Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

関連サイト◇『第63回おはら祭 写真コンテスト』第63回を迎える今年のおはら祭は、鹿児島市制125周年・新生鹿児島市10周年を記念して11月2日、3日に開催いたします。多くの皆さまのご参加をお待ちしております。また、今年の写真コンテストから「スマホ・携帯賞」を新設しました。プロ・アマチュア、年齢、性別を問わずどなたでもご応募できますの で、皆さまのオリジナル写真をお待ちしています。

関連サイト◇『第63回おはら祭 写真コンテスト』第63回を迎える今年のおはら祭は、鹿児島市制125周年・新生鹿児島市10周年を記念して11月2日、3日に開催いたします。多くの皆さまのご参加をお待ちしております。また、今年の写真コンテストから「スマホ・携帯賞」を新設しました。プロ・アマチュア、年齢、性別を問わずどなたでもご応募できますの で、皆さまのオリジナル写真をお待ちしています。

コンテスト◇『「日本の祭り」写真コンテスト2014 作品募集』勇壮・静謐・荘厳…伝統を撮ろう。伝統と格式のある大祭から、素朴な民間信仰、地元の子ども祭りまで、日本人の心意気と美しさを彩る祭りを、どう写真でとらえるか。スマホ部門も新設し、初級者の方も上級者の方も部門を分けて募集しています。

コンテスト◇『「日本の祭り」写真コンテスト2014 作品募集』勇壮・静謐・荘厳…伝統を撮ろう。伝統と格式のある大祭から、素朴な民間信仰、地元の子ども祭りまで、日本人の心意気と美しさを彩る祭りを、どう写真でとらえるか。スマホ部門も新設し、初級者の方も上級者の方も部門を分けて募集しています。

書籍◇『Fragments 魂のかけら 東日本大震災の記憶』2011年3月11日、あらゆるものが津波に呑み込まれた陸前高田市。カメラを片手に灰色の街を歩く。母はどこにもいなかった。レンズは痛みの意味を求め、そこに生きる人々へと向かった。不条理に翻弄されながらも、人間が生きる意味とは何かを問う。岩手県出身フォトジャーナリスト佐藤慧が綴るフォトエッセー。

書籍◇『Fragments 魂のかけら 東日本大震災の記憶』2011年3月11日、あらゆるものが津波に呑み込まれた陸前高田市。カメラを片手に灰色の街を歩く。母はどこにもいなかった。レンズは痛みの意味を求め、そこに生きる人々へと向かった。不条理に翻弄されながらも、人間が生きる意味とは何かを問う。岩手県出身フォトジャーナリスト佐藤慧が綴るフォトエッセー。

カレンダー◇『カンボジアの絹絵絣ピダン 2015年カレンダー』 幼い難民を考える会の2015年度カレンダーとポストカードが9月より発売されました。カンボジアの伝統絹絵絣ピダンを現地の風景の中に設営して撮影した写真群を掲載。CYRが、織物研究センターを設立し、内戦で失 いかけたこのピダンの織り技術を、女性達に伝承し自立するための活動をしています。その活動と地域の子どもたちの保育活動の支援のために、是非このカレン ダーをお買い上げ頂きたいと願っています。撮影:熊谷正 価格:1.000円(税、送料込み)です。詳しくはこちら http://www.cyr.or.jp/news/2015.html

カレンダー◇『カンボジアの絹絵絣ピダン 2015年カレンダー』 幼い難民を考える会の2015年度カレンダーとポストカードが9月より発売されました。カンボジアの伝統絹絵絣ピダンを現地の風景の中に設営して撮影した写真群を掲載。CYRが、織物研究センターを設立し、内戦で失 いかけたこのピダンの織り技術を、女性達に伝承し自立するための活動をしています。その活動と地域の子どもたちの保育活動の支援のために、是非このカレン ダーをお買い上げ頂きたいと願っています。撮影:熊谷正 価格:1.000円(税、送料込み)です。詳しくはこちら http://www.cyr.or.jp/news/2015.html

ゲスト◇秦達夫(Tatsuo Hata)1970年長野県生まれ。自動車販売会社退職後、バイクショップに勤務。後に家業を継ぐ為に写真の勉強を始めるが写真に自分の可能性を見いだし写真家を志す。写真家竹内敏信氏のアシスタントを経て独立。故郷の湯立神楽「霜月祭」を取材した『あらびるでな』で第八回藤本四八写真賞受賞。同タイトルの写真集を2014年11月に信濃毎日新聞社より出版予定。その他の写真集『山岳島_屋久島』写真集(日本写真企画)小説家・新田次郎氏著書『孤高の人』の加藤文太郎や『アラスカ物語』のフランク安田に憧れている。日本写真家協会会員、日本写真協会会員、Foxfireフィールドスタッフ。

ゲスト◇秦達夫(Tatsuo Hata)1970年長野県生まれ。自動車販売会社退職後、バイクショップに勤務。後に家業を継ぐ為に写真の勉強を始めるが写真に自分の可能性を見いだし写真家を志す。写真家竹内敏信氏のアシスタントを経て独立。故郷の湯立神楽「霜月祭」を取材した『あらびるでな』で第八回藤本四八写真賞受賞。同タイトルの写真集を2014年11月に信濃毎日新聞社より出版予定。その他の写真集『山岳島_屋久島』写真集(日本写真企画)小説家・新田次郎氏著書『孤高の人』の加藤文太郎や『アラスカ物語』のフランク安田に憧れている。日本写真家協会会員、日本写真協会会員、Foxfireフィールドスタッフ。

イベント情報◇『Light & Nature ~Photography and the Art of Projection』 期間: 2014年12月10日(水)~22日(月) 写真家:金城真喜子 演出家:村松亮太郎(NAKED Inc.) 場所:リコーイメージングスクエア新宿

イベント情報◇『Light & Nature ~Photography and the Art of Projection』 期間: 2014年12月10日(水)~22日(月) 写真家:金城真喜子 演出家:村松亮太郎(NAKED Inc.) 場所:リコーイメージングスクエア新宿

ゲスト◇叶野千晶(Chiaki Kano)1971年千葉県生まれ、東京在住。思考を視覚として再認識する写真表現に関心を持ち、 京都造形芸術大学の通信教育部芸術学部美術科の写真コースで写真を学ぶ。 実証的なアプローチで制作された「AUSHWITZ - "portrait",camp" ~存在と不在~」(2010)など、 近年は個展、グループ展に積極的に参加。

ゲスト◇叶野千晶(Chiaki Kano)1971年千葉県生まれ、東京在住。思考を視覚として再認識する写真表現に関心を持ち、 京都造形芸術大学の通信教育部芸術学部美術科の写真コースで写真を学ぶ。 実証的なアプローチで制作された「AUSHWITZ - "portrait",camp" ~存在と不在~」(2010)など、 近年は個展、グループ展に積極的に参加。

熊谷正の『美・日本写真』(2016/02/09 更新)写真⑤ 写真/安田菜津紀

熊谷正の『美・日本写真』(2016/02/09 更新)写真⑤ 写真/安田菜津紀

ゲスト◇永嶋勝美(Katsumi Nagashima) 1953年、東京都出身。デザイナー、アートディレクターを経て1980年に写真家に転向。ファッション・静物を主とした広告写真を手がける。1982年より海外を歩きまわり作品を撮りはじめ、1989年よりパリを拠点に活動を開始。1994年より写真作家活動に専念する。2011年DGSM Printを開発・公開する。現在は写真作家、アートディレクター、テクニカルアドバイザー、DGSM開発者としても活躍中。公益社団法人日本広告写真家協会正会員、公益社団法人日本写真協会会員、一般社団法人日本写真学会会員。

ゲスト◇永嶋勝美(Katsumi Nagashima) 1953年、東京都出身。デザイナー、アートディレクターを経て1980年に写真家に転向。ファッション・静物を主とした広告写真を手がける。1982年より海外を歩きまわり作品を撮りはじめ、1989年よりパリを拠点に活動を開始。1994年より写真作家活動に専念する。2011年DGSM Printを開発・公開する。現在は写真作家、アートディレクター、テクニカルアドバイザー、DGSM開発者としても活躍中。公益社団法人日本広告写真家協会正会員、公益社団法人日本写真協会会員、一般社団法人日本写真学会会員。

熊谷正の『美・日本写真』(2015/12/08 更新)写真② 写真/山口勝廣

熊谷正の『美・日本写真』(2015/12/08 更新)写真② 写真/山口勝廣

Pinterest
検索