Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

ゲスト◇根本隆一郎(Ryuichiro Nemoto)1961年、埼玉県所沢生まれ。中央大学法学部中退。テレビ・イベント制作会社テレビランドで主に寄席、演芸関連の企画・番組制作に携わる。2003年、「NPO法人古き良き文化を継承する会」を設立、代表理事に就任。映画やジャズ、ミュージカル、落語など10万点以上に上る資料を基に展覧会やイベント、テレビ番組、出版企画など手掛けている。

ゲスト◇土田英一 (Eichi tsuchida) 1935年東京生まれで、現在も東京在住。明治学院卒業後、淀川長治氏が編集長だった外国映画専門誌「映画の友」編集部へ入社。1967年編集長に。1968年の「映画の友」解散後、学習研究所社に勤務。音楽雑誌、各種娯楽雑誌・書籍の編集に携わる。その後、劇場用映画「二郎物語」、「パンダ物語」、「大霊界」などの製作に関係し、1998年頃からNHKなどとの共同製作による「クライシス 2050」のハリウッドでの製作に加わる。学習研究社退社後、現在に至る。

ゲスト◇SKIPシティー国際Dシネマ映画祭 ディレクター 瀧沢裕二(Yuji Takizawa)

国弘よう子の「映画ナイト」 (2016/8/5 更新) 東京テアトル 番組編成 沢村敏さん◇今夜の映画ナイトは東京テアトル 番組編成の沢村敏さんをお迎します。「るろうに剣心」シリーズの大友啓史監督が、生田斗真を主演に清水玲子の同名ミステリーコミックを映画化した「秘密 THE TOP SECRET」や、2004年のアメリカで実に起こったスクープ報道の裏側を描いた実録ドラマ「ニュースの真相」など、今後公開される作品情報をお届け!そして、今週の「ヴィンテージ・シネマ」のコーナーでは、1994年製作のフランス・アメリカ合作映画「レオン」をご紹介します!

ゲスト◇齋藤安弘 (yasuhiro Saito) 神奈川県横浜市出身。神奈川県立横浜平沼高等学校、中央大学法学部法律学科卒業。 1964年にニッポン放送入社。アナウンサーの同期には宮田統樹がいる。1967年にスタートした看板番組「オールナイトニッポン」の初代パーソナリティとして一躍有名になった。同期入社でもある前社長の亀渕昭信と組んだカメ&アンコーとして人気を集めて、「水虫の唄」を大ヒットさせるなどラジオ業界に深夜放送ブームを作った。 「オールナイトニッポン」降板後は「朝はおまかせアンコーです!」などワイド番組を担当したが、1986年にニッポン放送管理部へ異動、アナウンサー職を離れた。1992年からはフジサンケイグループ傘下の株式会社彫刻の森の管理部長兼常務取締役を務め、2003年に退任。 同年、再びニッポン放送アナウンサーに復帰。斉藤のように長年アナウンス職を離れていた人物のアナウンサー復帰は極めて異例だが、当時同局の代表取締役社長を務めていた亀渕の要請によるものとされる。2009年3月31日をもって、ニッポン放送のアナウンサールームを定年退職した。

ゲスト◇佐藤剛 (Tsuyoshi Sato)1955年東京・北区十条生まれ。大学生の時、『スターウォーズ』のイベントでダースベーダーの衣装を着用し劇場等にて闊歩するアルバイトを行う。それを機に映画のプロモーションに興味を持ち、卒業後に映画宣伝代理店アローエージェンシーに就職。主に東宝東和、ワーナー・ブラザース映画の作品を中心にパブリシティー・イベント企画を立案実施。その後、1990年に独立し、株式会社スキップを設立。主に劇場公開映画の宣伝業務を行う。他にタイアップ関係では1996年よりJR東日本のビューカードと試写会及び劇場招待券プレゼント企画の実施運営を行う。(2010年で終了)また、1999年公開の韓国映画『8月のクリスマス』の宣伝を行った際に韓国映画の虜になり、『イルマ ーレ』『エンジェル・スノー』『ラスト・プレゼント』『恋する神父』等多くの韓国映画の宣伝を積極的に行う。また、韓国映画祭のシネマコリアを2004年から2006年まで宣伝協力を行った。

ゲスト◇林田直樹(Naoki Hayashida) 1963年生まれ。音楽之友社「音楽の友」「レコード芸術」編集部に在籍したのち、フリーの音楽ジャーナリストに。著書に『クラシック新定番100人100曲』(アスキー新書)、『バレエおもしろ雑学事典』(ヤマハミュージックメディア)、 『読んでから聴く厳選クラシック名盤』(全音楽譜出版社)、『パーフェクト・オペラ・ガイド』(共著・音楽之友社)。CDライナーノートやオペラ、バレエ、コンサートのプログラムにもたびたび寄稿。JAL国際線機内エンターテイメントのクラシック番組の構成・選曲、月刊「サライ」の「今月の3枚」連載などを担当。

ゲスト◇島敏光(toshimitsu Shima)1949年、神奈川県鎌倉市にジャズ・シンガーの故笈田敏夫の長男として生まれる。 成城大学在学中に、フォーク・コンサートの司会をしていたところ、 ホリプロにスカウトされ、D.J.としてデビュー。 以後、TBSの「ヤング720」のリポーター、 ニッポン放送の「サタデーニッポン」のDJ等で活躍。 父はジャズシンガーの故 笈田敏夫。 伯父は映画監督の故 黒澤明、従兄に黒澤久雄がいる。 現在はテレビ、ラジオ、新聞などで映画を紹介する一方、コンサート、 結婚式の司会など、幅広い分野で活動を続けている。

ゲスト◇原桂之介 (Keinosuke Hara)1978年生まれ 東京都出身。1997年ニュー・シネマ・ワークショップ卒業後、助監督、演出部として数多くの作品に参加。2006年テレビ東京の深夜ドラマ「おかわり飯蔵」でドラマ初監督。本作品『小川町セレナーデ』が劇映画デビュー作品となる。

ゲスト◇望月苑巳 (Sonomi Mochiduki)1947年東京・日暮里生まれ。スポーツ新聞記者をへて、現在フリーライター。特に映画関係の原稿を中心に書いている。主な著作は、詩集「鳥肌の立つ場所」(2004年土曜美術社出版販売)、エッセイ集「団塊力―ひもパン洗濯おとーさん奮戦す」(2008年 音羽出版)、詩集「ひまわりキッチン―あるいは、ちょっとペダンチックな原色人間圖鑑」(2011年 砂子屋書房)など。