Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

ポール再来日!アウト・ゼアー ジャパン・ツアー 2014

ポール再来日!アウト・ゼアー ジャパン・ツアー 2014

ポール再来日!アウト・ゼアー ジャパン・ツアー 2014

ポール再来日!アウト・ゼアー ジャパン・ツアー 2014

ポール再来日!アウト・ゼアー ジャパン・ツアー 2014

ポール再来日!アウト・ゼアー ジャパン・ツアー 2014

ポール再来日!アウト・ゼアー ジャパン・ツアー 2014

ポール再来日!アウト・ゼアー ジャパン・ツアー 2014

ポール再来日!アウト・ゼアー ジャパン・ツアー 2014

ポール再来日!アウト・ゼアー ジャパン・ツアー 2014

OUT PAUL McCARTNEY THERE ポールが熱望!!奇跡の再来日公演が決定!!新たなる伝説が生まれる。ポール・マッカートニー アウト・ゼアー ジャパン・ツアー2014

OUT PAUL McCARTNEY THERE ポールが熱望!!奇跡の再来日公演が決定!!新たなる伝説が生まれる。ポール・マッカートニー アウト・ゼアー ジャパン・ツアー2014

4th 1973.05.11 レッドローズ・スピード・ウェイ ビッグ・バーン・ヘッド /マイ・ラヴ - /ゲット・オン・ザ・ライト・シング/ワン・モア・キッス/リトル・ラム・ドラゴンフライ/シングル・ピジョン/ホエン・ザ・ナイト/ ループ - /メドレー (ホールド・ミー・タイト~レディ・ダイナマイト ~ハンズ・オブ・ラヴ~パワー・カット) ◇バラの花をくわえたポールのジャケット写真を見れば分かるとおり、ポール・マッカートニーのアルバムだがウイングスだ。もう少し具体的に言えば、こぢんまりとした佳曲を「Hey Jude」の規模にふくらませるというポールの70年代の得意技に焦点を当てた作品なのである。もちろん、スケール・アップさえすれば「Hey Jude」のような名曲に仕上がるとは限らないのだが、ポールはそのリスクを恐れなかった。あるいは、リスクの存在に気づいていなかったのかもしれない。最大の聴きどころは激甘チューンの 「My…

4th 1973.05.11 レッドローズ・スピード・ウェイ ビッグ・バーン・ヘッド /マイ・ラヴ - /ゲット・オン・ザ・ライト・シング/ワン・モア・キッス/リトル・ラム・ドラゴンフライ/シングル・ピジョン/ホエン・ザ・ナイト/ ループ - /メドレー (ホールド・ミー・タイト~レディ・ダイナマイト ~ハンズ・オブ・ラヴ~パワー・カット) ◇バラの花をくわえたポールのジャケット写真を見れば分かるとおり、ポール・マッカートニーのアルバムだがウイングスだ。もう少し具体的に言えば、こぢんまりとした佳曲を「Hey Jude」の規模にふくらませるというポールの70年代の得意技に焦点を当てた作品なのである。もちろん、スケール・アップさえすれば「Hey Jude」のような名曲に仕上がるとは限らないのだが、ポールはそのリスクを恐れなかった。あるいは、リスクの存在に気づいていなかったのかもしれない。最大の聴きどころは激甘チューンの 「My…

ポール・マッカートニー、都内で入院中

ポール・マッカートニー、都内で入院中

2nd 1971.05.28 ラム トゥ・メニー・ピープル/3本足/ラム・オン/ディア・ボーイ/アンクル・アルバート~ハルセイ提督/スマイル・アウェイ/故郷のこころ/ モンクベリー・ムーン・デライト/出ておいでよ、お嬢さん- Eat At Home/ロング・ヘアード・レディ/ラム・オン/バック・シート  ◇厳密に言えば本作はポール単独のソロアルバムではなく、ポールとリンダ・マッカートニー夫妻のコラボレーション。アルバム全体としてはどことなく奇妙に感じられる。まるで2人が人里離れた農場に少々長居しぎたかのようだ。もちろん、リスナーの期待が問題なのだ。リスナーは世界を揺るがすようなアルバムを待ち望んでいたが、ポールはただ気楽にアルバムを作ろうとして、そういう風に(つまり、気楽に)とらえれば、本作をとことん楽しめる。◆ポール・マッカートニー : 懐かしいアナログ盤♪

2nd 1971.05.28 ラム トゥ・メニー・ピープル/3本足/ラム・オン/ディア・ボーイ/アンクル・アルバート~ハルセイ提督/スマイル・アウェイ/故郷のこころ/ モンクベリー・ムーン・デライト/出ておいでよ、お嬢さん- Eat At Home/ロング・ヘアード・レディ/ラム・オン/バック・シート ◇厳密に言えば本作はポール単独のソロアルバムではなく、ポールとリンダ・マッカートニー夫妻のコラボレーション。アルバム全体としてはどことなく奇妙に感じられる。まるで2人が人里離れた農場に少々長居しぎたかのようだ。もちろん、リスナーの期待が問題なのだ。リスナーは世界を揺るがすようなアルバムを待ち望んでいたが、ポールはただ気楽にアルバムを作ろうとして、そういう風に(つまり、気楽に)とらえれば、本作をとことん楽しめる。◆ポール・マッカートニー : 懐かしいアナログ盤♪

BEST AMERICAN ROCK CD - Google 検索

BEST AMERICAN ROCK CD - Google 検索

Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ
検索