Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

ピンもと:シネマトゥデイ

ポール・マッカートニーがエルヴィス・プレスリーの墓参り

ポール・マッカートニーがエルヴィス・プレスリーの墓参り Paul Went To Elvis's Grave.

ポール再来日!アウト・ゼアー ジャパン・ツアー 2014

1979.10.20  アロウ・スルー・ミー Arrow Through Me Old Siam, Sir 25thシングル ◆ポール・マッカートニー : 懐かしいアナログ盤♪

ポール再来日!アウト・ゼアー ジャパン・ツアー 2014

4th 1973.05.11 レッドローズ・スピード・ウェイ ビッグ・バーン・ヘッド /マイ・ラヴ - /ゲット・オン・ザ・ライト・シング/ワン・モア・キッス/リトル・ラム・ドラゴンフライ/シングル・ピジョン/ホエン・ザ・ナイト/ ループ - /メドレー (ホールド・ミー・タイト~レディ・ダイナマイト ~ハンズ・オブ・ラヴ~パワー・カット) ◇バラの花をくわえたポールのジャケット写真を見れば分かるとおり、ポール・マッカートニーのアルバムだがウイングスだ。もう少し具体的に言えば、こぢんまりとした佳曲を「Hey Jude」の規模にふくらませるというポールの70年代の得意技に焦点を当てた作品なのである。もちろん、スケール・アップさえすれば「Hey Jude」のような名曲に仕上がるとは限らないのだが、ポールはそのリスクを恐れなかった。あるいは、リスクの存在に気づいていなかったのかもしれない。最大の聴きどころは激甘チューンの 「My…

OUT PAUL McCARTNEY THERE ポールが熱望!!奇跡の再来日公演が決定!!新たなる伝説が生まれる。ポール・マッカートニー アウト・ゼアー ジャパン・ツアー2014

3rd 1971.12.07 ワイルド・ライフ マンボ /ビップ・バップ/ラヴ・イズ・ストレンジ/ ワイルド・ライフ /サム・ピープル・ネヴァー・ノウ /アイ・アム・ユア・シンガー/ビップ・バップ・リンク/トゥモロウ/ディア・フレンド/マンボ・リンク ◇富、成功、幸せな結婚生活、そして途方もない才能に恵まれたポール・マッカートニーは、何もすることがなくなって本作 『Wild Life』 を制作した――そんな虚飾に満ちた匂いのために、この興味深いアルバムは長いあいだ嘲笑の的にされていた。 わずか3日間で録音された本作とはいえ、そんな風に叩くのは不当ではないだろうか。ベスト・トラックは、このアルバム全体に影を落とす生々しいバラード 「Dear Friend」 である。ここでポールは、不幸な形で終わったジョン・レノンとの友情と、みずからの作り出した1960年代という時代の終焉(しゅうえん)について歌っている。◆ポール・マッカートニー : 懐かしいアナログ盤♪