Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

彩磁更紗花鳥文花瓶   板谷波山  大正8年(1919) 高39.0㎝ 胴径43.7㎝    ポーズの異なる2羽の尾長鳥が、蝶をくわえて花のついた枝にとまる様を、器面一杯に表す。模様は薄肉彫りで立体的につくり、そこに透明な釉薬をかけて仕上げている。上品な艶消しの葆光釉とは対照的に鮮やかな色彩が強調されたエキゾチックな作品である。なお、この図様は、彦根藩主井伊家に伝わったインド伝来の「彦根更紗」を典拠としていることが出光美術館所蔵の「模様集 巻三」のスケッチよりわかる。

彩磁更紗花鳥文花瓶 板谷波山 大正8年(1919) 高39.0㎝ 胴径43.7㎝ ポーズの異なる2羽の尾長鳥が、蝶をくわえて花のついた枝にとまる様を、器面一杯に表す。模様は薄肉彫りで立体的につくり、そこに透明な釉薬をかけて仕上げている。上品な艶消しの葆光釉とは対照的に鮮やかな色彩が強調されたエキゾチックな作品である。なお、この図様は、彦根藩主井伊家に伝わったインド伝来の「彦根更紗」を典拠としていることが出光美術館所蔵の「模様集 巻三」のスケッチよりわかる。

Maebyeong with decoration of cranes and clouds

Maebyeong with decoration of cranes and clouds

重文 葆光彩磁珍果文花瓶   板谷波山  大正6年(1917) 高51.0㎝ 胴径39.8㎝    板谷波山(1872~1963)は、近代日本を代表する陶芸家として知られる。明治27年(1894)年東京美術学校卒業後、石川県工業学校赴任時に陶磁の研究を始める。昭和9年(1934)に帝室技芸員に選ばれ、昭和28年には陶芸家として初の文化勲章も受賞。本作品は大正6年(1917)の第57回日本美術協会展で一等賞金牌を受賞した波山の代表作。胴部三方の窓に、桃・枇杷・葡萄を盛った籠、その間に相対する鳳凰・羊・魚を薄肉彫りで立体的に表現し、全面には波山独自の艶消しの「葆光釉」をムラなくかける。東洋的な図柄が葆光釉の淡い色彩で幻想的に浮かび上がり、気品高い作品に仕上がっている。

重文 葆光彩磁珍果文花瓶 板谷波山 大正6年(1917) 高51.0㎝ 胴径39.8㎝ 板谷波山(1872~1963)は、近代日本を代表する陶芸家として知られる。明治27年(1894)年東京美術学校卒業後、石川県工業学校赴任時に陶磁の研究を始める。昭和9年(1934)に帝室技芸員に選ばれ、昭和28年には陶芸家として初の文化勲章も受賞。本作品は大正6年(1917)の第57回日本美術協会展で一等賞金牌を受賞した波山の代表作。胴部三方の窓に、桃・枇杷・葡萄を盛った籠、その間に相対する鳳凰・羊・魚を薄肉彫りで立体的に表現し、全面には波山独自の艶消しの「葆光釉」をムラなくかける。東洋的な図柄が葆光釉の淡い色彩で幻想的に浮かび上がり、気品高い作品に仕上がっている。

Japanese Gosu Blue Satsuma Jar

Japanese Gosu Blue Satsuma Jar

板谷波山(Itaya Hazan) photo

板谷波山(Itaya Hazan) photo

ITAYA Hazan (Japanese: 1872~1962) - itaya hazan : まっどぽったーのお茶の時間

ITAYA Hazan (Japanese: 1872~1962) - itaya hazan : まっどぽったーのお茶の時間

Makuzu Kozan I Pink Fuji Vase

Makuzu Kozan I Pink Fuji Vase

板谷波山(Hazan Itaya)‘氷華磁瑞華彫文花瓶’(1926年)

板谷波山(Hazan Itaya)‘氷華磁瑞華彫文花瓶’(1926年)

Blue & white porcelain lotus vase, Japanese, 19th c.

Blue & white porcelain lotus vase, Japanese, 19th c.

没後100年 宮川香山 展示構成 サントリー美術館

没後100年 宮川香山 展示構成 サントリー美術館

Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ
Search