Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

10年前から完全無農薬栽培を先駆けて行い、地域を超えて「海士町産あいがもこしひかり」などの価値ある農産物を生み出した「農事組合法人サンライズうづか」。島の農業を支える向山剛之さんに、海士町の農業の現状と課題、そして持続的な農業の仕組み「営農組合」を中心に、お話を聞きました。

この島は未来の縮図たり得るか【島根県海士町】特集、始めます。 | 灯台もと暮らし

この島は未来の縮図たり得るか【島根県海士町】特集、始めます。 | 灯台もと暮らし

【島根県海士町】特集を組んできた『灯台もと暮らし』。現在、武蔵野大学と株式会社巡の環が協働で行う「海士ゼミ」の密着取材をしています。テーマは「都会と田舎の新しい関係を考える」。学生たちと共に、座学や、フィールドワークを交えながら、2015年6月から2015年11月の約半年間に渡って海士町の未来を探ります。

2015年2月8日(日)に東京で開催された「AMAカフェ」イベントレポート。島根県隠岐郡海士町の食材を使ったお料理や音楽などを通して、海士の魅力を全国にお届けし、旬の食べ物やそこに集まってくれた人たちとの出会いを楽しむイベント「AMAカフェ」の魅力とは?

7月17日に大手町にあるTIP*Sで、『TIP*Sマナビジカン「果敢に行動することが明日を変える」~最後尾から最先端へ・海士町の挑戦~』と題したイベントを開催されました。海士町の町長・山内道雄さんを迎え、聞き手は、株式会社巡の環を設立した信岡良亮さんです。

これからの暮らしを考えるウェブメディア『灯台もと暮らし』の特集第二弾は、【島根県海士町】です。

海士町観光協会の職員であると同時に、Iターン者としての移住経験を持つ青山敦士さん。「今地域に足りないのは、プランではなくプレイヤーだ」と語るその真意とは?お話をうかがいました。

人口約2,400名の離島に、10年間で400名以上の移住者が集まっているー。島根県海士町は、Iターンの町として有名です。けれど、華々しい数字の陰には苦労が付き物。地元で暮らす人、Uターン、Iターンの人をつなぎたいと日々奮闘する、島のお宿「なかむら」のご主人の胸の内を聞きました。

「プランB」とは、次の時代を切り拓く新しい方法