Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

「雪中キャベツ(甘藍)」 長野県北安曇郡小谷村伊折地区の特産品です。 2mほど積もった雪の下に、根を付けたままのキャベツが眠っています。 手動の除雪機やスコップを使い雪を掘り、ひとつひとつ手作業で収穫します。 雪の中は、0℃ほどに保たれていますので、凍りつくことはありません。 自身のでんぷん質を糖質に変えながら、雪の中で生き続けるので、とても甘みの強いキャベツです。 そのおいしさは生で味わっていただくのが一番ですが、蒸し料理や天ぷらもオススメです。「ゆきわりキャベツ」「雪下キャベツ」のブランドとしても販売されています。

「淡竹(ハチク)」 タケノコといえば一般的に「孟宗竹」を思い浮かべますが、長野県の東北信地区ではこの細長い形をした「淡竹(ハチク)」をよく食しています。 「孟宗竹」のように土中から掘り出すことはなく、根元を鎌などで狩って収穫します。 ハチクは皮を剥いたものを水で茹でるだけです。 他のタケノコに比べ節もやわらかく、食べられる部分が多いハチク。 アクは「孟宗竹」のように強くありません。ただ少し伸びすぎている物や、青々としている物は、用心して米ぬかを加えて茹でた方がいいでしょう

「トレビス」 原産地はヨーロッパで、外見は紫キャベツとよく似ていますが、英語でRed-leaved chicoryと言い、チコリ(アンディーブ)の一種でキャベツとは全く別の品種です。 サラダの彩りに良い淡色野菜です。 加熱すると苦みが出て色も抜けるので、生食がオススメです。

「コールラビ(緑・紫)」 地中海沿岸地方が原産地のアブラナ科の野菜で、キャベツの一種です。 コールラビの語源はドイツ語で、コールは「キャベツ」、ラビは「カブ」を意味します。 風味はキャベツに似ていて、果肉は白色。カブよりもシャキッとした歯触りです。 生のままスライスしてサラダや浅漬けに。また、ポトフなどの煮物や炒め物など、クセがないのでいろんなお料理で食されます。

「セミノール」 ダンカングレープフルーツ×ダンシータンジェリンを掛け合わせてアメリカで誕生した品種です。 「サンクイーン」や「紅小夏」と呼ばれることもあります。 濃いオレンジ色で表面はつるつるしていて、大きめのみかんのような外観です。 ジョウノウが薄く果汁は多く、カットすると溢れ出るほどジューシです。 甘味・酸味とも濃厚な味わいです。 ゼリーやお菓子の食材にもおすすめです。

「ニラ」 漢方薬としても知られ滋養強壮効果が高い野菜です。 中華料理には欠かせない食材です。

「紫キャベツ」 レッドキャベツとも呼ばれています。 鮮やかな紫色はアントシアニン。 天然着色料の原料にもなります。 一般のキャベツより肉厚で硬めです。

「白菜」 通年生産されていますが、秋冬の11月~2月が旬の時期になります。 キャベツと同じアブラナ科の淡色野菜です。 葉が隙間なくつまり、ちぢれて、重みのあるものが新鮮です。 漬け物や鍋料理には欠かせない野菜です。

「春菊」 鍋料理には欠かせない栄養価の高い緑黄色野菜のひとつです。 カルシウムやミネラルが多く含まれ、独特の強い香りの成分には、食欲増進や咳を鎮める働きがあると言われています。 加熱して調理するイメージですがアクは少なく、冬から春にかけての旬の時期のものは、葉先を生で召し上がるのもオススメです。

「紅法師(水菜)」 葉柄が鮮やかな赤紫色の早生系の水菜・紅法師(べにほうし)です。 この赤紫色にはポリフェノールの一種であるアントシアニンを多く含んでいるので、機能性水菜とも言われています。 一般的な水菜より小さく、丈は20センチほどで茎は少し太いです。 シャキシャキ感もありながら、やわらかな食感でクセもありません。 サラダなどの生食がオススメです。