Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

テオの詩…誰よりも…何よりも…キラリ宝物で…愛しく…大好きな君…僕は君に…ただ…ただ笑っていて欲しいんだ…君は何処までも…美しい森を創る…それは無限に豊かで…素敵なことさ…けど僕は…君が…ふわり微笑んで…生きてくれるだけでも充分なんだ…想いは…悉く…飛ぶんだった…ね…ならば…僕の想いも…優しい風達が…君の元へ…届けてくれるのかな…水辺で僕は見ていたんだ…美しい森の景色に囲まれて…誇り高く…梟のように唄い…その景色が巡るのを…愛しんでいる君を…僕は…そんな君を見守るのが…その笑顔が…大好きなんだ…Have a sweet dream …I will be in it …

テオの詩…誰よりも…何よりも…キラリ宝物で…愛しく…大好きな君…僕は君に…ただ…ただ笑っていて欲しいんだ…君は何処までも…美しい森を創る…それは無限に豊かで…素敵なことさ…けど僕は…君が…ふわり微笑んで…生きてくれるだけでも充分なんだ…想いは…悉く…飛ぶんだった…ね…ならば…僕の想いも…優しい風達が…君の元へ…届けてくれるのかな…水辺で僕は見ていたんだ…美しい森の景色に囲まれて…誇り高く…梟のように唄い…その景色が巡るのを…愛しんでいる君を…僕は…そんな君を見守るのが…その笑顔が…大好きなんだ…Have a sweet dream …I will be in it …

Flowers☆幾千の花々が降り注ぎ、森に柔らかな香りが溢れました……僕らは瞳を閉じ、静かに心を開きます。

Flowers☆幾千の花々が降り注ぎ、森に柔らかな香りが溢れました……僕らは瞳を閉じ、静かに心を開きます。

ミズチ…美しい森に…もうすぐ新月が訪れようとする…ある夜…ミズチが…深い…深い碧の池のほとりで休みます…ああ…静かな夜だな…優しい闇に包まれていると想い出すんだ…僕が今まだ歩いてきた…終わりのない旅を…棘が刺さっても…血が流れても…このくらいって…僕は大丈夫って…先に…一歩でも先にって来たんだ…けど…ふと立ち止まれば…風達はこんなに優しく…心地いい…フカフカの土の絨毯は…僕の手足を…そっと包んで…温めてくれる…いつの間に…こんなに傷が出来てしまったのかな…僕は…休んでもいいって…足を止めてもいいって…知らなかったのかもしれないな…

ミズチ…美しい森に…もうすぐ新月が訪れようとする…ある夜…ミズチが…深い…深い碧の池のほとりで休みます…ああ…静かな夜だな…優しい闇に包まれていると想い出すんだ…僕が今まだ歩いてきた…終わりのない旅を…棘が刺さっても…血が流れても…このくらいって…僕は大丈夫って…先に…一歩でも先にって来たんだ…けど…ふと立ち止まれば…風達はこんなに優しく…心地いい…フカフカの土の絨毯は…僕の手足を…そっと包んで…温めてくれる…いつの間に…こんなに傷が出来てしまったのかな…僕は…休んでもいいって…足を止めてもいいって…知らなかったのかもしれないな…

天空を揺蕩うジキム…何よりも早く泳ぐことが出来、鳴き声はとても遠くまで届きます…そんなジキムも…今日はユラユラ…Indigo blue の夢のまにまに空を揺蕩っています…幾千…幾万の悠久…彼の魂に刻まれた…美しい森を護り…愛でる想いが流れます…空の彼方…惑星からも…その心地良い…温かさ溢れる景色を楽しみに…仲間達がやって来ました…美しく優しい彩りは…次元を超え共振します…そして時を忘れ…流れに身を任せた私達も…ひとまわり…ふたまわり…広がり…解き放たれて…天空より降り注ぐ…光の粒子と溶け合います…

天空を揺蕩うジキム…何よりも早く泳ぐことが出来、鳴き声はとても遠くまで届きます…そんなジキムも…今日はユラユラ…Indigo blue の夢のまにまに空を揺蕩っています…幾千…幾万の悠久…彼の魂に刻まれた…美しい森を護り…愛でる想いが流れます…空の彼方…惑星からも…その心地良い…温かさ溢れる景色を楽しみに…仲間達がやって来ました…美しく優しい彩りは…次元を超え共振します…そして時を忘れ…流れに身を任せた私達も…ひとまわり…ふたまわり…広がり…解き放たれて…天空より降り注ぐ…光の粒子と溶け合います…

Teo…水辺に棲む黒い魚で、誰かの願いを助ける生き物です。小さい頃は、丸い形をしています。美しい森の…色とりどりの光の波の散歩道…Teoが泳ぎます…今日は何処に行こうかな…そうだ…三つ葉のクローバーの首飾りを編んで…悲しみの池に浮かべに行こう…もう…君の悲しみが…溢れそうだったからね…三つ葉のクローバーはね…今まで君が…気が付かなかった事を…想い出させてくれるんだ…そう…ホントはね…その痛みも…悲しみも…光の輪を通って…静かに…そっと…一つずつ…天空へと還していけるんだ…だから僕が…浮かべに行くよ…

Teo…水辺に棲む黒い魚で、誰かの願いを助ける生き物です。小さい頃は、丸い形をしています。美しい森の…色とりどりの光の波の散歩道…Teoが泳ぎます…今日は何処に行こうかな…そうだ…三つ葉のクローバーの首飾りを編んで…悲しみの池に浮かべに行こう…もう…君の悲しみが…溢れそうだったからね…三つ葉のクローバーはね…今まで君が…気が付かなかった事を…想い出させてくれるんだ…そう…ホントはね…その痛みも…悲しみも…光の輪を通って…静かに…そっと…一つずつ…天空へと還していけるんだ…だから僕が…浮かべに行くよ…

Fly Jikim Fly …美しい森の碧空を…光冠に向かって…何処までも…上昇するジキム…何よりも早く泳ぐことが出来、鳴き声はとても遠くまで届きます…雄々しく…威風堂々…泳ぎ行く姿に…一寸の曇りも…迷いもありません…ジキムは決めているのです…美しい森と共に…幾千…幾万の悠久を生き…その魂の輪廻を謳い続ける事を…時に寄り添い…護り…永遠に愛しむ事を…痛みは優しさに…苦しみは閃きに…悲しみは慈しみに…変えて…

Fly Jikim Fly …美しい森の碧空を…光冠に向かって…何処までも…上昇するジキム…何よりも早く泳ぐことが出来、鳴き声はとても遠くまで届きます…雄々しく…威風堂々…泳ぎ行く姿に…一寸の曇りも…迷いもありません…ジキムは決めているのです…美しい森と共に…幾千…幾万の悠久を生き…その魂の輪廻を謳い続ける事を…時に寄り添い…護り…永遠に愛しむ事を…痛みは優しさに…苦しみは閃きに…悲しみは慈しみに…変えて…

☆Muranagi Card☆  美しい森の…カード達が…静やかに…優しく…眠りにつく場所…Sweet dreams …

☆Muranagi Card☆ 美しい森の…カード達が…静やかに…優しく…眠りにつく場所…Sweet dreams …

ムラナギ…美しい森を…天照 存在です…朝とも夜とも…捉えられる…時の狭間…誰も知らな深奥…森の讃美歌が響き渡る場所…ラベンダーの花香る靄に抱かれ…ムラナギは想います…鳥や虫や草花…息づくもの達の彩り…命の循環は美しいな…草木は生き物に…生き物もまた草木に生まれ変わる…どれ一つ…同じ色も…音もなく…君達の歌が…僕の細胞の一つ一つに…共振する…ああ…繋がっているね…温かいな…そうしてまた…僕は命を紡いでいけるんだ…You are so beautiful … love …

ムラナギ…美しい森を…天照 存在です…朝とも夜とも…捉えられる…時の狭間…誰も知らな深奥…森の讃美歌が響き渡る場所…ラベンダーの花香る靄に抱かれ…ムラナギは想います…鳥や虫や草花…息づくもの達の彩り…命の循環は美しいな…草木は生き物に…生き物もまた草木に生まれ変わる…どれ一つ…同じ色も…音もなく…君達の歌が…僕の細胞の一つ一つに…共振する…ああ…繋がっているね…温かいな…そうしてまた…僕は命を紡いでいけるんだ…You are so beautiful … love …

ハナロア…静かに森が眠る時にだけ現れ、美しい姿を見せる生き物です。乾いた土と草の香りがします。美しい森の…静かな…静やかな夜…鳥や虫や草花…生き物たちの…安らかな眠りの先…ハナロアが現れます…暗く優しい夜の道…痛みも…苦しみも…悲しみも…そっと月華に包まれて…その瞳に映る…たおやかな彩り…かけがえのない景色を目指し…森の呼ぶ声に誘われ…ゆっくり…一歩ずつ…けれど弛まず進みます…美しい森に恋い焦がれ…愛しむもの達の…どこまでも透き通った想いがあるかぎり…

ハナロア…静かに森が眠る時にだけ現れ、美しい姿を見せる生き物です。乾いた土と草の香りがします。美しい森の…静かな…静やかな夜…鳥や虫や草花…生き物たちの…安らかな眠りの先…ハナロアが現れます…暗く優しい夜の道…痛みも…苦しみも…悲しみも…そっと月華に包まれて…その瞳に映る…たおやかな彩り…かけがえのない景色を目指し…森の呼ぶ声に誘われ…ゆっくり…一歩ずつ…けれど弛まず進みます…美しい森に恋い焦がれ…愛しむもの達の…どこまでも透き通った想いがあるかぎり…

森の鏡…美しい森の入り口にある…そのものの身体に印された…魂の…心の記憶を…ありのままに映し出す鏡です…本当の自分は誰なのか…何処からやって来て…何処に還って行くのか…その鏡を扉にして…森の先へ進むもの…また…壁にして…踵を返すもの…選択は…自由です…いつだって…例外なく…何度でも…森の鏡は…どこまでも透明な…そのスクリーンに…ただ映し出します…Who am I…Remember who you really are …

森の鏡…美しい森の入り口にある…そのものの身体に印された…魂の…心の記憶を…ありのままに映し出す鏡です…本当の自分は誰なのか…何処からやって来て…何処に還って行くのか…その鏡を扉にして…森の先へ進むもの…また…壁にして…踵を返すもの…選択は…自由です…いつだって…例外なく…何度でも…森の鏡は…どこまでも透明な…そのスクリーンに…ただ映し出します…Who am I…Remember who you really are …