Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

ゲスト◇根本隆一郎(Ryuichiro Nemoto)1961年、埼玉県所沢生まれ。中央大学法学部中退。テレビ・イベント制作会社テレビランドで主に寄席、演芸関連の企画・番組制作に携わる。2003年、「NPO法人古き良き文化を継承する会」を設立、代表理事に就任。映画やジャズ、ミュージカル、落語など10万点以上に上る資料を基に展覧会やイベント、テレビ番組、出版企画など手掛けている。

ゲスト◇根本隆一郎(Ryuichiro Nemoto)1961年、埼玉県所沢生まれ。中央大学法学部中退。テレビ・イベント制作会社テレビランドで主に寄席、演芸関連の企画・番組制作に携わる。2003年、「NPO法人古き良き文化を継承する会」を設立、代表理事に就任。映画やジャズ、ミュージカル、落語など10万点以上に上る資料を基に展覧会やイベント、テレビ番組、出版企画など手掛けている。

ゲスト◇土田英一 (Eichi tsuchida) 1935年東京生まれで、現在も東京在住。明治学院卒業後、淀川長治氏が編集長だった外国映画専門誌「映画の友」編集部へ入社。1967年編集長に。1968年の「映画の友」解散後、学習研究所社に勤務。音楽雑誌、各種娯楽雑誌・書籍の編集に携わる。その後、劇場用映画「二郎物語」、「パンダ物語」、「大霊界」などの製作に関係し、1998年頃からNHKなどとの共同製作による「クライシス 2050」のハリウッドでの製作に加わる。学習研究社退社後、現在に至る。

ゲスト◇土田英一 (Eichi tsuchida) 1935年東京生まれで、現在も東京在住。明治学院卒業後、淀川長治氏が編集長だった外国映画専門誌「映画の友」編集部へ入社。1967年編集長に。1968年の「映画の友」解散後、学習研究所社に勤務。音楽雑誌、各種娯楽雑誌・書籍の編集に携わる。その後、劇場用映画「二郎物語」、「パンダ物語」、「大霊界」などの製作に関係し、1998年頃からNHKなどとの共同製作による「クライシス 2050」のハリウッドでの製作に加わる。学習研究社退社後、現在に至る。

ゲスト◇SKIPシティー国際Dシネマ映画祭 ディレクター 瀧沢裕二(Yuji Takizawa)

ゲスト◇SKIPシティー国際Dシネマ映画祭 ディレクター 瀧沢裕二(Yuji Takizawa)

ゲスト◇佐藤剛 (Tsuyoshi Sato)1955年東京・北区十条生まれ。大学生の時、『スターウォーズ』のイベントでダースベーダーの衣装を着用し劇場等にて闊歩するアルバイトを行う。それを機に映画のプロモーションに興味を持ち、卒業後に映画宣伝代理店アローエージェンシーに就職。主に東宝東和、ワーナー・ブラザース映画の作品を中心にパブリシティー・イベント企画を立案実施。その後、1990年に独立し、株式会社スキップを設立。主に劇場公開映画の宣伝業務を行う。他にタイアップ関係では1996年よりJR東日本のビューカードと試写会及び劇場招待券プレゼント企画の実施運営を行う。(2010年で終了)また、1999年公開の韓国映画『8月のクリスマス』の宣伝を行った際に韓国映画の虜になり、『イルマ ーレ』『エンジェル・スノー』『ラスト・プレゼント』『恋する神父』等多くの韓国映画の宣伝を積極的に行う。また、韓国映画祭のシネマコリアを2004年から2006年まで宣伝協力を行った。

ゲスト◇佐藤剛 (Tsuyoshi Sato)1955年東京・北区十条生まれ。大学生の時、『スターウォーズ』のイベントでダースベーダーの衣装を着用し劇場等にて闊歩するアルバイトを行う。それを機に映画のプロモーションに興味を持ち、卒業後に映画宣伝代理店アローエージェンシーに就職。主に東宝東和、ワーナー・ブラザース映画の作品を中心にパブリシティー・イベント企画を立案実施。その後、1990年に独立し、株式会社スキップを設立。主に劇場公開映画の宣伝業務を行う。他にタイアップ関係では1996年よりJR東日本のビューカードと試写会及び劇場招待券プレゼント企画の実施運営を行う。(2010年で終了)また、1999年公開の韓国映画『8月のクリスマス』の宣伝を行った際に韓国映画の虜になり、『イルマ ーレ』『エンジェル・スノー』『ラスト・プレゼント』『恋する神父』等多くの韓国映画の宣伝を積極的に行う。また、韓国映画祭のシネマコリアを2004年から2006年まで宣伝協力を行った。

ゲスト◇林田直樹(Naoki Hayashida) 1963年生まれ。音楽之友社「音楽の友」「レコード芸術」編集部に在籍したのち、フリーの音楽ジャーナリストに。著書に『クラシック新定番100人100曲』(アスキー新書)、『バレエおもしろ雑学事典』(ヤマハミュージックメディア)、 『読んでから聴く厳選クラシック名盤』(全音楽譜出版社)、『パーフェクト・オペラ・ガイド』(共著・音楽之友社)。CDライナーノートやオペラ、バレエ、コンサートのプログラムにもたびたび寄稿。JAL国際線機内エンターテイメントのクラシック番組の構成・選曲、月刊「サライ」の「今月の3枚」連載などを担当。

ゲスト◇林田直樹(Naoki Hayashida) 1963年生まれ。音楽之友社「音楽の友」「レコード芸術」編集部に在籍したのち、フリーの音楽ジャーナリストに。著書に『クラシック新定番100人100曲』(アスキー新書)、『バレエおもしろ雑学事典』(ヤマハミュージックメディア)、 『読んでから聴く厳選クラシック名盤』(全音楽譜出版社)、『パーフェクト・オペラ・ガイド』(共著・音楽之友社)。CDライナーノートやオペラ、バレエ、コンサートのプログラムにもたびたび寄稿。JAL国際線機内エンターテイメントのクラシック番組の構成・選曲、月刊「サライ」の「今月の3枚」連載などを担当。

ゲスト◇沢村敏(Satoshi Sawamura)72年、東京生まれ。学生時代は自主映画の創作と上映活動を行う。95年、東京テアトル株式会社に入社。後にテアトル新宿に配属。 主な担当作品として『ナビィの恋』『人狼』『贅沢な骨』『リトルモアムービーズ』などを担当。また、劇場の上映企画として4年に渡りインディーズ映画祭 PJ映像祭を開催。02年、日本映画を元気にするプロジェクト“ガリンペイロ”立上げと共にテアトル池袋の支配人に着任。 04年、番組編成部に配属後は、アニメ作品も日本映画として捉えるスタンスで作品を担当。オールナイト企画も多数実施。 また、05年には、中国と日本で開催する映画祭や『幸福のスイッチ』等の製作業務を行う。

ゲスト◇沢村敏(Satoshi Sawamura)72年、東京生まれ。学生時代は自主映画の創作と上映活動を行う。95年、東京テアトル株式会社に入社。後にテアトル新宿に配属。 主な担当作品として『ナビィの恋』『人狼』『贅沢な骨』『リトルモアムービーズ』などを担当。また、劇場の上映企画として4年に渡りインディーズ映画祭 PJ映像祭を開催。02年、日本映画を元気にするプロジェクト“ガリンペイロ”立上げと共にテアトル池袋の支配人に着任。 04年、番組編成部に配属後は、アニメ作品も日本映画として捉えるスタンスで作品を担当。オールナイト企画も多数実施。 また、05年には、中国と日本で開催する映画祭や『幸福のスイッチ』等の製作業務を行う。

ゲスト◇中野ダンキチ(dankichi Nakano)水野晴郎の監督作品「シベリア超特急(シベ超)」と出会い、水野に心酔。勤務していた大手企業を退職後、水野晴郎事務所に入社し、「シベ超」の全国上映会を取り仕切ったり、WEBサイトを通して水野のスポークスマン役を務めるなど活躍。また俳優として、「謎の中国人役」でシベ超の舞台に出演した。 水野の死後、事務所を引き継ぐ一方、自らの映画評論家としての活動も活発化。 「シベ超」のように、世間からは駄作の烙印を押されているが、看過しがたい魅力を持つ映画を「Z級映画」と定義し、ユニークな視点でその啓蒙活動を行っている。 「Z級映画ライター」として文筆活動を行うほか、ポッドキャストやテレビ番組「U・LA・LA@7」(TOKYO MX)などで、その軽妙な語りを披露している。 2013年からは「グルメ発掘家」を標榜。富山県のほたるいかなど、地方グルメのプロデュースも手がけており、堀口文宏(あさりど)と三重県のグルメトークイベントを立ち上げ、定期的に開催している。

ゲスト◇中野ダンキチ(dankichi Nakano)水野晴郎の監督作品「シベリア超特急(シベ超)」と出会い、水野に心酔。勤務していた大手企業を退職後、水野晴郎事務所に入社し、「シベ超」の全国上映会を取り仕切ったり、WEBサイトを通して水野のスポークスマン役を務めるなど活躍。また俳優として、「謎の中国人役」でシベ超の舞台に出演した。 水野の死後、事務所を引き継ぐ一方、自らの映画評論家としての活動も活発化。 「シベ超」のように、世間からは駄作の烙印を押されているが、看過しがたい魅力を持つ映画を「Z級映画」と定義し、ユニークな視点でその啓蒙活動を行っている。 「Z級映画ライター」として文筆活動を行うほか、ポッドキャストやテレビ番組「U・LA・LA@7」(TOKYO MX)などで、その軽妙な語りを披露している。 2013年からは「グルメ発掘家」を標榜。富山県のほたるいかなど、地方グルメのプロデュースも手がけており、堀口文宏(あさりど)と三重県のグルメトークイベントを立ち上げ、定期的に開催している。

ゲスト◇大久保CUE(Cue Okubo)1950年生。東京都出身。大学在学中よりTV局でアルバイト経て、キー局関連の制作会社でディレクター、プロデューサーを務める。レアな趣味多し。

ゲスト◇大久保CUE(Cue Okubo)1950年生。東京都出身。大学在学中よりTV局でアルバイト経て、キー局関連の制作会社でディレクター、プロデューサーを務める。レアな趣味多し。

ゲスト◇ともちかごう(Go Tomochika)トイスパイス代表、工作おもちゃ作家、おもちゃコンサルタント。広島県広島市生まれ。九州芸術工科大学(現:九州大学芸術工学部)卒。 大学卒業後、子どもをターゲットとしたデジタルコンテンツ(CD-ROM・ WEB サイト・携帯サイト)のデザイン・企画を手がけ、幼児向けTV 番組の 携帯サイトの運営をするうちにアナログな「おもちゃ」の世界に魅了され、 独自の道を進むべく独立。作家活動を開始。独立後、子ども向け番組のポータルサイトの演出や東京おもちゃ美術館の 一部展示企画を手がけるなど、デジタル・アナログを問わず、子ども・親子をターゲットとしたモノ作りをする中、2008 年、簡単でシンプルな工作 おもちゃ「POSTCARD TOY series(ポストカードトイシリーズ)」を発表。 toy-spice! 公式サイト http://www.toy-spice.jp/

ゲスト◇ともちかごう(Go Tomochika)トイスパイス代表、工作おもちゃ作家、おもちゃコンサルタント。広島県広島市生まれ。九州芸術工科大学(現:九州大学芸術工学部)卒。 大学卒業後、子どもをターゲットとしたデジタルコンテンツ(CD-ROM・ WEB サイト・携帯サイト)のデザイン・企画を手がけ、幼児向けTV 番組の 携帯サイトの運営をするうちにアナログな「おもちゃ」の世界に魅了され、 独自の道を進むべく独立。作家活動を開始。独立後、子ども向け番組のポータルサイトの演出や東京おもちゃ美術館の 一部展示企画を手がけるなど、デジタル・アナログを問わず、子ども・親子をターゲットとしたモノ作りをする中、2008 年、簡単でシンプルな工作 おもちゃ「POSTCARD TOY series(ポストカードトイシリーズ)」を発表。 toy-spice! 公式サイト http://www.toy-spice.jp/

ゲスト◇島敏光(toshimitsu Shima)1949年、神奈川県鎌倉市にジャズ・シンガーの故笈田敏夫の長男として生まれる。 成城大学在学中に、フォーク・コンサートの司会をしていたところ、 ホリプロにスカウトされ、D.J.としてデビュー。 以後、TBSの「ヤング720」のリポーター、 ニッポン放送の「サタデーニッポン」のDJ等で活躍。 父はジャズシンガーの故 笈田敏夫。 伯父は映画監督の故 黒澤明、従兄に黒澤久雄がいる。 現在はテレビ、ラジオ、新聞などで映画を紹介する一方、コンサート、 結婚式の司会など、幅広い分野で活動を続けている。

ゲスト◇島敏光(toshimitsu Shima)1949年、神奈川県鎌倉市にジャズ・シンガーの故笈田敏夫の長男として生まれる。 成城大学在学中に、フォーク・コンサートの司会をしていたところ、 ホリプロにスカウトされ、D.J.としてデビュー。 以後、TBSの「ヤング720」のリポーター、 ニッポン放送の「サタデーニッポン」のDJ等で活躍。 父はジャズシンガーの故 笈田敏夫。 伯父は映画監督の故 黒澤明、従兄に黒澤久雄がいる。 現在はテレビ、ラジオ、新聞などで映画を紹介する一方、コンサート、 結婚式の司会など、幅広い分野で活動を続けている。

Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ
検索