Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

関連トピックを見てみる

「雪中キャベツ(甘藍)」 長野県北安曇郡小谷村伊折地区の特産品です。 2mほど積もった雪の下に、根を付けたままのキャベツが眠っています。 手動の除雪機やスコップを使い雪を掘り、ひとつひとつ手作業で収穫します。  雪の中は、0℃ほどに保たれていますので、凍りつくことはありません。 自身のでんぷん質を糖質に変えながら、雪の中で生き続けるので、とても甘みの強いキャベツです。  そのおいしさは生で味わっていただくのが一番ですが、蒸し料理や天ぷらもオススメです。「ゆきわりキャベツ」「雪下キャベツ」のブランドとしても販売されています。

「雪中キャベツ(甘藍)」 長野県北安曇郡小谷村伊折地区の特産品です。 2mほど積もった雪の下に、根を付けたままのキャベツが眠っています。 手動の除雪機やスコップを使い雪を掘り、ひとつひとつ手作業で収穫します。 雪の中は、0℃ほどに保たれていますので、凍りつくことはありません。 自身のでんぷん質を糖質に変えながら、雪の中で生き続けるので、とても甘みの強いキャベツです。 そのおいしさは生で味わっていただくのが一番ですが、蒸し料理や天ぷらもオススメです。「ゆきわりキャベツ」「雪下キャベツ」のブランドとしても販売されています。

「ハート型レモン」レモンの生産日本一の広島県、JA三原柑橘事業本部のみで生産されている特別栽培レモンです。  レモンの実が、まだ小さくて柔らかい時期に'ハート形の型'を装着して育てることで出来ました。  形だけがハート型で、皮の厚さや味は変わりません。 ティ―カップに浮かべたり、お菓子作りや料理のデコレーションにも使えそうです。

「ハート型レモン」レモンの生産日本一の広島県、JA三原柑橘事業本部のみで生産されている特別栽培レモンです。 レモンの実が、まだ小さくて柔らかい時期に'ハート形の型'を装着して育てることで出来ました。 形だけがハート型で、皮の厚さや味は変わりません。 ティ―カップに浮かべたり、お菓子作りや料理のデコレーションにも使えそうです。

「グリーンレモン」 青いうちに収穫したレモンを「グリーンレモン」と呼びます。 減農薬で防腐剤・ワックス不使用なので、皮まで安全に食べられます。

「グリーンレモン」 青いうちに収穫したレモンを「グリーンレモン」と呼びます。 減農薬で防腐剤・ワックス不使用なので、皮まで安全に食べられます。

「紫キャベツ」 レッドキャベツとも呼ばれています。  鮮やかな紫色はアントシアニン。 天然着色料の原料にもなります。  一般のキャベツより肉厚で硬めです。

「紫キャベツ」 レッドキャベツとも呼ばれています。 鮮やかな紫色はアントシアニン。 天然着色料の原料にもなります。 一般のキャベツより肉厚で硬めです。

「ライム(タヒチライム)」 強い酸味と独特の香りがあり、主にジュースやカクテルに利用されています。  レモンより小さめの「タヒチライム」と、それをさらに小さくした「メキシカンライム」の2種類があります。

「ライム(タヒチライム)」 強い酸味と独特の香りがあり、主にジュースやカクテルに利用されています。 レモンより小さめの「タヒチライム」と、それをさらに小さくした「メキシカンライム」の2種類があります。

「下栗芋【信州の伝統野菜】」 「天空の里」と呼ばれる山間の急傾斜地、下栗地区で江戸時代から作られている欧州系品種です。 大きさは小さく、7cm以上のものは稀です。肉質は非常に良く締まっていて食味が良く、加熱しても煮崩れしません。 エゴマ味噌をぬった田楽芋や煮物などとして食されています。

「下栗芋【信州の伝統野菜】」 「天空の里」と呼ばれる山間の急傾斜地、下栗地区で江戸時代から作られている欧州系品種です。 大きさは小さく、7cm以上のものは稀です。肉質は非常に良く締まっていて食味が良く、加熱しても煮崩れしません。 エゴマ味噌をぬった田楽芋や煮物などとして食されています。

「祝・いわい(青りんご)」 早生種の青リンゴで、長野県ではその年の最初に収穫される品種のりんごです。  夏に出回るので、お盆のお供えにも使用されます。  直径7〜10センチほどで、白い果肉をしています。 ほのかな甘さと酸味の強い、昔ながらの味わいです。

「祝・いわい(青りんご)」 早生種の青リンゴで、長野県ではその年の最初に収穫される品種のりんごです。 夏に出回るので、お盆のお供えにも使用されます。 直径7〜10センチほどで、白い果肉をしています。 ほのかな甘さと酸味の強い、昔ながらの味わいです。

「白菜」 通年生産されていますが、秋冬の11月~2月が旬の時期になります。 キャベツと同じアブラナ科の淡色野菜です。  葉が隙間なくつまり、ちぢれて、重みのあるものが新鮮です。 漬け物や鍋料理には欠かせない野菜です。

「白菜」 通年生産されていますが、秋冬の11月~2月が旬の時期になります。 キャベツと同じアブラナ科の淡色野菜です。 葉が隙間なくつまり、ちぢれて、重みのあるものが新鮮です。 漬け物や鍋料理には欠かせない野菜です。

「ハウスみかん」 「ハウスミカン」とは、温室栽培されるみかんの総称です。  栽培に手間がかかるので、露地物に比べ価格は高くなります。  玉は小さめですが、甘みが強く美味しいみかんです。

「ハウスみかん」 「ハウスミカン」とは、温室栽培されるみかんの総称です。 栽培に手間がかかるので、露地物に比べ価格は高くなります。 玉は小さめですが、甘みが強く美味しいみかんです。

「コールラビ(緑・紫)」 地中海沿岸地方が原産地のアブラナ科の野菜で、キャベツの一種です。 コールラビの語源はドイツ語で、コールは「キャベツ」、ラビは「カブ」を意味します。  風味はキャベツに似ていて、果肉は白色。カブよりもシャキッとした歯触りです。  生のままスライスしてサラダや浅漬けに。また、ポトフなどの煮物や炒め物など、クセがないのでいろんなお料理で食されます。

「コールラビ(緑・紫)」 地中海沿岸地方が原産地のアブラナ科の野菜で、キャベツの一種です。 コールラビの語源はドイツ語で、コールは「キャベツ」、ラビは「カブ」を意味します。 風味はキャベツに似ていて、果肉は白色。カブよりもシャキッとした歯触りです。 生のままスライスしてサラダや浅漬けに。また、ポトフなどの煮物や炒め物など、クセがないのでいろんなお料理で食されます。

Pinterest
検索