Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

3/7 [荒川豊蔵の水月窯]作 紅白梅茶碗|アートギャラリー名工

3/7 [荒川豊蔵の水月窯]作 紅白梅茶碗|アートギャラリー名工

三色打薬茶碗〈さんしょくうちぐすりちゃわん〉<br> 河井寛次郎 京都・鐘渓窯 昭和時代〔日本〕 1963年<br> 7.5 x 14 cm No.4340

三色打薬茶碗〈さんしょくうちぐすりちゃわん〉<br> 河井寛次郎 京都・鐘渓窯 昭和時代〔日本〕 1963年<br> 7.5 x 14 cm No.4340

(Japan) Ceramic vase(染錦鉄線花 花瓶). 住まいのやきもの » ギャラリー, by 源右衛門窯

(Japan) Ceramic vase(染錦鉄線花 花瓶). 住まいのやきもの » ギャラリー, by 源右衛門窯

河井寛次郎 三色扁壷

河井寛次郎 三色扁壷

色絵紅白梅文4寸皿・伏原博之

色絵紅白梅文4寸皿・伏原博之|和食器の愉しみ 工芸店ようび

色絵紅白梅文4寸皿・伏原博之

Mino ware tea bowl Ume fukuryo chawan Matcha Green Tea Japanese

Mino ware tea bowl Ume fukuryo chawan Matcha Green Tea Japanese

浜田庄司 琉球窯赤繪茶碗

浜田庄司 琉球窯赤繪茶碗

抹茶茶碗 尾形乾山 Tea Bowl OGATA KENZAN (JAPANESE, 1663–1743) 17TH-18TH CENTURY

抹茶茶碗 尾形乾山 Tea Bowl OGATA KENZAN (JAPANESE, 1663–1743) 17TH-18TH CENTURY

Kouichi Tamura  田村耕一 東京芸術大学名誉教授

Kouichi Tamura 田村耕一 東京芸術大学名誉教授

Gray Shino Glaze Tea Bowl named “Autumn Leaves at Crests”, Circa 16th century Momoyama-period, Tokugawa Museum  鼠志野茶碗 銘「峯紅葉」(桃山時代16世紀末期~17世紀初期、高8.9cm/口径14.0cm/底径6.1cm/重487.4g、五島美術館蔵、重要文化財) 「鼠志野」は美濃焼(岐阜県)の一種。器の内側と外側の腰部分までに、美濃で鉄絵に用いる鉄分を含んだ土石(鬼板)と粘土、水を混ぜたもので表面に化粧掛けを施し、亀甲文と桧垣文様の部分を掻き落とし、志野釉を掛けたもの。白く鮮明にあらわれた文様と赤みがかった釉色が美しく、銘はその景色と山道のある口辺から付いたものであろう。伝世する「鼠志野」の茶碗は十碗ほどしかない。近代に入り、国宝「卯花墻」(志野茶碗 三井記念美術館蔵)、重要文化財「山端」(鼠志野茶碗 根津美術館蔵)とともに桃山時代の志野焼を代表する茶碗とされる。

Gray Shino Glaze Tea Bowl named “Autumn Leaves at Crests”, Circa 16th century Momoyama-period, Tokugawa Museum 鼠志野茶碗 銘「峯紅葉」(桃山時代16世紀末期~17世紀初期、高8.9cm/口径14.0cm/底径6.1cm/重487.4g、五島美術館蔵、重要文化財) 「鼠志野」は美濃焼(岐阜県)の一種。器の内側と外側の腰部分までに、美濃で鉄絵に用いる鉄分を含んだ土石(鬼板)と粘土、水を混ぜたもので表面に化粧掛けを施し、亀甲文と桧垣文様の部分を掻き落とし、志野釉を掛けたもの。白く鮮明にあらわれた文様と赤みがかった釉色が美しく、銘はその景色と山道のある口辺から付いたものであろう。伝世する「鼠志野」の茶碗は十碗ほどしかない。近代に入り、国宝「卯花墻」(志野茶碗 三井記念美術館蔵)、重要文化財「山端」(鼠志野茶碗 根津美術館蔵)とともに桃山時代の志野焼を代表する茶碗とされる。

Pinterest
検索