Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

柳原伯爵家 名家 その2 ●義光 次代当主 ●信子 入江為守子爵夫人 ●燁子 歌人柳原白蓮 夫は3人 北小路資武子爵・伊藤伝右衛門・宮崎龍介   ●燁子 歌人柳原白蓮 夫は3人 北小路資武子爵・伊藤伝右衛門・宮崎龍介  柳原伯爵家 名家 その2 : 直球感想文 和館

柳原伯爵家 名家 その2 ●義光 次代当主 ●信子 入江為守子爵夫人 ●燁子 歌人柳原白蓮 夫は3人 北小路資武子爵・伊藤伝右衛門・宮崎龍介 ●燁子 歌人柳原白蓮 夫は3人 北小路資武子爵・伊藤伝右衛門・宮崎龍介 柳原伯爵家 名家 その2 : 直球感想文 和館

13位:唐人お吉の写真(ガチで美人過ぎる幕末女性ランキング) | 幕末ガイド

13位:唐人お吉の写真(ガチで美人過ぎる幕末女性ランキング) | 幕末ガイド

2位:お龍(坂本龍馬の妻)の写真(ガチで美人過ぎる幕末女性ランキング) | 幕末ガイド

2位:お龍(坂本龍馬の妻)の写真(ガチで美人過ぎる幕末女性ランキング) | 幕末ガイド

明治美人絵はがきでは、有名な”照葉”という女性、明治末から 大正にかけて最も多くの美人絵葉書に,登場しました、その若 き艶姿、晩年は京都祇王寺で、智照尼となりました

明治美人絵はがきでは、有名な”照葉”という女性、明治末から 大正にかけて最も多くの美人絵葉書に,登場しました、その若 き艶姿、晩年は京都祇王寺で、智照尼となりました

下谷の芸者、さかえ Geisha of Shitaya:Sakae  大正時代に絵はがきのモデルとして活躍した。   She was working as a postcard model the Taisho era.

下谷の芸者、さかえ Geisha of Shitaya:Sakae 大正時代に絵はがきのモデルとして活躍した。 She was working as a postcard model the Taisho era.

伊藤博文 いとう ひろぶみ (1841〜1909) 「長州ファイブ」

伊藤博文 いとう ひろぶみ (1841〜1909) 「長州ファイブ」

高橋健三の肖像(写真1)拡大画像

高橋健三の肖像(写真1)拡大画像

職業・身分(公家・旧大名) | 近代日本人の肖像

職業・身分(公家・旧大名) | 近代日本人の肖像

青木周蔵 あおき しゅうぞう (1844〜1914)職業・身分	外交官 出身地(現在)	山口県 生没年月日	天保15年1月15日〜大正3年2月16日 (1844年3月3日〜1914年2月16日) 解説 父は医者。藩校明倫館で学ぶ。長崎での医学修行をへて、明治元年(1868)藩留学生としてドイツ留学。6年外務省入省。外務省1等書記官をへて翌年駐独公使。のち駐オーストリア、オランダ各公使を兼任。19年第1次伊藤内閣の外務次官。以後第1次山県内閣、第1次松方各内閣外相を歴任。27年駐英公使として陸奥宗光外相と条約改正に尽力、日英通商航海条約改正に成功。また第2次山県内閣外相として北清事変に対処。以後枢密顧問官、駐米大使をつとめる

青木周蔵 あおき しゅうぞう (1844〜1914)職業・身分 外交官 出身地(現在) 山口県 生没年月日 天保15年1月15日〜大正3年2月16日 (1844年3月3日〜1914年2月16日) 解説 父は医者。藩校明倫館で学ぶ。長崎での医学修行をへて、明治元年(1868)藩留学生としてドイツ留学。6年外務省入省。外務省1等書記官をへて翌年駐独公使。のち駐オーストリア、オランダ各公使を兼任。19年第1次伊藤内閣の外務次官。以後第1次山県内閣、第1次松方各内閣外相を歴任。27年駐英公使として陸奥宗光外相と条約改正に尽力、日英通商航海条約改正に成功。また第2次山県内閣外相として北清事変に対処。以後枢密顧問官、駐米大使をつとめる

西園寺公望 さいおんじ きんもち (1849〜1940)

西園寺公望 さいおんじ きんもち (1849〜1940)

浜口雄幸

浜口雄幸

後藤象二郎 ごとう しょうじろう 職業・身分	政治家 出身地(現在)	高知県 生没年月日	天保9年3月19日〜明治30年8月4日 (1838年4月13日〜1897年8月4日) 解説 民権家。高知藩士。山内豊信に登用され、藩政の実権を握る。坂本竜馬の公議政体論に賛同し、徳川慶喜に大政奉還を説いた。維新後は新政府内で要職につくが、明治6年(1873)征韓論問題で参議を辞任。板垣退助らと民撰議院設立建白書を提出。自由党の結成に加わり、20年に大同団結運動を展開。22年黒田内閣の逓信相となる。その後第1次山県、第1次松方各内閣に留任。第2次伊藤内閣では農商務相に就任した。

後藤象二郎 ごとう しょうじろう 職業・身分 政治家 出身地(現在) 高知県 生没年月日 天保9年3月19日〜明治30年8月4日 (1838年4月13日〜1897年8月4日) 解説 民権家。高知藩士。山内豊信に登用され、藩政の実権を握る。坂本竜馬の公議政体論に賛同し、徳川慶喜に大政奉還を説いた。維新後は新政府内で要職につくが、明治6年(1873)征韓論問題で参議を辞任。板垣退助らと民撰議院設立建白書を提出。自由党の結成に加わり、20年に大同団結運動を展開。22年黒田内閣の逓信相となる。その後第1次山県、第1次松方各内閣に留任。第2次伊藤内閣では農商務相に就任した。

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

黒田清隆 くろだ きよたか (1840〜1900)

黒田清隆 くろだ きよたか (1840〜1900)

内村鑑三の肖像(写真2)拡大画像

内村鑑三の肖像(写真2)拡大画像

林董 はやし ただす(1850〜1913) 職業・身分	外交官 出身地(現在)	千葉県 生没年月日	嘉永3年2月29日〜大正2年7月10日 (1850年4月11日〜1913年7月10日) 解説  父は佐倉藩の蘭方医佐藤泰然。幕府御殿医林洞海の養子となる。慶応2年(1866)に幕府留学生としてイギリスに留学。帰国後、箱館戦争に参加し、捕らえられる。明治4年(1871)に明治政府に出仕し、工部省、香川県、兵庫県知事等を歴任し、24年外務次官となる。その後、駐露公使、駐英公使となり、日英同盟の締結に尽力した。第1次西園寺内閣で外相、第2次西園寺内閣で逓信相として再度入閣し、一時外相も兼任した。

林董 はやし ただす(1850〜1913) 職業・身分 外交官 出身地(現在) 千葉県 生没年月日 嘉永3年2月29日〜大正2年7月10日 (1850年4月11日〜1913年7月10日) 解説 父は佐倉藩の蘭方医佐藤泰然。幕府御殿医林洞海の養子となる。慶応2年(1866)に幕府留学生としてイギリスに留学。帰国後、箱館戦争に参加し、捕らえられる。明治4年(1871)に明治政府に出仕し、工部省、香川県、兵庫県知事等を歴任し、24年外務次官となる。その後、駐露公使、駐英公使となり、日英同盟の締結に尽力した。第1次西園寺内閣で外相、第2次西園寺内閣で逓信相として再度入閣し、一時外相も兼任した。