Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

Vietnam. H. 7.3, D. 36.3, bottom D. 22.5. 15th-16th century

Vietnam. H. 7.3, D. 36.3, bottom D. 22.5. 15th-16th century

朝鮮半島の陶磁 - 所蔵品|日本民藝館 大井戸茶碗 銘「山伏」朝鮮時代16世紀

朝鮮半島の陶磁 - 所蔵品|日本民藝館 大井戸茶碗 銘「山伏」朝鮮時代16世紀

三島茶碗 銘 三島桶  高麗象嵌青磁で、三島茶碗の原型。【朝鮮王朝時代 16世紀】

三島茶碗 銘 三島桶 高麗象嵌青磁で、三島茶碗の原型。【朝鮮王朝時代 16世紀】

瀬戸褐釉肩衝茶入 渋紙手 銘山桜 中興名物    瀬戸褐釉肩衝茶入 渋紙手 銘山桜 中興名物 せとかつゆうかたつきちゃいれ しぶがみで めい やまざくら     この茶入は、鉄釉が素地の赤色と融和して渋紙のような色調に見えるので、俗に渋紙手と呼んでいる。その釉薬の焼き上がりが、華やかなうちにも侘びた感じであるところから、山桜の銘がつけられたと伝えられている。素地は卵殻色のざんぐりとした土で、山土をそのまま使ったのであろう、大小さまざまの砂を噛み、作りは厚く重々しい感じがする。広い口で、口縁のひねり返しは浅い。廂肩で、肩先より裾までしだいに張り、胴に縦に三筋、箆をあてて景色としている。総体に渋紙色に釉薬がかかり、半面は光沢があり、半面は釉かせがある。裾以下は赤みを帯びた素地を見せ、底回りは箆で面取りをしている。底は糸切りが粗く残り、一部の土はほつれ、平面のところもある。小堀遠州が名物とした、いわゆる「中興名物」で、もとは三井家、その後大阪の藤田家に伝わり、藤田彦三郎氏所蔵の頃『大正名器鑑』に記載された。   時代	桃山時代 16世紀…

瀬戸褐釉肩衝茶入 渋紙手 銘山桜 中興名物 瀬戸褐釉肩衝茶入 渋紙手 銘山桜 中興名物 せとかつゆうかたつきちゃいれ しぶがみで めい やまざくら この茶入は、鉄釉が素地の赤色と融和して渋紙のような色調に見えるので、俗に渋紙手と呼んでいる。その釉薬の焼き上がりが、華やかなうちにも侘びた感じであるところから、山桜の銘がつけられたと伝えられている。素地は卵殻色のざんぐりとした土で、山土をそのまま使ったのであろう、大小さまざまの砂を噛み、作りは厚く重々しい感じがする。広い口で、口縁のひねり返しは浅い。廂肩で、肩先より裾までしだいに張り、胴に縦に三筋、箆をあてて景色としている。総体に渋紙色に釉薬がかかり、半面は光沢があり、半面は釉かせがある。裾以下は赤みを帯びた素地を見せ、底回りは箆で面取りをしている。底は糸切りが粗く残り、一部の土はほつれ、平面のところもある。小堀遠州が名物とした、いわゆる「中興名物」で、もとは三井家、その後大阪の藤田家に伝わり、藤田彦三郎氏所蔵の頃『大正名器鑑』に記載された。 時代 桃山時代 16世紀…

鼠志野鶺鴒文鉢(ねずみしのせきれいもんはち)                     美濃(みの) 高11.0 口径28.5 安土桃山~江戸時代 16-17世紀 重文

鼠志野鶺鴒文鉢(ねずみしのせきれいもんはち) 美濃(みの) 高11.0 口径28.5 安土桃山~江戸時代 16-17世紀 重文

Jôkei II (¿ - 1635) Red Raku tea bowl with a design of chrysanthemum  A design of chrysanthemum is applied in white slip on the red juraku clay.Such a decorative application was unprecedented in Chôjirô's style, reflecting a flamboyant mood prevailing the early Edo period.

Jôkei II (¿ - 1635) Red Raku tea bowl with a design of chrysanthemum A design of chrysanthemum is applied in white slip on the red juraku clay.Such a decorative application was unprecedented in Chôjirô's style, reflecting a flamboyant mood prevailing the early Edo period.

theclayhouse:  Kizaemon Tea-Bowl, Korea, 16th Century (used for Japanese Tea Ceremony, 17th Century).“This single Tea-bowl is considered to be the finest in the world. When I saw it, my heart fell. … So simple, no more ordinary thing could be imagined. …The clay had been dug from the hill at the back of the house; the glaze was made with the ash from the hearth; the potter’s wheel had been irregular. The shape revealed no particular thought: it was one of many. The work had been fast; the…

theclayhouse: Kizaemon Tea-Bowl, Korea, 16th Century (used for Japanese Tea Ceremony, 17th Century).“This single Tea-bowl is considered to be the finest in the world. When I saw it, my heart fell. … So simple, no more ordinary thing could be imagined. …The clay had been dug from the hill at the back of the house; the glaze was made with the ash from the hearth; the potter’s wheel had been irregular. The shape revealed no particular thought: it was one of many. The work had been fast; the…

Celebrated scars. A bowl with #kintsugi

Celebrated scars. A bowl with #kintsugi

Tea bowl, possibly Satsuma ware  19th century      Edo period     Stoneware with clear, crackled glaze, stained by ink; gold lacquer repairs.  H: 10.5 W: 12.2 cm   Japan

Tea bowl, possibly Satsuma ware 19th century Edo period Stoneware with clear, crackled glaze, stained by ink; gold lacquer repairs. H: 10.5 W: 12.2 cm Japan

Korean bowl. Yi dynasty.

Korean bowl. Yi dynasty.

Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ
検索