Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

木喰仏:木喰は、江戸時代後期の仏教行者・仏像彫刻家。全国におびただしい数の遺品が残る、「木喰仏」の作者である。日本全国を旅し、訪れた先に一木造の仏像を刻んで奉納した。

木喰仏:木喰は、江戸時代後期の仏教行者・仏像彫刻家。全国におびただしい数の遺品が残る、「木喰仏」の作者である。日本全国を旅し、訪れた先に一木造の仏像を刻んで奉納した。

ピンもと:Twitter

木喰仏の在るところ on

木喰仏の在るところ en Twitter:…

木喰仏:木喰は、江戸時代後期の仏教行者・仏像彫刻家。全国におびただしい数の遺品が残る、「木喰仏」の作者である。日本全国を旅し、訪れた先に一木造の仏像を刻んで奉納した。

木喰仏 地蔵菩薩像 1軀 総高70.0㎝ 1801年(寛政13年) 日本民藝館蔵 1924年(大正13年)、朝鮮陶磁の調査で山梨県甲府近郊の池田村の素封家小宮山家を訪ねた柳宗悦は、偶然にもこの像と出会うことになる。像のもつ魅力に強く魅かれた柳は、以降、全国にこの種の像を探し求め、資料の探求に情熱を注ぎ込んだ。像の作者は、木喰五行明満(1718-1810)。江戸時代に甲斐国に生まれたこの修行僧は、北海道から九州まで、全国を行脚して、特にその土地の人々のために大量の造像を行った。現在、仏教美術史を志す者にとって、木喰仏は誰もが知っている有名な仏像だが、木喰の名を有名にしたのは、ひとえに柳宗悦の探究心と努力によっている。像は、小宮山家より、菰に包まれて柳のもとに送られてきたと記録している。

Japan Folk Crafts Museum | Collections - woodwork, lacquerware, sculpture of Japan

円空仏 発行・中村真(イマジン株式会社) http://www.amazon.co.jp/dp/489451897X/ref=cm_sw_r_pi_dp_3jV6vb0B4PDFJ