Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

ピンもと:らばQ

まさに泥棒ネコ!全力で盗み食いをする猫たちの写真15枚

泥棒猫00

ナラやカシなどブナ科の木の実をどんぐりとよんでいます。シイの実やクリもこの仲間です。どんぐりの実る木には落葉樹と常緑樹があります。 どんぐりはその木が増えるための大切な種であるとともに、森で暮す動物たちの食料でもあります。 どんぐりには春の花からその年の秋まで熟すものと翌年...

ピンもと:キナリノ - 暮らしを素敵に丁寧に。

手作りならではの優しい表情、金子佐知恵さんの陶器作品

金子佐知恵さんの陶器は暖かみがあってとてもユニーク。実用的な器もあれば、見ているだけで心が和むオブジェもあります。お部屋と心のアクセントに一つ飾ってみてはいかがでしょうか。

【可愛すぎる】文鳥が「がま口」に!?文鳥まつり出品グッズまとめ - Togetterまとめ 文鳥がま口は、目玉がガーネット、くちばしは樹脂粘土です。耐水性ではありますが、天然石は濡らすとだんだん傷むし、樹脂粘土も同様ですので洗えません。 今回、カバンにつけてストラップにするには繊細で無理なので置物として作っています。 pic.twitter.com/yv1Qt6w6Zn

ピンもと:キナリノ - 暮らしを素敵に丁寧に。

大阪、福島の新名所。パンとコーヒーのお店「foodscape!」

このお店は、イートイン、テイクアウト、その時の気分や都合で、自在に使い分けられるのが魅力的。メインがどっちというのではなくて、どちらの場合も使い勝手が良いようにお客さんの立場に立ってよく考えられているのがすばらしい。 表に立つ看板の素敵なチョークアートは、chalkboy(チョークボーイ)さんによるもの。「EATBEAT!」ではヘンリーワークの名で活動されていますが、黒板描きとしての一面も持っていらっしゃいます。この看板、「FOR HERE」の裏には、もちろん「TO GO」の表示がありますよ。

「足裏のアーチを取り戻す簡単な方法があります。それは、足の指に輪ゴムを巻くこと。中指の第一関節辺りに、二重か三重に輪ゴムを巻きます。これによって脳が中指を意識し、内側と外側のアーチを認識しやすくなるのです」 ゴムを巻くのは中指の存在を知覚するためなので、跡がつかない程度のゆるさで巻けばOK。 「両足とも巻き終わったら、立って歩いてみてください。普段よりもしっかりと地面に足裏がついてバランスが取りやすくなり、脚全体を前に出しやすいはずです。このワークを定期的に続けると、足底筋のバランスが整いやすくなり、O脚やX脚、外反母趾、内反小趾の改善につながります」 藤本さんによれば、輪ゴムワークは、重心をかけやすくなるので運動中に行うのもオススメだとか。 「ただし、一日中巻きっぱなしにせず、つけているときと外したときの差を感じたほうが、より体が正しい状態に戻ろうとするので、ゆがみの改善が早くなりますよ」 どこでも手に入る輪ゴムで、簡単にO脚やX脚の改善ができるなんて驚きですね。急な運動を行うのではなく、まずはゆっくり歩く時に取り入れることから始めてみましょう!

ピンもと:ROOMIE(ルーミー)

自然の美しさをそのまま身につけるよ

空の色や植物、動物の色って、人間の手で作られた色ではとても表現しきれない圧倒的な美しさがありますよね。 そんな自然がつくり出した美しさをアクセサリーで表現したのが、「Spirit Tribe」。 Spirit Tribeの作品は、天然石やフェザー、メタルなどナチュラルな素材で作られており、まるで「お守り」のような厳かな...

ピンもと:キナリノ - 暮らしを素敵に丁寧に。

花や葉、鳥・・・。繊細で美しい金彩が素敵な、飯野夏実さんの器たち

繊細に美しく描かれた金彩色絵の箸置き。 うぐいす色唐草、黄色い花、赤い花、青のひしがた、黄緑市松の5種類あります。 細かく描かれたな柄とキラキラとした金彩の美しさ、絶妙な色の濃淡は とても存在があり、いつものテーブルをより華やかな雰囲気にしてくれます。

ピンもと:らばQ

「別の動物がいっしょにいると、どうして幸せな気持ちになるんだろう?」意外な組み合わせの写真いろいろ

犬猿の仲があるように、異種の動物が仲良くするのは簡単なことではありません。弱肉強食な関係だったり、単に気が合わなかったり、サイズの違いに問題があったりと、仲良くできない理由はいくらでもあります。だからこそ、別の動物が仲良くしている姿を見ると、ちょっと

ピンもと:キナリノ - 暮らしを素敵に丁寧に。

今一番熱いテキスタイルアーティスト「鹿児島睦」さんのテキスタイルを見てみよう!

「鹿児島睦(かごしま・まこと)のテキスタイルを見たことがありますか?彼が描き出す“図案”の世界に一度でも触れたら、きっと忘れることが出来なくなるはずです。紹介する画像は、テキスタイルに定着した、鹿児島睦が織り成す、軽やかで愛に満ちた世界の数々です。