Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

file152 「武将ファッション」|NHK 鑑賞マニュアル 美の壺

file152 「武将ファッション」|NHK 鑑賞マニュアル 美の壺

Japanese helmet. Fantastic helmet (kawari kabuto 変わり兜) with black-lacquered bear's head,' late 16th century. Iron, black laquer, white cord.

Japanese helmet. Fantastic helmet (kawari kabuto 変わり兜) with black-lacquered bear's head,' late 16th century. Iron, black laquer, white cord.

This jinbaori vest was made to wear over armor. It was reportedly owned by Regent Toyotomi Hideyoshi and has been preserved through time by Kodai-ji Temple, established in memory of Hideyoshi by his widow, Kita-no-Mandokoro. This vest was woven of silk using tapestry techniques. The textile may originally have been a carpet made in Kashan in Persia. The design of a lion attacking his prey is a traditional motifs in Persian carpets. Such carpets were imported into Japan

This jinbaori vest was made to wear over armor. It was reportedly owned by Regent Toyotomi Hideyoshi and has been preserved through time by Kodai-ji Temple, established in memory of Hideyoshi by his widow, Kita-no-Mandokoro. This vest was woven of silk using tapestry techniques. The textile may originally have been a carpet made in Kashan in Persia. The design of a lion attacking his prey is a traditional motifs in Persian carpets. Such carpets were imported into Japan

Samurai helmet

Samurai helmet

織田信長公陣羽織

織田信長公陣羽織

'Red fantastic helmet (kawari kabuto 変わり兜) with demonic shishi,' 17th century, iron, cord, laquer, leather by International Arts & Artists

'Red fantastic helmet (kawari kabuto 変わり兜) with demonic shishi,' 17th century, iron, cord, laquer, leather by International Arts & Artists

- 陣羽織(じんばおり) - 陣羽織は、戦国時代より戦場において、武将が鎧(よろい)の上にコートのように着用したものです。防寒、雨具という目的のほかに、戦場での武将の所在や活躍ぶりをアピールし、さらに、死を誇り高く見せるという演出も加わって、次第に、奇抜なそして大胆なデザインになっていきました。素材も、麻地や渋紙(しぶかみ)をつなぎあわせた紙衣(かみこ)という簡素なものから、羅紗(らしゃ)や緞子(どんす)、毛織物といった高級な生地になっていきました。白河藩主阿部家には4点の陣羽織が伝来していますが、ここでは2点をご紹介しましょう。 「茶羅紗地陣羽織」(ちゃらしゃじじんばおり)は、阿部家藩祖忠秋の父忠吉が着用したものですが、もとは、遠江囲(とおとうみのくに)横須賀城主であった、忠吉の妻の父・大須賀康高(1528~88)のもので、桃山時代のものです。形は、腰部から切り替えられてギャザーが付けられ、襟(えり)や袖(そで)ぐり、裾(すそ)、腰部の切り替えに銀糸の飾りが付けられた、全国的にも類例の少ない南蛮模様の形態をした貴重な陣羽織です。 「樺色羅紗地水玉文様陣羽織」

- 陣羽織(じんばおり) - 陣羽織は、戦国時代より戦場において、武将が鎧(よろい)の上にコートのように着用したものです。防寒、雨具という目的のほかに、戦場での武将の所在や活躍ぶりをアピールし、さらに、死を誇り高く見せるという演出も加わって、次第に、奇抜なそして大胆なデザインになっていきました。素材も、麻地や渋紙(しぶかみ)をつなぎあわせた紙衣(かみこ)という簡素なものから、羅紗(らしゃ)や緞子(どんす)、毛織物といった高級な生地になっていきました。白河藩主阿部家には4点の陣羽織が伝来していますが、ここでは2点をご紹介しましょう。 「茶羅紗地陣羽織」(ちゃらしゃじじんばおり)は、阿部家藩祖忠秋の父忠吉が着用したものですが、もとは、遠江囲(とおとうみのくに)横須賀城主であった、忠吉の妻の父・大須賀康高(1528~88)のもので、桃山時代のものです。形は、腰部から切り替えられてギャザーが付けられ、襟(えり)や袖(そで)ぐり、裾(すそ)、腰部の切り替えに銀糸の飾りが付けられた、全国的にも類例の少ない南蛮模様の形態をした貴重な陣羽織です。 「樺色羅紗地水玉文様陣羽織」

Kabuto.

Kabuto.

兜の前立て

兜の前立て

Butterfly samurai helmet

Butterfly samurai helmet

Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ
Search