的行為、力、男らしさの象徴として使われています。またこれらはボイヌズル・ヤニス、ボイヌズル、コクル・ヤニス、ゴズル・コク・バシとも呼ばれています。アフヨン産のキリム、アルダハンカルス産のキリム、アドゥヤマン産のジジムヘイベ、オルターカンキリ産のキリム、エラズー産のキリム、ミラス-ムーラ産の敷物、コンヤ産のキリム、カフラマンマラシュ産のキリムといったいくつかの例を下に掲載しました。

Fetter - 足かせは、馬の前足を拘束し、逃げないようにするものです。それぞれの足かせは、60cmの鎖でつながれています。これらは「コステック」と呼ばれます。 アナトリアの織り手の間では、これらは家族の絆や、恋人たちの強い愛情を示し、いつも一緒にいられるようにという祈りが込められています。

Fetter - 足かせは、馬の前足を拘束し、逃げないようにするものです。それぞれの足かせは、60cmの鎖でつながれています。これらは「コステック」と呼ばれます。 アナトリアの織り手の間では、これらは家族の絆や、恋人たちの強い愛情を示し、いつも一緒にいられるようにという祈りが込められています。

Love and Unison, Ying-Yang -  これは、男女の調和を示唆する極東からアナトリアに伝わった二元論のシンボルです。 このモチーフは2色の反対色の組み合わせから構成されており、片方の色の点が、もう一方の色に混じり込むことで、完全に純粋な、誤りのないものはないことを表しています。アナトリア文化によると、数の2は、再生と豊穣を示唆しています。 アナトリアの織物に使用されるさまざまな「イランイラン」モチーフは下記の通りです。

Love and Unison, Ying-Yang - これは、男女の調和を示唆する極東からアナトリアに伝わった二元論のシンボルです。 このモチーフは2色の反対色の組み合わせから構成されており、片方の色の点が、もう一方の色に混じり込むことで、完全に純粋な、誤りのないものはないことを表しています。アナトリア文化によると、数の2は、再生と豊穣を示唆しています。 アナトリアの織物に使用されるさまざまな「イランイラン」モチーフは下記の通りです。

Pinterest
検索